読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第118首 最後の最後は

痛む膝を抑え、立ち上がる原田先生。

膝をかばいもせず 策もなく取り合っとった 夢でも見てたか 飲まれた…… こんな17歳がいるのか

新に自陣を抜かれる。

『偉大な先人の物真似をする若僧』 ……そう思えるかと思ったのに ちがうな 本物だ どこに動かしても取れる柔軟さ バランスの良さ…… どうやったら勝てる……? どうやったら

太一も汗しつつ考える。

先生 なんで そんなに懸けられる? 「青春全部 懸けたって 強くなれない? 懸けてから言いなさい」 懸けてきたからこそ 怖いんだ なにも残らなかったら? 悔しさしか残らなかったら――

北野先生は回想する。原田は確かに名人戦に挑戦した頃は強かった。医大での研修期間で練習どころではなく、負けてしまったが。その後、医者になってすぐ、練習相手のいない沖縄に赴任。木のかるたしかない北海道に赴任。東京で開業医になった頃には……

音がつかまえられない まえのように反応できない 37歳 ”感じ”の才能はもう翳りを見せていた

原田は痛みを堪え、勢いつけて転がりながら札を取る。散らばった札を、新が拾う。

みんながみんな 才能にあふれてるわけじゃない

若かりし頃の原田先生に、かるたをやろうと寄って来た子供達。

みんながみんな ”感じ”がいいわけじゃない

違う武器を探そうと思ったのだ。

白波会は ”感じ”の悪い人が 強くなるためのかるたを――

室内の観戦席に戻る千早。食い入るように試合に目を向ける千早に、圧される太一。

小学生の私なら

千早は、小学生の自分が無邪気に新を応援している姿を想像する。

中学生の私なら……

いつも話を聞いてくれて、白波会で待ってくれていた原田先生を思い浮かべる。

高校生の私なら

応援に力が入るあまり、太一の肩を鷲掴みする千早。太一も必死の形相で戦況を見守る。

原田先生 がんばって 先生 先生 がんばって

白熱する応援席。真正面を見据える原田。

メガネくん きみにも味方はいるだろう 綿谷先生もいつもきみの側に立つだろう でも 最後の 最後は

 

ちはやふる(22) (BE LOVE KC)

ちはやふる(22) (BE LOVE KC)

 

 

memo

挑戦者決定戦って11月末なんだよね? 12月生まれ設定の新はまだ16歳ですよ、原田先生! まあ、高二=17歳のイメージだし、誤差の範囲内だけど。

太一の「懸けてきたからこそ 怖いんだ なにも残らなかったら? 悔しさしか残らなかったら」で千早のワンカット。小学生なら、中学生ならと自己分析する千早が「高校生の私なら」のコマで描かれているのは太一。

読まれた札は 「あまのはら」 「あしびきの」 「よをこめて」 「こころあてに」 「なげきとて」 「ちぎりきな」。新が抜かれた一字決まりは 「すみのえの」。最後に払われたぼやけた札は 「たまのおよ」だが……

第22巻終了。巻末四コマ漫画は、かなちゃんの体育祭リレー必勝作戦。