読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第180首 読まれる札が浮いて見える

千早は西高の速水相手に苦戦。

きれいな渡り手を見ると 思い出しちゃうな

と新のことを頭に浮かべつつ、足の爪の割れが更に酷くなり、集中を欠いている。

続きを読む

第179首 ここにいるみんなを翻弄しにきたから

十月上旬、太一は新海太一先生と面談。先生が言った通り、平日6時間、休日13時間の勉強時間を確保出来ていると太一は返事するが、模試の結果は少し下がっている。

続きを読む

第178首 最高峰という名の荒野

若宮が青ざめているのに気付かぬ母は、次のテレビ企画をどんどん進めて行こうとする。横で愛想笑いをする若宮……

続きを読む

第177首 言うてないなんも

若宮は伊勢の自宅兼明星会練習場を訪ねる。初めて来たのは六歳の時。

続きを読む

第176首 黒い富士を詠んだ歌はあったかな

番組に出ていた太一を見て、新に村尾が声を掛けた。

続きを読む