chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

027 みかのはら

第150首 才能のそばは苦しいよ

太一にヒョロからメールが届いた。 瑞沢二試合目三勝二敗でギリギリ。ヤベーぞ。来いよ。 木梨 行かねーよ、と呟き、周防との練習に戻る。太一は東大かるた会に通うようになっていた。周防との練習の何が楽しいのか、他の者には分からない。ただ、太一が話し…

第117首 ぼくは名人戦で戦うなら

かるた会館から程近い公園で、どら焼きを食べている千早。 「君はここでどらやき食べててもいいA級の人?」 周防にそう訊かれ、ショックで突っ伏すが。 「いいんです クイーン戦は来年出ます」 千早は周防を質問攻めにする。和菓子を配るのは何故か、声が小…

第95首 自分の中に積もっていってほしいのは

夏休み明け、新は高校の集会で個人戦A級優勝者として紹介された際、壇上でマイクを借りてかるたへの参加を呼び掛ける。ただ、返って来たのは、皆の家族がやりたがっているという話ばかり。 「体育教師の管野や! 綿谷くん まずぼくと勝負しよっさ 15年まえ大…

第37首 逃げないやつになりたい

新と坪口の対戦は、坪口の辛勝。引き上げる新の前に、太一が現れた。腕で涙を拭っている。 「……遅ぇよ 広史さんはうちのエースなんだ ブランクが一年半もあるやつに負けねーよ」 太一は目を合わせないが、新はその目に涙が浮かんでいるのに気付く。 千早は床…

第31首 私にないものがある

対戦相手の金井に軽い嫌味を言われ、空札も続くわで、焦りのあまりお手付きを連発する千早。敵陣に手を伸ばし、自陣を取られてしまうミスも出る。 「つまらないわね 綾瀬さん 札とだけ戦ってるみたい」 気付けば、嫌な札ばかり送られている。配置を確認して…

第24首 次は試合で

千早は棄権。太一の声掛けで、残されたメンバー四人で円陣を組む。 「わかってるな この場にいちばんいたかったのは千早だ おれたちが簡単に負けたら 千早は絶対死ぬほど泣く 勝つしかない 瑞沢勝つぞ」 宿舎で眠りから覚める千早。布団を抜けて部屋を出ると…

第10首 強くなってあいつを待とう

かるたを蹴った新に、太一も激高。新を突き飛ばし、帰り支度を始める。もう昔の新じゃない。しかし、千早は「そんなことない」「信じてる」と言い募る。 「信じるとか言って 新に押しつけんな!」 その言葉にはっとする千早、そして新。 「かるた蹴る新なん…