chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

019 なにわがた

第131首 私が大好きなかるたの世界

運命戦。原田先生は一枚取れば名人に、負けても五試合目がある。周防は後がない。読手が口を開く。原田の方に、周防の手が伸びて来たような感覚があった。しかし、空札。周防は実際に動いてはいなかった。次の札でも、周防は動かない。 しかし 向かってくる …

第127首 みんな迎えにいくよ

若宮祖母はかるたの試合をテレビで観ようとするが、どこのチャンネルでも映らない。動画配信のみとは知らないのだった。 敗戦した若宮は、最後に札を数えなくてはならないのに覚束ない。勝者の仕事として、猪熊が札を引き上げて行った。 待って… 待って うち…

第69首 ずっと一緒に選手で

決勝トーナメントも駒野抜きで行こうと言う西田。千早と大江は疑問に思い、駒野本人はそれで良いと言うが、西田は今度は逆に怒り出す。 「なんで…… なんで言わねえんだよ? 『自分がスタメンで出る』って なんで? 一緒にずっとがんばってきたじゃんか なん…

第67首 これ以上がっかりしとうない

瑞沢の二試合目は、東大合格者数ナンバーワンの山口美丘高校。高校生クイズ選手権の優勝メンバーが三人も並んでいる。彼等はシャッフルした札をそのまま中央に固めて並べた。自陣に定位置がないらしい。太一が皆の様子を確認すると、千早があからさまに動揺…

第53首 絶対放っとかない

筑波は北海道の「下の句かるた」では負け知らずだったので、上の句かるたでも強くなると舌なめずり。C級の駒野ではなく、B級かつイケメンの太一に教わりたがる。下の句かるた独特の習慣を持ち込む筑波に、千早は困惑。しかし、筑波の札の取り方に、若宮との…

第49首 そのうちもっとマシなものを返すから

学校の教室で、駒野と顔を突き合わせている千早。駒野は部活や公式戦で取って来たデータを見て、千早の一字決まりが20枚くらいあることに気付いたと言う。 「もちろん読手さんによってもちがうし 綾瀬のコンディションにもよるけど たぶん…… しら しの ゆら …

第30首 クイーンになるためのかるた

千早にかるたを速く取るのを止めろと言う原田先生。クイーンのかるたは驚く程に速く、正確で、でも速い。 「速くなくてもいいんだよ 千早ちゃんの得意札は何枚ある? 5枚? 10枚? ものすごく速く取れる札があっても 残り全部取られたら かるたは負ける 速さ…

第28首 泣いていいほど懸けてない

B級決勝戦に挑んでいる太一は、この日六試合目。前の試合の暗記が抜けきれず、ミスも出る。並んでいる札全てにそれぞれの作戦を組み立てているが、反応が遅れる。 速く 速くと思うのに 腕につながらない もっと動けよ! 頭は動いてんだよ!! もっと…… 太一…

第25首 戦意喪失なんてないよな

太一は空き時間に千早の試合を覗きに行き、若宮の速さに驚かされる。千早は「おお」と聞いて敵陣を攻めつつ、自陣に戻っても完璧に札を取れる体勢だった。しかし、若宮は「おおえ」と決まり字まで動かず聞いて敵陣から取った。 そんな…… 間に合うのか 聞いて…

第12首 畳の上で努力し続けられるやつがいい

西田のかるた歴は10年。太一は千早と二人だけではきつかったので、西田と大江の入部が有難い。 「おれ 千早には一回も勝てねーし おれが名人目指してるわけじゃねーから 勝てなくてもいいんだけど 千早の練習にはなんないじゃん」 五人目の部員勧誘ターゲッ…

第5首 勝つんだ3人で

三人での下校中。 新も太一もいなくなるの? 一人になるの? 千早は「三月の大会には出ない!」と逃げ出す。 出ない かるたの大会なんか もうすぐ一人になるんなら 一人になるんなら かるたなんか楽しくない 男二人は「おれのせいで」「ぼくのせいで」と、原…