chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

高校一年生

第49首 そのうちもっとマシなものを返すから

学校の教室で、駒野と顔を突き合わせている千早。駒野は部活や公式戦で取って来たデータを見て、千早の一字決まりが20枚くらいあることに気付いたと言う。 「もちろん読手さんによってもちがうし 綾瀬のコンディションにもよるけど たぶん…… しら しの ゆら …

第48首 師を持たない人間はだれの師にもなれん

テレビの解説が続く。 「つまり 周防名人は 基本的な一字決まり”む・す・め・ふ・さ・ほ・せ”のほかに―― 一字目で判別できる札が 21枚あると言っているんです たとえば ”かくとだに”の”か”と ”かささぎの”の”か”でも あとに続く音のちがいで 別の音に聞こえ…

第47首 強さの気配

若宮が悪い流れを断ち切り、六連取。皆は取りの鋭さに驚いている。刃物みたいだとか、居合みたいだとか、そんな物騒なものではないと千早は否定する。 刃物を向けるような気持ちで 向かっていったりしない 小学生の時に原田先生が言っていた。 百人 友達がで…

第46首 全部の縁に指がいくように

名人戦・クイーン戦のテレビ中継。細くて軽い身体だった若宮の武器である速さが鈍っている。一回戦は五枚差で若宮勝利。山本は落ち着いて若宮を見ていた。 ここに座るまで 若宮詩暢が怖かった 去年の強さの記憶が残って なのにどうよ! 今年のこの丸まりよう…

第45首 みんながここにいたらもっといいなあ

部室での練習に気合が入る千早と太一。少しの差で千早が札を取る。 太一が鋭くなってきた 楽じゃない…… 挑戦者決定戦の時、翠北会所属の人が山本の勝利を我がことのように大喜びしていたのに対し、白波会所属の千早や太一は坪口の敗戦が自分のことではなくて…

第44首 かるたをしてるおまえを知らない男とつきあうなんて

千早が通学途中に他校の男子生徒に交際を申し込まれたことを部室で報告。断るべきだと言い切る大江だが、千早は未練がある模様。 「つきあってとか言われたの 初めてだもん これを逃したら もう一生言われないかもしれないもん」 初告白と聞いて「無駄な美人…

第43首 応援じゃなくて見てないと

千早と山本の試合を観戦している太一は、信じられないといった表情。 怖え かるたって…… あんなに勢いに乗ってた千早が萎縮してる 硬くなってミスが出る 気持ちの強さがこんなに大事なんて 気持ち 気持ちの強さ―― もめることばかりが目立つ山本だが、西田は…

第42首 また挑戦者になれるんだ

山本は千早が牙を剥いたのに気付いた。空札なのに飛び出して来る。 ガンガンに狙ってきてる なに? これまで丁寧だったのに まるで 圧勝すると決めたような―― 圧勝? 大江は選手が誰一人として「歌」を聞いていないのを悲しく思っていた。でも、10人もいない…

第41首 期待に応えられないことに疲れていく

山本の側に並んだ札は「ふ」「せ」「ちは」などで、攻めがるたの千早にはついている状況。山本は落ち着いている。千早が中学二年の時に山本は初のクイーン位で、かるたの内容はよく覚えていないが、テレビで涙を流しているのを見た記憶がある。原田先生も「…

第40首 私が挑戦者になる

注目選手の立川が破れ、心無い人達が噂する。 「若宮詩暢の再来かと言われてたけど あれほどの才能じゃないねえ」 千早は昔、新に言ってもらったことを思い出していた。 梨理華ちゃんだって きっと最初はだれかに言ってもらったんだ ”才能がある” 宝物にして…

第39首 天才に潰されないために

千早の対戦相手は小6の立川梨理華。 軽い 身体全体で飛び出しても軽い 速い お手つきを怖がってない 耳もいい――…… 取られ続けている千早を見て、太一も焦る。 千早より速いのか!? まさか―― 千早…… 競技線から下がってる―― 苦戦していた千早だが、上手く取…

第38首 頭と身体両方いるんだよ

東日本予選まであと三日。定期試験が終了し、千早は早速練習を再開していた。イメージするのは、吉野会大会で見た新。 水みたい 流れてるみたい あの印象を 身体に降ろすには 駒野が千早の陣から取ったが、千早が妙に静かだ。 いつもの綾瀬なら…… 取られたら…

第37首 逃げないやつになりたい

新と坪口の対戦は、坪口の辛勝。引き上げる新の前に、太一が現れた。腕で涙を拭っている。 「……遅ぇよ 広史さんはうちのエースなんだ ブランクが一年半もあるやつに負けねーよ」 太一は目を合わせないが、新はその目に涙が浮かんでいるのに気付く。 千早は床…

第36首 一人だったらどうしようと思うんだ

新と再会した太一。同じく久しぶりの再会となったそれぞれの恩師の賑やかさに呑まれ、新との会話は彼の師の説明を聞いた程度。三回戦の試合へ向かおうとする太一を新は呼び止め、二つ折りにしたメモを渡す。 「おれ ちょっと勘違いしてたわ 今日 太一はA級で…

第35首 勝つしかないならそーするよ

書店でバイト中の新は、ここでも抜群の記憶力を駆使して、客にまで頼られている。千早の姉、綾瀬千歳のグラビア水着写真集を見つけた。思わず、千早の水着姿を想像する新…… 携帯電話を手に入れ、かるた会に向かう途中、遠出しようとしている村尾に会った。西…

第34首 またおまえとがんばってく

運命戦の基本は自軍死守だが、太一は敵陣を攻めて行った。その作戦と太一の視線に、西田は自陣「あ」の札がまだ残っているのかと半信半疑になる。空札が続いて消耗する中、太一は考える。 千早…… おまえだったらわかるのかな 「あ」になる前の音 「せ」にな…

第33首 運命なんかに任せねえ

千早が見る限り、大江と駒野の能力は同程度。なのに、枚数差がついている。駒野のお手付きが二回なのに対し、大江はゼロ。 お手つき…… 無条件で相手との差が2枚つく―― 私はずっと「2枚取れば取り返せる」と思ってたけど 金井桜さんとの試合で思った ミスをし…

第32首 盗めるものがあるなら盗んでいく

瑞沢かるた部は、キャプテン千早を除き、四人が決勝進出。千早は二組の対戦が見える位置を、ヒョロと陣取る。ヒョロは一回戦で太一と当たり、三枚差で負けていた。 「甘糟先輩たちはさっさと帰っちゃったけど おれは 勝ってったやつらから 盗めるものがある…

第31首 私にないものがある

対戦相手の金井に軽い嫌味を言われ、空札も続くわで、焦りのあまりお手付きを連発する千早。敵陣に手を伸ばし、自陣を取られてしまうミスも出る。 「つまらないわね 綾瀬さん 札とだけ戦ってるみたい」 気付けば、嫌な札ばかり送られている。配置を確認して…

第30首 クイーンになるためのかるた

千早にかるたを速く取るのを止めろと言う原田先生。クイーンのかるたは驚く程に速く、正確で、でも速い。 「速くなくてもいいんだよ 千早ちゃんの得意札は何枚ある? 5枚? 10枚? ものすごく速く取れる札があっても 残り全部取られたら かるたは負ける 速さ…

第29首 速く取るのをやめなさい

部員は東京近郊の大会に出て、個々のレベルアップを計画。A級以上には名人・クイーン戦の東日本予選もある。と話している最中、太一に彼女から電話が掛かって来て、「わかった、別れよう」と交際があっさり終了した模様。 頭がいっぱいなんだ 新…… 新は西日…

第28首 泣いていいほど懸けてない

B級決勝戦に挑んでいる太一は、この日六試合目。前の試合の暗記が抜けきれず、ミスも出る。並んでいる札全てにそれぞれの作戦を組み立てているが、反応が遅れる。 速く 速くと思うのに 腕につながらない もっと動けよ! 頭は動いてんだよ!! もっと…… 太一…

第27首 夢が本物の夢に

若宮から二枚連取したとはいえ、相手残り7枚に23枚と大差を付けられている千早。だが、観衆から見ても戦意ダダ漏れの千早に、若宮も本気を出して来た。 千早 ついてない 流れが来たと思ったのに 苦手な大山札が続くなんて でも 場の札はもう30枚を切った 千…

第26首 この一枚がいつかのクイーンに

千早は攻めがるた。若宮は守りがるた。自陣の札が多くなってしまっている千早に、現在の状況は不利。太一が見守る中、千早は動けなくなってしまう。 どうした!? なんで攻めない!? 若宮は千早に冷たい視線を送った。 ああ またや 最初はみんな威勢ようぶ…

第25首 戦意喪失なんてないよな

太一は空き時間に千早の試合を覗きに行き、若宮の速さに驚かされる。千早は「おお」と聞いて敵陣を攻めつつ、自陣に戻っても完璧に札を取れる体勢だった。しかし、若宮は「おおえ」と決まり字まで動かず聞いて敵陣から取った。 そんな…… 間に合うのか 聞いて…

第24首 次は試合で

千早は棄権。太一の声掛けで、残されたメンバー四人で円陣を組む。 「わかってるな この場にいちばんいたかったのは千早だ おれたちが簡単に負けたら 千早は絶対死ぬほど泣く 勝つしかない 瑞沢勝つぞ」 宿舎で眠りから覚める千早。布団を抜けて部屋を出ると…

第23首 棄権します

千早の体調は悪化するばかりで、もはやまともにかるたを取れない状態になっていた。ついに倒れ、太一が宣言。 「綾瀬 棄権します」 太一が千早を抱えて部屋を出ようとした時、新が声を掛けて来た。太一は新に千早を預ける。 「新 頼む 4人でも勝ってくるから…

第22首 みんなに取り残されたくない

千早の異変に、太一だけではなく他メンバーも気付く。 千早!? 近江神宮へ向かう新は、祖父のことを思い巡らしていた。新が小学生の時に祖父は病に倒れながらも、ベッドの上で新のためにかるたの配置を考えていた。麻痺はあったが、手すりがあれば歩けた。…

第21首 アクシデントが起こりませんように

かるたの聖地、近江神宮に到着した一行。まずは、必勝祈願の参拝。 「ダメですよ 真ん中歩いちゃ 正中といって参道の中央は 神様の専用通路です」 大江に続き、宮内先生も拝礼について指導。 「型とか形式とか面倒だと思うかもしれませんが 神様が心が広いと…

第20首 野守は見ずや君が袖振る

千早は駒野と、担任で部顧問の宮内先生に全国大会出場を報告しに行く。宮内はテニス部の合宿に行くからと、かるた部を引率してくれるのは鳥人間コンテストついで気分の柴田先生になった。かるたに興味が無い宮内は、かるた部に冷たい。 「神社である大会なん…