chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第111首 札が教えてくれる勝つイメージの描き方

新は村尾相手に11枚差。中座した間に何が読まれたのかは、減った四枚の札の他、空札が何枚読まれたか、決まり字がどう変化したのかは分からず、枚数差以上のハンデとなる。

観衆が諦める中、新は札を動かし、戦う姿勢を見せる。運良く自陣の一字決まり、大山札が出て取れた。次の札を村尾に取られたが、彼の反応を見て空札の予想が可能となった。

札が教えてくれる 勝つイメージの描き方

差が詰まって来たが、村尾は慌てていない。枚数差がある時のセオリー通り、敵陣を攻めている。しかし、新相手にあり得ないくらいの大差をつけたことで、序盤から中盤では普通送らない札も送らざるを得なかった。勝っていても、戦い難い状況を作ってしまっていた。

しんどくって当然や おまえは綿谷新やろ? 10-18 新相手にまだ8枚も差がある 御の字や 攻めてくで

新はもう一枚の空札の見当を付ける。

村尾さんのかるたが好きや 試合展開に左右されない ムラのない真面目なかるた

気付けば四枚差。二人とも敵陣を攻めているが、村尾の陣の出札が多い。そして、村尾の得意札ばかりが残っていた。新はそこを怖がらすに攻める。

栗山先生の元に、メモが差し入れられた。東日本代表が原田に決まったという報せだ。

本来 攻めも守りもバランスのいいかるたを取る新くんが こんな厳しい攻めを 流れを呼び込んでる 東日本一の攻めがるたの名手と戦う流れ

新が狙っていた「ちは」札を村尾が取る。新はそこでまた、読まれた空札が「ちぎりき」と予想を付ける。相手の表情が変わったことに村尾が気付いたが遅かった。新が二枚差で勝利。

「新 笑え 新」

村尾が涙を滲ませる新の肩に手を掛ける。

「おまえが笑わんとぉ おれが落ち込めんのやって」

新が顔を上げ、口元を少し緩める。

「ほんとに笑うな ボケ おれ よけい落ち込むわ」

新の額を押す村尾。二人のやり取りに爆笑するギャラリー。村尾が声を掛ける。

「勝ってこいよ 新 才能も努力も おまえには両方あるんやでぇ」

新が答える。

「……『ある』と思ったら たぶん負けるんで 『ない』ものに会いにいきます」

尚、西日本クイーン位代表は逢坂恵夢。

 

ちはやふる(21) (BE LOVE KC)

ちはやふる(21) (BE LOVE KC)

 

 

memo

千早も太一も出て来ない。試合で読まれたのは 「ふくからに」 「きみがため・は」 「ゆらのとを」 「あしびきの」 「こぬひとを」 「わたのはら・こ」 「わすれじの」 「いまこんと」 「よのなかよ」 「たまのおよ」 「せをはやみ」 「ちはやぶる」。勝利を決めた札は 「あいみての」。