読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第106首 思いっきりやれるのはいましか

観光中、何度も電話を掛け続ける千早。自宅の自室にいた太一が、ついに電話に出る。

「なんだよ 千早 うるせえ」

何やってんの、と騒ぐ千早に、39度の熱があるし京都は何度も行ったことがあるし、と言う太一。お大事に、で電話を切るが、横で違うところに電話する西田。

「綾瀬…… おまえ バカだろ 信じてんじゃねーよ…… いま翠北会で運営手伝ってる先輩に確認したら 名簿に名前あるって…… 明日の東日本予選の名簿に 真島の名前あるって……」

千早、驚愕。

ぬ け が け 太一~~~

太一は体調を心配する母に、勉強して来ると言って外出。修学旅行に無理して行くよりも勉強、に母も賛成なのである。

 

白波会の練習場で、気が抜け捲りの花野。原田先生が来て筑波を練習相手に捕まえるが、修学旅行に行った筈の太一が現れた。

「朝 体調悪かったから休んだ いまは治ったんで 練習しにきました」

原田の目の色が変わる。

「うん 3試合はやれるな よし 時間の限り私とやろう まつげくん」

 

宿舎に入り、千早達は大江にも事態を報告。千早は東京に帰ると言い出す。

「なんで? 私 太一が名人になりたいなんて 聞いたことないよ わかんないよ」

駒野は落ち着いている。

「…… 綾瀬 おれはちょっとわかるよ おれとあいつは同じクラスだから これからの時間のこともわかる あいつの志望は医学部だし 来年のいまごろは部活どころじゃなくなるし 医学部にはいったらかるたどころじゃなくなる 冷静に考えたら いましか かるたを思いっきりやれるのは いましか……」

千早は虚ろな気分で修学旅行を楽しむどころではない。京都にいて、若宮を連想する。そして、携帯電話の画面に新の番号を出すが……

 

新は村尾と練習するも、吉野会大会以降は集中出来ていないと指摘される。

なんであんなこと言った? 「千早はべつに だれのでもないよな」 千早も太一も友達や なんであんなこと思った? 「なんで千早と戦ってんのが おれやない?」

小学校卒業式の日のボロアパートで、最後に泣いてしまった自分を思い出す。

じいちゃんが死んだときも かるたが取れんときも あの時間は宝物やったのに なんやろう このじりじりする気持ちは

新が自宅に帰ると、由宇が待っていた。新の両親が不在で、明日は大一番なのにカツ丼もカツカレーも作らないのかと、由宇の母が作ったものを持って来たのだ。新が暗い顔をしているので、新が勝ったらご褒美にかるた部に入ってあげるとも言う。

「…… な…… なんやしそのちっぽけなごほうび そんなんいらんわ 由宇がいちばんよく知ってるやろ? 名人になんのはじいちゃんとの約束で なんもごほうびなくても おれの夢や」

そこまで言ったところで、新も気付く。由宇も安堵して帰って行く。由宇は嬉しい言葉も貰った。

由宇がいちばんよく知ってるやろ

新は丼を見る。

「カツカレーとカツ丼 一緒に盛るのは あいつくらいなもんや……」

 

予選日当日。若宮の自宅に、周防がスノー丸どらやき片手に訪れる。

「詩暢ちゃん 今年は テンション上げに行きませんか 一緒に」

 

ちはやふる(20) (BE LOVE KC)

ちはやふる(20) (BE LOVE KC)

 

 

memo

千早から新への電話は繋がらなかったのではなく、結局掛けなかった? 会話の描写もないし、着信履歴を残していたら新が反応しているだろうし。

新の「宝物」発言。千早の「あたしたちにはかるたがあるから また会えるんじゃないの?」を元に三人で約束した、というのが宝物なのかな。千早は第40首でかつて新に言われた「かるたの才能あると思うわ」を宝物にして来たと独白している。