読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第107首 きみを見ててもテンション上がらない

堀川が一生懸命話し掛けてくれているのに、ぼーっとしているだけの千早。

一晩考えても 出てくる答えはひとつだけ 知らなかったよ 太一 太一が 真剣に名人を目指してたなんて

原田先生も燃えていた。

気づかなかった まつげくんが 修学旅行を振ってまで 真剣に名人を目指してたなんて この私のように

 

東日本予選会場。須藤が受付に欠場を申し出ている。吉野会大会で太一と「先に負けた方が名人戦予選欠場」という賭けをしていたのだ。止める周囲に、ごねる須藤。

「ふざけんな オレは約束は破るが 賭けで借りは作らねえ!」

太一が「おれと当たったら譲ってくださいよ」ということで決着、須藤も出場することに。錚々たる面子が揃う中、建物外から見学している花野と筑波の横で、怒りの形相で窓に張り付く女性が一人。太一母であった。

 

西日本予選会場。新は腹痛を抱えていた。由宇が朝食に持って来た鰹節入りカツオサンドが原因か。新はふと東日本予選出場者名簿を見て、太一の名前を発見。修学旅行だと聞いていたのに。

そんな…… まさか 太一が 真剣に名人を目指してる……!? そこまでとは思わんかった やっぱりどっか 千早につきあってやってるだけかと――…

そこに若宮と周防が一緒に登場し、騒然となる。周防は相変わらずマイペースで和菓子を皆に配ったり頬張ったりしながら、次に五連覇して引退する、と言う。

試合会場に入って来る新を見詰める若宮。周防がその視線に気付き、友達かと問う。

「邪魔な河……」

新は皆が期待する中、勝利を収める。ロビーで休憩中の新に、周防が和菓子を差し出す。

「こんにちは 見てたよ きみ強いね きみはいつか名人になるね でもそれは 次じゃない きみを見てても テンション上がらない」

周防は和菓子を渡さず紙袋にしまい、立ち去る。

 

ちはやふる(20) (BE LOVE KC)

ちはやふる(20) (BE LOVE KC)

 

 

memo

「真剣に名人を目指してたなんて」三連発。そして、借りを作るのは嫌だが「約束は破る」と断言する須藤w

周防はサイドカー付きのバイクで東京から遠路遥々来たのかな。単体ならまだしも、普段からサイドカー付きで乗ってるの? そもそも乗せるような人いるの? 自前? レンタル? サイドカー付きレンタバイクってあるの? といった謎がw