chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第109首 読まれない札は永遠に読まれない

新は周防に言われたことの意味が分からずムカムカ。闘志を燃やしていた。

きみはいつか名人になる 次じゃない きみを見ててもテンション上がらない

周防は若宮と一緒に近江神宮へ。きちんと参拝する若宮に、周防は言う。

「きみの強さを支えているのは そういうところかもしれないね」

では周防は、との問いには「なんにも?」という答え。若宮は去って行く周防の背中を睨む。

うそつき それでその強さ? 神でもあるまいし

 

太一は小石川に苦戦。四月の全日本選手権で準優勝してから上り調子の強敵である。

枚数差がある 確かに 自陣が出る 攻めがるたを捨てたくない 原田先生のかるた でも 守りがるた

原田先生が言った。

言うまでもないが 私にとっては 攻めがるたが最強だ!!

「は、はいっ」と姿勢を正す太一に、原田先生はこうも言ったのだ。

だけど―― 村尾くんとの試合のときの 疲れてたからこそ出た 守りのうまさ きみには合っていた

太一はついに逆転。初のリードを奪って安堵しつつ、「ちは」札を送る。しかし、その直後に「ちは」が読まれ、取られてしまう。

攻守の切り替えが遅れた

そして、運命戦。読まれたのは敵陣で、太一は負けてしまった。

数えてた 数えてた 全部数えてた 100枚目 最後まで出なかった 空札もない 敵陣の「め」なんか抜けやしねえよ バカやろう

空を見上げて、目を閉じる。

『ちは』 敵陣の 取れなきゃいけなかった あれだけは どこにあっても 目をつむってても バカやろう……

太一が脳裏で見るのは千早の姿。

 

原田先生は準決勝で、小石川と対戦。太一は原田に言われたことを考える。

まつげくんは 最近 運命戦で敵陣を攻めるね なぜ?

もう一生自陣出なくていいって願掛けしたことあって、と答えたが。

信じないかもしれないけど 集中してずっとずっと練習してると なんと ”読まれない札”がなんとなくわかるようになってくるんだ 一部のわかる人はこれをババという わかってくるから中盤以降は準備する ”読まれない札”は相手に送っておく 運命戦に備えて

目の前の原田は今、狂気の表情で運命戦を迎えている。

まつげくん ”読まれない札”は 永遠に読まれない

言葉通り、原田は自陣の札を抑えて勝利した。

運命戦は 運命じゃない

 

ちはやふる(21) (BE LOVE KC)

ちはやふる(21) (BE LOVE KC)

 

 

memo

紅葉二種。ムカつく周防を想う新は、名人の座を強く欲してる、という意味だよね。太一は太一で、千早を想いつつ「バカやろう……」。

太一の試合の読み札は 「ゆらのとを」 「はなさそう」 「ちはやぶる」 「めぐりあいて」。原田先生の試合で読まれたのは 「あまつかぜ」 「ありあけの」で、最後の「た」は詳細不明。先生曰くの永遠に読まれない札は 「こぬひとを」。どれもこれも何だか太一っぽい内容?

「運命戦は運命じゃない」は、第61首の都予選決勝で太一自身も言ってるね。