chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第112首 みんなに助けられて戦いたいんだ

夜11時。太一が修学旅行の宿舎に到着。原田先生が東日本代表になったと聞かされ、喜ぶ千早。

「決定戦で おまえどっち 応援すんのかな」

太一は無表情のままで言う。

「え? どっち? 原田先生に決まって……」

ピンと来ない様子の千早に、太一が付け加える。

「すげーよな あいつ」

千早が西日本代表は新だと気付いて驚いているうち、目の前から太一の姿が消えていた。

 

修学旅行も終わり、部室で対戦する千早と太一。予選以来調子を崩している太一と、吉野会大会優勝の勢いのままの千早。千早が勝ったが、20枚もの大差がついた。

どうしたらいいのかわからない どうしたら元気づけられるかも…… でも 力を抜いたら 全力を出さなかったら 太一がかるたをやめてしまう気がして……

千早は新とは特に連絡も取っていない。最年少の代表なのだからと西田に電話を勧められるが、「また今度」と電話を閉じる。太一は背中を向けたまま。

白波会の緊急ミーティングへ向かう千早と太一。入口で太一が立ち止まるが、「いや、何でもない、行こ」と足を進める。千早は太一が言ったことを複雑に思っていた。

「おれ 行かなきゃダメかな」 「行きたくないな」 「いま 原田先生に会うの 辛いな」

会合は「名人誕生のための計画」で、A級選手は積極的に練習に参加するようにとのこと。原田は太一に、新の配列表を渡す。仮想新として戦って欲しいのだと言う。自分の配列を動かしても強い器用な太一だからこそ、原田も頼んでいるのだ。心中で嫌だ嫌だと叫びながら、断る太一。

「…… で…… できませんよ 他人の配置でいきなり取ったって練習台にはなりません 真似したって新みたいには取れません!」

それでも鬼気迫る勢いの原田。

「私を東日本代表にしたのは 君だろう!!」

東日本代表決勝戦は、原田と須藤の対戦だった。須藤は突き指をしたと言い訳したが、太一との賭けのことがあったので、決勝戦を棄権していたのだ。

「準決勝で善戦した坪口くんのがんばりもあるが 吉野会大会のきみの強さも 私を助けた 私は白波会のみんなに助けられて戦いたいんだ 助けられたほうが強くなるんだ!!」

太一はもう何も言い返せない。千早もその覚悟について行こうとする。

「先生 私も配列を覚えてきます 新の配列じゃなくて 周防名人の」

原田としては千早は不器用なので頼むつもりはなかったが、周防の名前が出たら別だ。

仮想 周防久志

 

帰り道、千早は新に電話する。

「西日本代表 おめでとーーーーーう 新 白波会は全力で新を倒しにいくから 代表になって近江神宮に行くのは 絶対 原田先生だから 100パー負けない!! 絶対やっつける! 勝つのは原田先生!!」

ハイテンションで叫ぶ千早に、「千早、しつこい」と突っ込む太一。太一も一言付け加えた。

「新も がんばれよ」

 

ちはやふる(21) (BE LOVE KC)

ちはやふる(21) (BE LOVE KC)

 

 

memo

修学旅行中に皆が始めた恋バナで、やっぱり期待されていない千早。しかし、誰も太一のことを突っ込まないよね、不思議なくらい。そして、クラスの女子に纏わりつかれている太一に視線を向ける千早の構図に紅葉が。