chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第113首 いざ三本勝負

猪熊は富士崎高校で桜沢先生と練習。猪熊の”感じ”は既に最盛期のものではない。練習を終えて新幹線で帰宅途中に搾乳しないと胸は張るし、まだ乳児の子が高熱を出したとの連絡も来ている。

西の代表 逢坂さんは18歳 現クイーンは17歳 34歳の私が勝つにはどうしたら? ねえそれ 子供より大事なこと?

太一は部室で新の配列を研究。

「原田先生 そんな 傷口に岩塩をねじり込むようなこと……」

大江の言うことに、「あいつ絶対ドM」とは西田。花野と筑波も同じ白波会として配列を覚えようとしているし、そんな外野のことはどこ吹く風で配列表と睨めっこの太一。

友札はたいてい分けて置いてる M音の「め」「む」も左右に分けて…… 渡り手……

千早は和菓子を手にし、筑波や花野に「A級じゃないならあげない」と目つきまで周防の真似。

どーしよう ここに バカがいる――

皆と共にドン引きしていた太一も、何故か「かるたしよっさ……」と新の真似。

えー バカ 増えた――!!

というわけで、千早と太一による、なりきり周防久志と、なりきり綿谷新の対戦。千早はまるで周防のように押さえて行く。太一は取られてばかり。

いいよな そんなことができるやつは 心折られないようにするんで精一杯だよ

いや、新なら「精一杯やー」と福井弁になるのだろうが、新なら言わなそう、と太一は考え直す。新はこう言っていた。

同じくらいの”感じ”を手に入れるのは難しくても 早く取る方法はいくらでもある

「ももしきや」の札を取った太一に、西田が感心する。

「不格好だけど 真島 渡って取ったな! 綾瀬は当たり札の『もも』にまっすぐ行ったけど 真島は『もも』も『もろ』も両方払う気で行ってるから 一字目で勝負にいける」

 

渡り手は磨けば、”感じ”のいい人と、同じ条件で取れる方法。太一は素振りで確かめる。

前半から猛スピードでこれを…… 「手元で音をしっかり聴く」って基本とはまた別の 難しい 種類のちがう武器……

 

名人位クイーン位挑戦者決定戦。猪熊は袴を着て準備を整えていたが、子がおっぱいを欲しがり泣き始めた。ミルクを作ろうとするが焦ってお湯を零してしまい、泣く子を抱くことしか出来ない。

かるたなんて 子供より大事なこと…?

そこに大江母登場。着物のプロの助けで無事授乳し、猪熊は気を持ち直す。

観戦者席で、自分が出場していないことを後悔し、身悶えする千早。袴姿の新が通りすがりに、千早の頭にトンと触れて行く。それに気付いて見る太一と、新を見上げる千早。

夢や いつか名人になる

子供の頃にそう言った新。

いざ 三本勝負

 

ちはやふる(21) (BE LOVE KC)

ちはやふる(21) (BE LOVE KC)

 

 

memo

なりきり周防久志と、なりきり綿谷新。千早にも笑ったが、太一も意外とノリが良いなw 登場する札は 「きりぎりす」 「みせばやな」 「あらしふく」 「しらつゆに」 「つきみれば」 「ももしきや」。

第21巻終了。巻末は、千早母と大江母のちはやふる杯レポ、体育祭リレー条件交渉に燃えるかなちゃんの四コマ漫画