chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第186首 それがおまえの弱点だ

千早は理音に、一字決まりとなった「しら」を送られ、上段中央に一枚だけぽつんと置く。奇策に驚く周囲。

原田先生は痛む膝を抑えながら飛ばした札を探すが、見つからない。対戦相手の美馬が拾ってあげようとしないので、坪口が拾いに行き、美馬を睨む。美馬としては、ルール違反を犯しているわけではないし、須藤に勝って欲しくて原田の体力を削ろうとしているだけ。しかし、それに気付いた須藤が注意する。

「美馬 おまえ だれと試合してると思ってんだ もったいないぞ」

続きを読む

第185首 次に進むのは私だよ

美馬は原田先生に苦戦。その原田は膝が痛み、札を拾うのも一仕事。田丸は観客席を見渡すが兄の姿は無く、他部員達の視線も千早の方。それでも頑張ろうと集中する。

千早と理音はM音の聞き分け勝負。千早は相手の反応を見て、札を移動。「む」と「みち」を分ける。

理音の祖母、山城今日子読手はクイーンを8期務めた永世クイーン。その祖母が握ってくれたおにぎりが栄養になって、全身を温めてくれている。

続きを読む

第184首 勝ったら競技かるたを一生やる

名人・クイーン戦東日本予選準決勝。女子は千早対理音、横浜嵐会の優木秀子と田丸。男子は須藤対太一、 原田対美馬。関係者の会話から、千早は西日本予選で新が勝ち進んでいることを知り、頬を紅潮させる。

駒野は西田から、太一が須藤に持ち出した賭けの話を聞く。 

「…… そんなの賭けじゃない 気持ちよくかるたさせないための 縛りだ」 

続きを読む

第183首 笑ってない好きな人のお母さん

花野が太一の邪魔はさせまいと太一母の前方を阻む。むっとする太一母。

「あなた 私の連絡先知ってたわよね 相変わらず長くて見てられないわ この試合終わったら連絡して かるたどころじゃないのよ 連れて帰るわ」 

太一母は近辺で店を探そうとするが見当たらない。花野が案内を申し出て、二人はタクシーでカフェへ向かう。

続きを読む

第182首 だれかの物語の一部分だ

千早は咄嗟に飛び出し、足が縺れて転びながらも、太一に訴える。

「だ だめ 太一 だめ そんなのはしちゃいけない賭けだよ しちゃいけない賭けだよ」

しかし、千早を見る太一より先に、須藤が反応。

「うっせえ 綾瀬 どうせ攪乱するための作戦だろ ふざけんな 乗んねえよ」

立ち去る須藤、真っ直ぐ前を向いたままの太一、安堵する千早、驚いた表情で見ている原田先生、厳しい表情の坪口。ヒョロは対戦相手の西田に話し掛ける。

「なんなんだ? 真島 どうしたんだ? 綾瀬ともなんかずっと ギクシャクしてるよな」

と発したところで、自身が千早に以前言ったことを思い出す。

真島は綾瀬がそばにいないほうが強いと思う

続きを読む