読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

081 ほととぎす

第171首 応援できないのがこんなに辛いなんて

6枚差で新をリードしている若宮。 新とうちに差があるとすれば 流れを呼び込む力―― そのくらいしか思いつかん 流れ… みんな簡単に言うけど 一人で練習しとるうちにはようわからん 千早は新を見守ることしか出来ない。 新… かるたは野球やサッカーとちがう 応…

第155首 努力でたどりつける最高点

撮影現場に若宮が現れた。察するに、当初は若宮に話が来ていたらしい。いじける周防だが、若宮のフォローで「嫁……」と即座に立ち直る。スタッフから太一にも指示が来る。 まさか おれ一人が 名人とクイーンに フルボッコにされる係!? テレビに映って!? …

第152首 運命につかまってんのかな

駒野は対戦相手を観察する。かるた歴は同じくらいと踏んでいるが、自分はまだB級、相手は1年生でA級。残り札を考え、相手が攻めにくいよう札を移動させ、囲い手で上手く取れた。 そういう札こそ 僕は大事に すごい才能は持ってないから 前にそう言った人物の…

第147首 勝者の責任

創部したばかりらしきチームが敗退して泣いている。北央の太田が馬鹿にするのを、千早憤慨。思い出すのは、太一と畳を運び入れた日のことだ。 創部の苦労も知らないくせに 創部の苦労も知らないくせに 出場校は史上最多の24校だった。他チームの会話が聞こえ…

第114首 せき止めてみようか

名人戦挑戦者決定戦。千早が新に視線を送ると、目が合った。胸を高鳴らせる両者。千早は隣に座る太一を見る。太一は厳しい表情で前を見据えている。 いろんな気持ちがあるから 100パーセント だれかを応援するって難しい…… 私も大人になったなー、と思う千早…

第99首 世代交代か

準々決勝。新と坪口、原田先生と村尾、太一は須藤、千早は猪熊との対戦。千早は相手が元クイーンとは知らず、西田に聞かされても「へーそっかー」とあっさりした反応。 太一は北央勢に腕を揉んで貰ったり、飲み物を飲ませてもらっている須藤を見る。 須藤さ…

第66首 これが私のチームだよ

ロビーに居た千早の耳に、新の声が届いた……気がしたが姿はない。新のことを気にしている千早を、太一が不機嫌に注意する。富士崎高校にはA級が五人もいるという報告を受けたばかりだ。他にも強豪が多く、新のことなど考えている余裕はないのに。 でも 本当に…

第46首 全部の縁に指がいくように

名人戦・クイーン戦のテレビ中継。細くて軽い身体だった若宮の武器である速さが鈍っている。一回戦は五枚差で若宮勝利。山本は落ち着いて若宮を見ていた。 ここに座るまで 若宮詩暢が怖かった 去年の強さの記憶が残って なのにどうよ! 今年のこの丸まりよう…

第45首 みんながここにいたらもっといいなあ

部室での練習に気合が入る千早と太一。少しの差で千早が札を取る。 太一が鋭くなってきた 楽じゃない…… 挑戦者決定戦の時、翠北会所属の人が山本の勝利を我がことのように大喜びしていたのに対し、白波会所属の千早や太一は坪口の敗戦が自分のことではなくて…

第38首 頭と身体両方いるんだよ

東日本予選まであと三日。定期試験が終了し、千早は早速練習を再開していた。イメージするのは、吉野会大会で見た新。 水みたい 流れてるみたい あの印象を 身体に降ろすには 駒野が千早の陣から取ったが、千早が妙に静かだ。 いつもの綾瀬なら…… 取られたら…

第31首 私にないものがある

対戦相手の金井に軽い嫌味を言われ、空札も続くわで、焦りのあまりお手付きを連発する千早。敵陣に手を伸ばし、自陣を取られてしまうミスも出る。 「つまらないわね 綾瀬さん 札とだけ戦ってるみたい」 気付けば、嫌な札ばかり送られている。配置を確認して…

第30首 クイーンになるためのかるた

千早にかるたを速く取るのを止めろと言う原田先生。クイーンのかるたは驚く程に速く、正確で、でも速い。 「速くなくてもいいんだよ 千早ちゃんの得意札は何枚ある? 5枚? 10枚? ものすごく速く取れる札があっても 残り全部取られたら かるたは負ける 速さ…

第24首 次は試合で

千早は棄権。太一の声掛けで、残されたメンバー四人で円陣を組む。 「わかってるな この場にいちばんいたかったのは千早だ おれたちが簡単に負けたら 千早は絶対死ぬほど泣く 勝つしかない 瑞沢勝つぞ」 宿舎で眠りから覚める千早。布団を抜けて部屋を出ると…