chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

032 やまがわに

第97首 クイーンになる夢も将来の夢も

二回戦。有力選手が揃う中、注目は猪熊遥六段。かつて四連覇した産休明けの元クイーンは、子供を連れて授乳しながらの参加。千早は二回戦も勝ったが、西田の目には千早の右手は本調子ではなく、いつもの勢いと振りの強さがないように見える。 一方、太一が一…

第79首 音のはしっこをつかまえる勝負

大江に続き、千早まで怪我!? と立ち上がりかける太一だが、千早は大丈夫そう。試合は続行。太一はお手つきをしてしまった。 ……まずい だれ一人 波に乗れない 千早まで 千早の指は実は、ズキズキと痛みが続いている。ただの突き指ではない……? ダメだ かな…

第72首 得意がかすむほど苦手をなくすこと

千早がさっきは取れなかった敵陣右下段の一字決まりを抜いた。しかし、やった! と思った瞬間に逃げていく集中力。千早はまたペースを乱し始める。逢坂に期待する観衆はそれぞれ口にする。 自陣の一字決まりを取られても 悪い流れにさせない さすが 西の代表…

第60首 音になるまえの音

千早が「ひ」で取ったのは、この時点で二字決まりの札。甘糟はヤマがたまたま当たっただけと納得しようとするが、須藤は千早の聴力に内心驚いている。 イチかバチかで取ってるんじゃない 綾瀬千早は聞こえてる 「聞こえてる」んだ 自分の声のなにで判断され…

第56首 団体戦は個人戦

福井。新祖父の三回忌で墓参りする綿谷一族。祖父と父が喧嘩したせいで、新は東京に転校することになったのだった。友達も出来て良い経験だったろう、でもマメにメールをしないと忘れられる、と言う両親。新は携帯電話を見て、「かささぎみたいだねえ」と言…

第38首 頭と身体両方いるんだよ

東日本予選まであと三日。定期試験が終了し、千早は早速練習を再開していた。イメージするのは、吉野会大会で見た新。 水みたい 流れてるみたい あの印象を 身体に降ろすには 駒野が千早の陣から取ったが、千早が妙に静かだ。 いつもの綾瀬なら…… 取られたら…

第6首 続けてたらまた会える

千早の右には太一、左には新がいる。一人ではないことが心強い千早。「ちはやぶる」の札が読まれ、三人とも取った。チーム名から相手に警戒されていてもおかしくなかったが、相手は一人も守れなかった。三人はそれぞれ調子を上げて行く。 相手副将の西田は、…

第5首 勝つんだ3人で

三人での下校中。 新も太一もいなくなるの? 一人になるの? 千早は「三月の大会には出ない!」と逃げ出す。 出ない かるたの大会なんか もうすぐ一人になるんなら 一人になるんなら かるたなんか楽しくない 男二人は「おれのせいで」「ぼくのせいで」と、原…

第4首 子供は友達がいないと

一枚取れて嬉しい千早。千早に先取され、闘争心を燃やす新。 取られた まえやったときもそうや 気を抜いてたわけじゃないのに 「一字決まり」では千早に負ける!? 新の活躍により、ヒョロチームに大差で勝利。ここで新が小学校一年から五年生までの学年別で…

第1首 かるたって楽しいね

冒頭は、高校三年生の綾瀬千早がクイーン戦に挑む数カット。以降、物語は回想に移る。 6年まえ まだ情熱を知らない私 小学六年生の千早には、美少女グランプリの最終15人に選ばれるくらい美人の姉がいる。クラスメイトの真島太一が「姉妹なのに千早はまだ男…