chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第206首 勝つ自信あります

新の勝利を喜ぶ南雲陣営、太一の健闘を涙しつつ称える彼の応援者達。しかし、顔を覆って泣いていた千早は、歯を食いしばっており――

大江が、続いて新が、そして他の皆も窓の外に気付き、一斉に見る。周防が真っ直ぐ新に指をさし、立ち去って行った。戸惑う面々。千早は太一に目を移す。

続きを読む

第205首 生まれて初めて札が愛しかった

新と太一の三試合目。畳に並べた50枚に「ちは」はなかった。 

転校先に千早がおらんかったら おれたちはどうなっとったやろう?

続きを読む

第204首 冷徹な鬼になる自分を止められない

新がかるたを始めたのは4歳頃。7歳で年上の仲間に勝つ程に上達。父に野球やサッカーを勧められるが、下手なので仲間から邪魔者扱い。しかし、祖父とのかるたは違う。

めきめきと やればやるだけ うまくなる感覚 ほかのなにでも得られなかった 自信 強い子と当たっても 削られることのない 確信 ああ おれもいつか名人になる じいちゃんみたいになる

続きを読む

第203首 3人で到達できる最高点

第二試合が終わって観客が部屋から出ようとするも、千早が扉の前で寝ており、若干邪魔なっている。その後ろを擦り抜けて出て来た新は、千早と若宮に気付いた様子だが、顔を背けて立ち去る。

続きを読む

第202首 3試合目は譲らん

四枚差で敗退となった結川が泣いているが、審判の今田は驚異の勘を持っている。

「せ」を送られたときに 大きく勝負は傾いた おそらくあれは「最後まで読まれない札」 

続きを読む