chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

041 こいすちょう

第177首 言うてないなんも

若宮は伊勢の自宅兼明星会練習場を訪ねる。初めて来たのは六歳の時。 暑くても寒くても通った うちが走んのは 伊勢先生のとこに行くときだけやった 伊勢は不在だったが、クイーン戦で大盤係を務めた結川桃との練習を会の女性に勧められる。 クイーンのお手並…

第171首 応援できないのがこんなに辛いなんて

6枚差で新をリードしている若宮。 新とうちに差があるとすれば 流れを呼び込む力―― そのくらいしか思いつかん 流れ… みんな簡単に言うけど 一人で練習しとるうちにはようわからん 千早は新を見守ることしか出来ない。 新… かるたは野球やサッカーとちがう 応…

第145首 一度出たら二度と降りないけど

ヒョロが千早に訊く。 「真島はどーしたっ」 千早は目を逸らして答える。 「…… きょ…… 今日は来てない…」 逃げたな、と叫びつつ、ヒョロは心配そうにもう一度訊く。 「…… ほんとに あいつ 来ないのか? かるた部 辞めたのか……?」 無言で頷く千早。根性ねえ…

第140首 休部させてください

昼休み時間も図書室で勉強に勤しむ千早。 選択肢のほう よく読めてないな ミスリードさせられた でも 本文おもしろかった 小説の一部なのに 宮内先生、深作先生、幸田先生、大江が、心配そうにこっそり見守っている。 学びなさい なんでもいい 学びなさい 深…

第131首 私が大好きなかるたの世界

運命戦。原田先生は一枚取れば名人に、負けても五試合目がある。周防は後がない。読手が口を開く。原田の方に、周防の手が伸びて来たような感覚があった。しかし、空札。周防は実際に動いてはいなかった。次の札でも、周防は動かない。 しかし 向かってくる …

第108首 自分になりたい

太一の対戦相手は、ヒョロが吉野会大会B級決勝で負けた豪徳寺実篤。 なにやってんだろ おれ なにやってんだろ 名人になりたいって みんな思ってんのかな おれは修学旅行休んでまでなにになりたいのかな 太一が戦っている姿を見て、太一母は苛々。 太一 名人…

第89首 A級だよう

A級決勝。新は懐かしさをもって、若宮の独特な札の配置や暗記方法を観察していた。 「新 けっきょく いちばんかるたが強いのは かるたに個人で向かい合ってきた者や はっきりさせようや うちかあんたか どっちにしても仲間はいらん」 若宮の挑発に、新は「そ…

第87首 終わっちゃった私の夏

A級個人戦三回戦。千早の頭には、若宮と戦った過去の記憶。 去年詩暢ちゃんと戦ってから一日だって消えない あの速さ 強さ 詩暢ちゃんに勝つことだけを目標にしてきたの 全力を見せて 日本一の 世界一の クイーン若宮は安定の速さ。 決まり字までまったく動…

第66首 これが私のチームだよ

ロビーに居た千早の耳に、新の声が届いた……気がしたが姿はない。新のことを気にしている千早を、太一が不機嫌に注意する。富士崎高校にはA級が五人もいるという報告を受けたばかりだ。他にも強豪が多く、新のことなど考えている余裕はないのに。 でも 本当に…

第59首 いま口に出す言葉は大丈夫かじゃない

決勝戦。千早は甘糟に初っ端から連取され、札の取り方を何度も確認。試合中なのに反省? と甘糟に嫌味を言われるが気にしない。西田はやり難そう。大江は「ボイン重そうなのに」と舐められつつも連取。 さっきの読手さんは―― ある意味すごく存在感があった …

第57首 仲間を信じて一人になれ

千早は読手と合わないのか、予選ほど圧倒的ではない。西田は10枚差で勝っている。太一は仲間に気を配り、自らの作戦を練りながらも、ヒョロから言われた「万年B級」や、千早や周防、若宮、新といった「才能」ある面々が頭にちらついてしまう。 更に、太一の…

第50首 かるた部がずっと続いていくといいなあ

新学期、新入生歓迎部活動紹介。彼氏に振られたばかりの花野菫は、特上のいい男を必死に探していた。そして、百人一首競技かるた部の部長として壇上に上った袴姿の太一にロックオン。同じく挨拶に立った千早が、図らずして場の笑いを取っている。 かわいくて…

第44首 かるたをしてるおまえを知らない男とつきあうなんて

千早が通学途中に他校の男子生徒に交際を申し込まれたことを部室で報告。断るべきだと言い切る大江だが、千早は未練がある模様。 「つきあってとか言われたの 初めてだもん これを逃したら もう一生言われないかもしれないもん」 初告白と聞いて「無駄な美人…

第32首 盗めるものがあるなら盗んでいく

瑞沢かるた部は、キャプテン千早を除き、四人が決勝進出。千早は二組の対戦が見える位置を、ヒョロと陣取る。ヒョロは一回戦で太一と当たり、三枚差で負けていた。 「甘糟先輩たちはさっさと帰っちゃったけど おれは 勝ってったやつらから 盗めるものがある…

第24首 次は試合で

千早は棄権。太一の声掛けで、残されたメンバー四人で円陣を組む。 「わかってるな この場にいちばんいたかったのは千早だ おれたちが簡単に負けたら 千早は絶対死ぬほど泣く 勝つしかない 瑞沢勝つぞ」 宿舎で眠りから覚める千早。布団を抜けて部屋を出ると…