chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

051 かくとだに

第185首 次に進むのは私だよ

美馬は原田先生に苦戦。その原田は膝が痛み、札を拾うのも一仕事。田丸は観客席を見渡すが兄の姿は無く、他部員達の視線も千早の方。それでも頑張ろうと集中する。 千早と理音はM音の聞き分け勝負。千早は相手の反応を見て、札を移動。「む」と「みち」を分…

第171首 応援できないのがこんなに辛いなんて

6枚差で新をリードしている若宮。 新とうちに差があるとすれば 流れを呼び込む力―― そのくらいしか思いつかん 流れ… みんな簡単に言うけど 一人で練習しとるうちにはようわからん 千早は新を見守ることしか出来ない。 新… かるたは野球やサッカーとちがう 応…

第155首 努力でたどりつける最高点

撮影現場に若宮が現れた。察するに、当初は若宮に話が来ていたらしい。いじける周防だが、若宮のフォローで「嫁……」と即座に立ち直る。スタッフから太一にも指示が来る。 まさか おれ一人が 名人とクイーンに フルボッコにされる係!? テレビに映って!? …

第148首 かるた強豪校にする

冨原西高校は強い選手が一人いるだけなのに、北央を相手に競っている。その唯一の子がヒョロを20枚差で負かした。瑞沢も朋鳴を相手に一勝し、やはり他は競っている。駒野は分析。 綾瀬が強くて一人で先に勝つなんて昔からのことだ その強さを孤立させないよ…

第147首 勝者の責任

創部したばかりらしきチームが敗退して泣いている。北央の太田が馬鹿にするのを、千早憤慨。思い出すのは、太一と畳を運び入れた日のことだ。 創部の苦労も知らないくせに 創部の苦労も知らないくせに 出場校は史上最多の24校だった。他チームの会話が聞こえ…

第128首 名人の弱点はたぶん

名人戦は四戦目。原田先生は体力を考え、三戦目は捨てていたのだった。自陣の定位置を変えて、勝負をかける。原田は「むらさめの」と「かささぎの」を周防の陣から連取。敵陣を攻め、送り札でノイズを、自陣も動かし。暗記が重要だ、と原田はいつも花野や筑…

第121首 こんな気持ち悪いかるた取るやついねえ

千早はどの教科の先生になりたいのかをまだ決めていない。高校から大学への進学はノブのあるドアを選べる最後のチャンス、とは深作先生の弁。 「これも受け売りですが 『たいていのチャンスのドアにはノブが無い』と… 自分からは開けられない だれかが開けて…

第114首 せき止めてみようか

名人戦挑戦者決定戦。千早が新に視線を送ると、目が合った。胸を高鳴らせる両者。千早は隣に座る太一を見る。太一は厳しい表情で前を見据えている。 いろんな気持ちがあるから 100パーセント だれかを応援するって難しい…… 私も大人になったなー、と思う千早…

第94首 自信をつけると化けそう

富士崎高校での合宿二日目。裏山登山は登山ではなくランニングだった。富士崎の部員以外が倒れ込む中、元陸上部の千早と元サッカー部の太一はそうでもない。 真島は 綾瀬がそばにいないほうが 強いと思う 千早はヒョロにそう言われたことが気にかかっていた…

第90首 千速振る

千早の涙は止まらない。太一のTシャツで拭いて貰う。 やった やった 太一 おめでとう 太一がA級 つまり…… 敵(ライバル)!! 太一としては、自分のことで泣いてくれているのは嬉しいが、こうしてもいられない。千早の手首を掴み、太一はA級会場へ急ぐ。そん…

第68首 オリオン座のベラトリックス女戦士の星

花野と駒野が、他校の偵察を終えて合流。花野のメモは、タオルの柄やストラップなど持ち物のこと中心。駒野は感謝して受け取る。 山口美丘戦。千早は、はあああああと息を吐き切る。そこには太一の教えがあった。 千早 おまえは息をするだけで勝てる 息をし…

第51首 おれは選んでがんばるんだ

花野は爪の手入れに、恋バナメールにと忙しい。国立文系クラスの千早は西田と、国立理系の太一は駒野と同じクラス。太一は考え込んでいた。 千早―― わかってないんだあいつ いま時間がどれだけ大切か 思いつきでやりたいことだけやりたがってんだ クイーンに…

第49首 そのうちもっとマシなものを返すから

学校の教室で、駒野と顔を突き合わせている千早。駒野は部活や公式戦で取って来たデータを見て、千早の一字決まりが20枚くらいあることに気付いたと言う。 「もちろん読手さんによってもちがうし 綾瀬のコンディションにもよるけど たぶん…… しら しの ゆら …

第48首 師を持たない人間はだれの師にもなれん

テレビの解説が続く。 「つまり 周防名人は 基本的な一字決まり”む・す・め・ふ・さ・ほ・せ”のほかに―― 一字目で判別できる札が 21枚あると言っているんです たとえば ”かくとだに”の”か”と ”かささぎの”の”か”でも あとに続く音のちがいで 別の音に聞こえ…

第47首 強さの気配

若宮が悪い流れを断ち切り、六連取。皆は取りの鋭さに驚いている。刃物みたいだとか、居合みたいだとか、そんな物騒なものではないと千早は否定する。 刃物を向けるような気持ちで 向かっていったりしない 小学生の時に原田先生が言っていた。 百人 友達がで…

第36首 一人だったらどうしようと思うんだ

新と再会した太一。同じく久しぶりの再会となったそれぞれの恩師の賑やかさに呑まれ、新との会話は彼の師の説明を聞いた程度。三回戦の試合へ向かおうとする太一を新は呼び止め、二つ折りにしたメモを渡す。 「おれ ちょっと勘違いしてたわ 今日 太一はA級で…

第30首 クイーンになるためのかるた

千早にかるたを速く取るのを止めろと言う原田先生。クイーンのかるたは驚く程に速く、正確で、でも速い。 「速くなくてもいいんだよ 千早ちゃんの得意札は何枚ある? 5枚? 10枚? ものすごく速く取れる札があっても 残り全部取られたら かるたは負ける 速さ…

第15首 おまえは息をするだけで勝てる

準決勝。相手の掛け声に圧倒され、千早は一枚目から取り逃す。対戦側の盛り上がりぶりに全員取られたのかと見渡すが、太一と西田はきちんと取れている。太一に言われたのに。 おまえだけは 絶対に負けるなよ しかし、その言葉が背中に圧し掛かり、得意の「ち…

第11首 真っ赤な恋の歌なんだ

無駄美人の千早だけではなく、実力テスト一位の太一も、校内では目立つ存在。そんな二人が組んでかるた部を作るも、無駄部と囁かれる。部室に畳を運び入れ、一息がてらの無駄話。千早はクイーンを目指しているのに、現クイーンが同い年であることすら知らな…