chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

高校二年生

第136首 人生全部

暦は三月。まるで地獄から這い出て来たような顔の千早が、大江と花野の肩に手を掛ける。 「相談があるの… 二人とも…」 学年最後の定期考査の結果票を涼しい顔で見る太一。「2位」に票を握り潰す駒野。担任の宮内先生が、次年度は受験生となる生徒達に訓示。 …

第135首 好きな人に好きって言ってください

部室で練習。千早は読手をしながら、太一を見る。 太一…… …… ただ かるた取ってるだけに見える 太一…… どうして一人で 高松宮杯に出たの? 新との試合 どうだったの? 近くにいるのに なんでこんなになんにも聞けなくなっちゃったんだろう… 重い空気に、大江…

第134首 気負ったらダメだと思うのに

太一は新と対戦することになった。 目が合わせられない 気負ったらダメだと思うのに 新はこっちを見てるよ 普通にしてるよ くそっ、と情けない自分に太一は苛々。新は村尾に座る位置を間違えていると指摘される。 「え あっ あ ごめん まちがい……」 太一は無…

第133首 勝たなければいけない理由がおれにはある

太一が一人で高松宮杯に参戦すると聞き、驚く千早。皆が癇癪を起すと予想していたが、千早はがっくり項垂れ、顔を覆う。 「い…… 言えないのが 太一 なんだよね…」 修学旅行の時以来、二度目の「抜け駆け」。大江がきっぱり言う。 「そうです 言えないのが 部…

第132首 じゃあもう一年おまけ

ロビーでばったり出会う千早、太一、新。大江と花野が三人を発見する。 ”聞きに来たんだ 千早 あのときの返事を” ”返事なんて私はまだ… まだダメだよ 新……” ”新 てめえ コソコソなにかしてんじゃねえよ!” というような会話を期待してドキドキする大江達だが…

第131首 私が大好きなかるたの世界

運命戦。原田先生は一枚取れば名人に、負けても五試合目がある。周防は後がない。読手が口を開く。原田の方に、周防の手が伸びて来たような感覚があった。しかし、空札。周防は実際に動いてはいなかった。次の札でも、周防は動かない。 しかし 向かってくる …

第130首 数えてあげてください札を

周防が10、原田先生は9と、周防の凄まじい追い上げで五分となった。原田は厳しい局面だからこそ、基本に忠実に。作戦も頭の中で組み立てて。出札を百万回出ろと念じて。 気づいてないのか 周防くん クイーン戦のほうの残り枚数を 気にしなくなったこと やっ…

第129首 ひとかどの人間になりなさい

長崎県大村市。周防従兄が伯母の兼子にパソコンで動画配信を見せるが、彼女の目には画面の両隅辺りがぼやけている。番組の解説担当の山城今日子専任読手が、周防が読みの録音をさせて欲しいと頼んで来た時のことを話している。かるたが好きそうな感じではな…

第128首 名人の弱点はたぶん

名人戦は四戦目。原田先生は体力を考え、三戦目は捨てていたのだった。自陣の定位置を変えて、勝負をかける。原田は「むらさめの」と「かささぎの」を周防の陣から連取。敵陣を攻め、送り札でノイズを、自陣も動かし。暗記が重要だ、と原田はいつも花野や筑…

第127首 みんな迎えにいくよ

若宮祖母はかるたの試合をテレビで観ようとするが、どこのチャンネルでも映らない。動画配信のみとは知らないのだった。 敗戦した若宮は、最後に札を数えなくてはならないのに覚束ない。勝者の仕事として、猪熊が札を引き上げて行った。 待って… 待って うち…

第126首 うちはいま最強やないんか

二試合目までの休憩時間。原田先生の控室は、応援に来た人でいっぱい。原田本人は寝て疲労回復中。周防の控室も、大学かるた会関係者で賑やか。周防は電話で、動画配信されている名人戦の見方を説明しているのだった。猪熊は控室で授乳中。そして、応援に訪…

第125首 勝ち星さえコントロール

若宮は着物の袖が邪魔そうだが、いつもの通り。猪熊もブランクを感じさせない取り。動きの速さと正確さの若宮、誰よりも速く聞き分けられる”感じ”の猪熊。クイーン戦は17-17の互角。 周防が妙な体勢で、クイーン戦を覗き込んでいる。観衆は意味が分からなか…

第124首 名人戦なのに勝つ気がない

名人位・クイーン位決定戦。観戦席を見回しても新の姿が見えない。緊張気味に電話をする千早。電話の相手を察して、目を背ける太一。新は風邪で寝込んでいた。新と話すと「好きや」の言葉を思い出し、顔が赤くなる千早。 好きだって言われた日から 指先とお…

第123首 かるたは4通りしかない

千早はスランプ。千早は白波会へ行くが太一は、と訊くも、太一は言葉を濁す。千早は太一に、周防と試合をした時の感想を問う。太一は言葉少なに答えるだけ。 「え…… どうって 取りにくいなって……」 太一は先日、周防に駅までの七分間で話を聞いていた。 かる…

第122首 試合で曲がらなかったやつを言葉で曲げないでくれ

千早は周防を前に、世界が歪むような感覚。 偶然だと思ってた 枚数差を調整して狙うってことは 取れるのに取らない札があるってことだ 相手のミスも数字のために誘うってことだ そんな選手がいるなんて そんな人が名人だなんて 須藤は千早の様子を伺う。 綾…

第121首 こんな気持ち悪いかるた取るやついねえ

千早はどの教科の先生になりたいのかをまだ決めていない。高校から大学への進学はノブのあるドアを選べる最後のチャンス、とは深作先生の弁。 「これも受け売りですが 『たいていのチャンスのドアにはノブが無い』と… 自分からは開けられない だれかが開けて…

第120首 昔の自分じゃなくなった

千早の目の前はずっと光がキラキラとしている。 千早 千早 千早 千早 千早 千早 千早 好きや 周防が若宮に、新が負けたことを電話で報せる。 「新鮮なりんごが 甘さで干し柿に負けた感じ…… 気をつけなよ クイーン戦 たぶん 詩暢ちゃんも 新鮮なりんごだよ」 …

第119首 一緒にかるたしよっさ

終戦し、新側の陣に残された「ふ」と「ちは」の札。 「名人戦挑戦者決定戦 勝者は 原田秀雄六段」 沸く観衆。千早が見上げると太一も涙を流しており、それを見て千早は太一にしがみついて更に涙。原田側は皆それぞれ抱き合って泣いている。北野先生もボロ泣…

第118首 最後の最後は

痛む膝を抑え、立ち上がる原田先生。 膝をかばいもせず 策もなく取り合っとった 夢でも見てたか 飲まれた…… こんな17歳がいるのか 新に自陣を抜かれる。 『偉大な先人の物真似をする若僧』 ……そう思えるかと思ったのに ちがうな 本物だ どこに動かしても取れ…

第117首 ぼくは名人戦で戦うなら

かるた会館から程近い公園で、どら焼きを食べている千早。 「君はここでどらやき食べててもいいA級の人?」 周防にそう訊かれ、ショックで突っ伏すが。 「いいんです クイーン戦は来年出ます」 千早は周防を質問攻めにする。和菓子を配るのは何故か、声が小…

第116首 全力出して勝ったほうが上に行く

千早が新に何かを話していたのを、太一が咎める。 「おい 白波会は全力で新を倒すってタンカ切っといて おまえ 新に勝ってほしいのかよ」 千早は不思議そうな顔。 「ちがうよ でも 全力出して勝ったほうが上に行く それが決定戦でしょ」 太一は毒気を抜かれ…

第115首 証明する義務がある

新は自陣右を原田先生に狙わせて、他の三か所を拾う作戦。札を動かし、自陣右がだんだん薄くなって行く。皆が新の上手さに唸っている。 やはり 打倒周防久志の一番手は 綿谷新 翠北会の北野先生が原田を嫌う理由は、31年前の出来事にある。牧野読手の読みで…

第114首 せき止めてみようか

名人戦挑戦者決定戦。千早が新に視線を送ると、目が合った。胸を高鳴らせる両者。千早は隣に座る太一を見る。太一は厳しい表情で前を見据えている。 いろんな気持ちがあるから 100パーセント だれかを応援するって難しい…… 私も大人になったなー、と思う千早…

第113首 いざ三本勝負

猪熊は富士崎高校で桜沢先生と練習。猪熊の”感じ”は既に最盛期のものではない。練習を終えて新幹線で帰宅途中に搾乳しないと胸は張るし、まだ乳児の子が高熱を出したとの連絡も来ている。 西の代表 逢坂さんは18歳 現クイーンは17歳 34歳の私が勝つにはどう…

第112首 みんなに助けられて戦いたいんだ

夜11時。太一が修学旅行の宿舎に到着。原田先生が東日本代表になったと聞かされ、喜ぶ千早。 「決定戦で おまえどっち 応援すんのかな」 太一は無表情のままで言う。 「え? どっち? 原田先生に決まって……」 ピンと来ない様子の千早に、太一が付け加える。 …

第111首 札が教えてくれる勝つイメージの描き方

新は村尾相手に11枚差。中座した間に何が読まれたのかは、減った四枚の札の他、空札が何枚読まれたか、決まり字がどう変化したのかは分からず、枚数差以上のハンデとなる。 観衆が諦める中、新は札を動かし、戦う姿勢を見せる。運良く自陣の一字決まり、大山…

第110首 おれなんかたいした人間じゃない

原田先生は勝利し、坪口は須藤に敗戦。東日本予選決勝は原田と須藤、クイーン戦予選の方は猪熊と山本という組み合わせに決まった。 西日本予選決勝で、新は村尾と対戦することになった。東日本予選の決勝カードの知らせが入った。太一の名前はない。ホッとす…

第109首 読まれない札は永遠に読まれない

新は周防に言われたことの意味が分からずムカムカ。闘志を燃やしていた。 きみはいつか名人になる 次じゃない きみを見ててもテンション上がらない 周防は若宮と一緒に近江神宮へ。きちんと参拝する若宮に、周防は言う。 「きみの強さを支えているのは そう…

第108首 自分になりたい

太一の対戦相手は、ヒョロが吉野会大会B級決勝で負けた豪徳寺実篤。 なにやってんだろ おれ なにやってんだろ 名人になりたいって みんな思ってんのかな おれは修学旅行休んでまでなにになりたいのかな 太一が戦っている姿を見て、太一母は苛々。 太一 名人…

第107首 きみを見ててもテンション上がらない

堀川が一生懸命話し掛けてくれているのに、ぼーっとしているだけの千早。 一晩考えても 出てくる答えはひとつだけ 知らなかったよ 太一 太一が 真剣に名人を目指してたなんて 原田先生も燃えていた。 気づかなかった まつげくんが 修学旅行を振ってまで 真剣…

第106首 思いっきりやれるのはいましか

観光中、何度も電話を掛け続ける千早。自宅の自室にいた太一が、ついに電話に出る。 「なんだよ 千早 うるせえ」 何やってんの、と騒ぐ千早に、39度の熱があるし京都は何度も行ったことがあるし、と言う太一。お大事に、で電話を切るが、横で違うところに電…

第105首 べつにだれのでもないよな

原田先生は腕組み。 千早ちゃんとまつげくん 結果を出すのはどっちだ 結果…… 世の中には結果より努力が大事って考え方もあるが 指導者にも生徒にもそれは本当は苦しいんだ 「がんばった」も「きつかった」も風のように流れていってしまう 「結果」は石なんだ…

第104首 ずっと一緒にがんばってきてくれた男の子だ

多くのギャラリーが息を詰めて見ている。 なんだ この試合は 高校生の…… しかも同会選手の試合なんか どこか緊張感のない空気になるのに これは…… 高校選手権A級決勝の あの二人(新と若宮)のような 沸き上がり 絞り出すような 本気 上段に並ぶ札を太一に突…

第103首 出し切るんだ自分のかるたを

吉野会大会A級決勝、綾瀬千早対真島太一。同級生、しかも同会同士の対決が、A級で行われるのは珍しい。福井から来た新は帰らなくてはならない時刻だが、千早の顔を見て気が変わる。 「見てく 見んとダメな気がする」 村尾も残ることになった。太一に負けたか…

第102首 ここで実力にしてこい

千早の次の対戦相手は坪口。同会同士の対戦を避け、試合後ずっと眠りこけている千早の知らぬまま、坪口は棄権。準決勝は太一と村尾の一試合だけとなった。坪口が太一に言う。 「きついか? でも ここだぞ まつげくん ここにいるたいていの人たちは まつげく…

第101首 これだからかるたはおもしろい

千早は三枚あった差が一枚に。千早が楽しそうに取っているのを見て、猪熊は乗せないよう警戒。観客席をふと見れば、猪熊の子がかるたの素振りをしている。 私の両親もかるた選手で 週末はどこよりも練習場に遊びに行った 4度もクイーン位を獲って 子供も二人…

第100首 攻めろ攻めろ

原田先生は村尾相手に十枚差をつけられ苦戦。坪口は新の速さに驚き、去年より伸びていることに危機感。千早は苦戦し始めている。 敵陣が攻め切れない 守りが堅い……! 聴き分けが正確なうえに あの配置 札の席がちゃんと決まってて その配置で練習を積んでき…

第99首 世代交代か

準々決勝。新と坪口、原田先生と村尾、太一は須藤、千早は猪熊との対戦。千早は相手が元クイーンとは知らず、西田に聞かされても「へーそっかー」とあっさりした反応。 太一は北央勢に腕を揉んで貰ったり、飲み物を飲ませてもらっている須藤を見る。 須藤さ…

第98首 先輩がいるっていいな

原田先生はまだ子供の立川梨理華にも全力。新は山本由美相手にモメることなく淡々と。太一は北央の城山相手に、少しやり難そう。須藤は理音相手に舌戦攻撃。 「ちはやぶる」で千早が払った札が、猪熊の札とぶつかった。同じスピードで取ったのだ。猪熊は桜沢…

第97首 クイーンになる夢も将来の夢も

二回戦。有力選手が揃う中、注目は猪熊遥六段。かつて四連覇した産休明けの元クイーンは、子供を連れて授乳しながらの参加。千早は二回戦も勝ったが、西田の目には千早の右手は本調子ではなく、いつもの勢いと振りの強さがないように見える。 一方、太一が一…

第96首 ようこそA級の世界へ

右手が完治した千早と太一の練習は、ますます迫力あるものになっていた。千早はクイーン戦予選のことは口にしないが、その前に行われる吉野会大会に袴で出ると言う。全国の実力者が集まって来る、A級とB級のみの大会だ。気合の入りっぷりに、部員達は恐れる…

第95首 自分の中に積もっていってほしいのは

夏休み明け、新は高校の集会で個人戦A級優勝者として紹介された際、壇上でマイクを借りてかるたへの参加を呼び掛ける。ただ、返って来たのは、皆の家族がやりたがっているという話ばかり。 「体育教師の管野や! 綿谷くん まずぼくと勝負しよっさ 15年まえ大…

第94首 自信をつけると化けそう

富士崎高校での合宿二日目。裏山登山は登山ではなくランニングだった。富士崎の部員以外が倒れ込む中、元陸上部の千早と元サッカー部の太一はそうでもない。 真島は 綾瀬がそばにいないほうが 強いと思う 千早はヒョロにそう言われたことが気にかかっていた…

第93首 私はきっとまだなんにもわかってないんだ

千早の手術は成功。夏休みの宿題の短歌にとりかかるが、かるたがしたくなる。 おれ 試合するときはいつも あの部屋に帰るんや 新の言葉を元に想像してみる。アパートで対戦する新と西田、新と若宮……そして新と自分。 新と出会ってから 私の毎日はかるたでい…

第92首 私は一生かるたが好きで

騒然とする観衆。 すごい男子が出てきた 子供のころから合わせると若宮クイーンに4戦負けなし 綿谷始永世名人の孫 ダークホースでもなんでもない本物のサラブレッドだ 一方、青ざめる新の両親。東京へ行かせる費用は、学資保険があっても心配ではあるが…… 「…

第91首 うちはクイーンやから

「神」にかかる枕詞、千速振る―― 千早は身を乗り出し、太一に止められる。 新も最初からこんなかるたを取れていたわけではない。まだ身体が小さい頃は村尾に負け続け、いつも祖父をイメージしてやっているのにちゃんと動けないと悔しがっていた。祖父に言わ…

第90首 千速振る

千早の涙は止まらない。太一のTシャツで拭いて貰う。 やった やった 太一 おめでとう 太一がA級 つまり…… 敵(ライバル)!! 太一としては、自分のことで泣いてくれているのは嬉しいが、こうしてもいられない。千早の手首を掴み、太一はA級会場へ急ぐ。そん…

第89首 A級だよう

A級決勝。新は懐かしさをもって、若宮の独特な札の配置や暗記方法を観察していた。 「新 けっきょく いちばんかるたが強いのは かるたに個人で向かい合ってきた者や はっきりさせようや うちかあんたか どっちにしても仲間はいらん」 若宮の挑発に、新は「そ…

第88首 応援なんかなくたって絶対勝つよ

個人戦D級会場の花野は、三回戦進出で喜ぶがそこまで。筑波は準決勝進出決定。B級会場では、太一とヒョロの戦い。ヒョロは必死に戦っているが、太一が鮮やかに札を払う。A級では、新と若宮が格の違いを見せつける。 他の注目選手は、と桜沢先生の頭に浮かん…

第87首 終わっちゃった私の夏

A級個人戦三回戦。千早の頭には、若宮と戦った過去の記憶。 去年詩暢ちゃんと戦ってから一日だって消えない あの速さ 強さ 詩暢ちゃんに勝つことだけを目標にしてきたの 全力を見せて 日本一の 世界一の クイーン若宮は安定の速さ。 決まり字までまったく動…