chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第104首 ずっと一緒にがんばってきてくれた男の子だ

多くのギャラリーが息を詰めて見ている。

なんだ この試合は 高校生の…… しかも同会選手の試合なんか どこか緊張感のない空気になるのに これは…… 高校選手権A級決勝の あの二人(新と若宮)のような 沸き上がり 絞り出すような 本気

上段に並ぶ札を太一に突き手で取られ、千早は取り難く慎重になっている。太一は疲れ切っている筈の七試合目でも、まだミスをしていない。原田先生も感心。

まつげくん あえてガラリと配置を変えることで 自分に対してもプレッシャーを 危機感と緊張感を

西田と駒野も脱帽。

捨て身だ でも成功してる あいつ どんだけの集中力だよ 強すぎる暗記力を より強いイメージで刷新するなんて

千早にミスが出て、太一が狙わせるために置いてあった「ち」の最後の札を千早に送って来た。

やりにくい 取れても自陣 攻めがるたが信条なのに 守らせられてる 息苦しい……

千早は桜沢先生の教えを思い出し、上半身を張り姿勢を整える。太一と目が合った。

「あれっ 太一だ」
「えっ?」

太一は素で千早の言っている意味が分からないといった顔。

「? そーだよ?」

太一が狙っていた「ち」の札を取るが、千早の指とぶつかった。

「大丈夫か?」

千早は太一にそう聞かれ、全く気になっていなかったので「平気」と答え、太一が安堵しているが、見れば太一の方が手刀の部分に切り傷を負っている。

…… 太一だ 知らない人みたいなかるたを取るのに 太一だ 太一なのに 知らない人みたいだ でも 太一だ

一年の春、部室に畳を運び入れた時を回想する。

ずっと一緒に がんばってきてくれた男の子だ

かるたを見詰める太一を見ながら、千早は考える。

敵陣…… 自陣…… 敵陣? 自陣?

千早が厳しく払う。札を拾いに立ち上がる。

太一だ 怖くはない でも負けたくない 敵陣も自陣もない いくよ 太一

千早の強い眼差しに、太一もきつく見返す。

バカ 千早 策はある 速さ勝負には乗らねぇよ

花野は頬を紅潮させ、涙を零しながら見ている。

綾瀬先輩が真島先輩を見てる 見てる 見てるんだ 恋じゃなくても 愛じゃなくても あの瞳が 真島先輩がつかみたかったもの

大江は去年D級決勝で駒野と戦った時のことを、駒野に語る。

「いまでも あの試合が私のベストゲームです 千早ちゃんも真島部長も 今日のこの試合が一番強い二人だと思いませんか」

新はかつて祖父に「かるたが一番楽しかったのはいつや」と訊かれた。浮かぶのは、小学生の自分が千早とアパートで対戦した場面。読手は太一だ。目の前では、太一が千早と試合をしている。小学生の時の記憶が、太一と千早の対戦、読手をしているのが新、というものに摩り替わる。

なんやろう これ なんやろう

新は表情をなくす。

なんやろう なんで おれ 負けた? なんで なんで 千早と 戦ってんのが おれや ない?

 

ちはやふる(20) (BE LOVE KC)

ちはやふる(20) (BE LOVE KC)

 

 

memo

読まれたのは 「あけぬれば」 「なにしおわば」 「あいみての」 「ちぎりおきし」 「あさぼらけ・う」。深読みしたくなるような台詞や回想は、今後どう展開されるのか。