chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

067 はるのよの

第187首 あの子だけがヒーローだから

小学生の時、眼鏡を失くした新は、千早に「目が悪いってどんな感じ」と訊かれた。 「虫メガネで遠くを見るような感じやよ 綾瀬さん」 ぼやけた視界のまま、教室で一人、かるた取りのイメージを浮かべて練習を始める。そこに千早と太一が現れ、千早が「眼鏡を…

第182首 だれかの物語の一部分だ

千早は咄嗟に飛び出し、足が縺れて転びながらも、太一に訴える。 「だ だめ 太一 だめ そんなのはしちゃいけない賭けだよ しちゃいけない賭けだよ」 しかし、千早を見る太一より先に、須藤が反応。 「うっせえ 綾瀬 どうせ攪乱するための作戦だろ ふざけんな…

第146首 そんな簡単な人間になるな

最終戦も田丸で行くという西田。彼なりの理論を展開し、田丸を励ます。 「田丸は やれるよ?」 千早は田丸の背中を押し、試合会場へ行くよう促す。皆を応援するしかないのだ。 宮内先生が会場に駆け付け、花野は状況を訊ねられたが。 「綾瀬先輩も 真島先輩…

第139首 なんでもいい学びなさい

千早の頭の中では、太一の言葉の断片がぐるぐる回り続けている。 ”好きなんだ” ”お前はおれが 石でできてるとでも思ってんのか” 進路相談中も上の空。高校教員を目指すのが部活動顧問になりたいからという安易な動機に、担任の幸田先生が指導。 「モテること…

第96首 ようこそA級の世界へ

右手が完治した千早と太一の練習は、ますます迫力あるものになっていた。千早はクイーン戦予選のことは口にしないが、その前に行われる吉野会大会に袴で出ると言う。全国の実力者が集まって来る、A級とB級のみの大会だ。気合の入りっぷりに、部員達は恐れる…

第72首 得意がかすむほど苦手をなくすこと

千早がさっきは取れなかった敵陣右下段の一字決まりを抜いた。しかし、やった! と思った瞬間に逃げていく集中力。千早はまたペースを乱し始める。逢坂に期待する観衆はそれぞれ口にする。 自陣の一字決まりを取られても 悪い流れにさせない さすが 西の代表…