読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第115首 証明する義務がある

新は自陣右を原田先生に狙わせて、他の三か所を拾う作戦。札を動かし、自陣右がだんだん薄くなって行く。皆が新の上手さに唸っている。

やはり 打倒周防久志の一番手は 綿谷新

翠北会の北野先生が原田を嫌う理由は、31年前の出来事にある。牧野読手の読みで名人戦に向けて調子を崩したくないからと、原田が棄権して北野に勝ちを譲った。北野にとって彼女はマドンナだったのに、そのことを慰めた男と結婚してしまった。彼女は原田への恨みを忘れず、その後専任読手になるが。

人の人生をも簡単に変えるエゴイストは ここで負けるべし

猪熊は苦戦。お手つきをし、「ちは」の札を送られて逆上。しかし、逢坂は高校生だ。

ちがう 知らないんだ 私の旧姓が「千原」だってこと もう私の時代じゃ ないってこと――…

新は敵陣の一字決まりを抜くのが速い。栗山先生も納得顔。

当然や 新くんも 最終目標は周防久志 一字決まりが 27枚とか28枚とか言い切るやつが相手や 「むすめふさほせ」必ず取るって練習してきたんや その結果の超加速 いけるぞ 新くん!!

原田の確認ぶりを見て、新がまた札を動かす。千早はその柔軟さに驚く。自分がやったら絶対、原田に怒られる。

千早ちゃん 定位置は動かすな! 動かすときは理屈をつけなさい 動かさなければそれだけ取れるようになるから

原田も巧みに札を取っている。北野も見入る。

腕を極力動かさず 慣性をつけず 決まり字で 自由に 身体がよく動く若者には できんかるた…… 綿谷くんに勢いがあっても 差がつかない

新はまた速い取り。

でも メガネくん 君も 全部をその速さで取れるわけじゃないだろう? もう 長いこと「先生」なんだ 証明する義務があるんだ

「よし!! はいったあ!!」という雄叫びが上がり、一勝目は原田。その後、猪熊も二枚差で辛勝。両方ともベテランの勝利。

かるたは 若さでも 勢いでも ない

北野も原田に感服。しかし……

「あ すみません 2試合目 棄権します」

原田の宣言に、皆驚愕。引き上げる原田は、因縁の牧野読手に声を掛ける。

「3試合目は牧野さんの読みなんだろう? 私はいまは 2試合目の五十嵐さんより 牧野さんの読みのほうが好きなんだ」

涙を浮かべる牧野。しこりは解消された。が、青筋を立てる北野。

応援なんぞ…… 絶対せん!! くたばれ 原田~~!!

一方、原田が棄権のため、何もせずとも一勝貰った形の新は屈辱感でいっぱいだ。栗山や村尾も声を掛けられない。そんな新に、太一が見ている中、千早が近寄って何やら耳打ち。

 

ちはやふる(22) (BE LOVE KC)

ちはやふる(22) (BE LOVE KC)

 

 

memo

26歳、若き日の原田先生が。北野先生は単純で面白いな。読まれたのは 「かささぎの」 「たかさごの」 「めぐりあいて」 「たまのおよ」 「おぐらやま」 「あきかぜに」 「かぜそよぐ」。原田先生が一勝目を掴んだ札は 「あいみての」。第111首で新が西日本代表を決めた札と同じだ……