読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第159首 最低で戻れない

新は北央主将のヒョロを相手に、21枚差で勝利。運営側の先生も唸る。 本物だ 宮内先生は鉢巻を手に応援。皆の手に行き渡っている筈なのに、予備だろうか。花野に訊かれ慌てた隙に、鉢巻に「ちはや」という文字が覗かせた。では、千早が着けている鉢巻は…… 西…

第129首 ひとかどの人間になりなさい

長崎県大村市。周防従兄が伯母の兼子にパソコンで動画配信を見せるが、彼女の目には画面の両隅辺りがぼやけている。番組の解説担当の山城今日子専任読手が、周防が読みの録音をさせて欲しいと頼んで来た時のことを話している。かるたが好きそうな感じではな…

第120首 昔の自分じゃなくなった

千早の目の前はずっと光がキラキラとしている。 千早 千早 千早 千早 千早 千早 千早 好きや 周防が若宮に、新が負けたことを電話で報せる。 「新鮮なりんごが 甘さで干し柿に負けた感じ…… 気をつけなよ クイーン戦 たぶん 詩暢ちゃんも 新鮮なりんごだよ」 …

第116首 全力出して勝ったほうが上に行く

千早が新に何かを話していたのを、太一が咎める。 「おい 白波会は全力で新を倒すってタンカ切っといて おまえ 新に勝ってほしいのかよ」 千早は不思議そうな顔。 「ちがうよ でも 全力出して勝ったほうが上に行く それが決定戦でしょ」 太一は毒気を抜かれ…

第115首 証明する義務がある

新は自陣右を原田先生に狙わせて、他の三か所を拾う作戦。札を動かし、自陣右がだんだん薄くなって行く。皆が新の上手さに唸っている。 やはり 打倒周防久志の一番手は 綿谷新 翠北会の北野先生が原田を嫌う理由は、31年前の出来事にある。牧野読手の読みで…

第111首 札が教えてくれる勝つイメージの描き方

新は村尾相手に11枚差。中座した間に何が読まれたのかは、減った四枚の札の他、空札が何枚読まれたか、決まり字がどう変化したのかは分からず、枚数差以上のハンデとなる。 観衆が諦める中、新は札を動かし、戦う姿勢を見せる。運良く自陣の一字決まり、大山…

第104首 ずっと一緒にがんばってきてくれた男の子だ

多くのギャラリーが息を詰めて見ている。 なんだ この試合は 高校生の…… しかも同会選手の試合なんか どこか緊張感のない空気になるのに これは…… 高校選手権A級決勝の あの二人(新と若宮)のような 沸き上がり 絞り出すような 本気 上段に並ぶ札を太一に突…

第89首 A級だよう

A級決勝。新は懐かしさをもって、若宮の独特な札の配置や暗記方法を観察していた。 「新 けっきょく いちばんかるたが強いのは かるたに個人で向かい合ってきた者や はっきりさせようや うちかあんたか どっちにしても仲間はいらん」 若宮の挑発に、新は「そ…

第73首 クイーンと戦う前提で練習してきた

逢坂は千早を見詰める。 あの一字決まりの速さ 囲み手破り 全身で言ってる 「クイーンになる!」 叩く 流れが瑞沢に来そうだ。次の札を仲間達が皆取る。しかし、千早だけ連取ならず。逢坂が大山札を送り返して来た。千早自陣の大山札を、今度は逢坂が上手く…

第55首 いまは一枚一枚

二回戦。初めてオーダーに入った筑波は緊張気味。敵チーム唯一のA級選手に苦戦する。 あんなみっともないマネしてまで出たかった試合なのに 自信があったのに 自信が持てるのはかるただけだったのに―― 学校では深作先生が宮内先生に、かるた部の新入部員数を…

第42首 また挑戦者になれるんだ

山本は千早が牙を剥いたのに気付いた。空札なのに飛び出して来る。 ガンガンに狙ってきてる なに? これまで丁寧だったのに まるで 圧勝すると決めたような―― 圧勝? 大江は選手が誰一人として「歌」を聞いていないのを悲しく思っていた。でも、10人もいない…

第32首 盗めるものがあるなら盗んでいく

瑞沢かるた部は、キャプテン千早を除き、四人が決勝進出。千早は二組の対戦が見える位置を、ヒョロと陣取る。ヒョロは一回戦で太一と当たり、三枚差で負けていた。 「甘糟先輩たちはさっさと帰っちゃったけど おれは 勝ってったやつらから 盗めるものがある…

第31首 私にないものがある

対戦相手の金井に軽い嫌味を言われ、空札も続くわで、焦りのあまりお手付きを連発する千早。敵陣に手を伸ばし、自陣を取られてしまうミスも出る。 「つまらないわね 綾瀬さん 札とだけ戦ってるみたい」 気付けば、嫌な札ばかり送られている。配置を確認して…

第8首 一緒に強くなろう

千早はA級昇格に向けての大会で、三回戦突破。勝ち進んでいることにも、白目剥いて即寝するのにも、驚く太一。即寝千早に自分の上着を掛けると、千早も気付いて「太一やさしーなぁ」、原田先生も冷やかし気味に「やさしーなぁ」。千早は伏せたまま言う。 「…