読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第122首 試合で曲がらなかったやつを言葉で曲げないでくれ

千早は周防を前に、世界が歪むような感覚。

偶然だと思ってた 枚数差を調整して狙うってことは 取れるのに取らない札があるってことだ 相手のミスも数字のために誘うってことだ そんな選手がいるなんて そんな人が名人だなんて

須藤は千早の様子を伺う。

綾瀬みたいなバカまっすぐタイプは呑まれて終わりだ そうそう自分のペースに持っていけねえ だから名人なんだ

と、人のことより。須藤は太一と対戦中。

こいつ…… こんなかるただったか? 器用にいろいろこなすやつだったが まさしく器用貧乏だったのに 落ち着いてきてる……

太一の関心は周りの皆。

須藤さんも 小石川さんも 周防名人までいる練習場 前向きじゃねえといられない環境だな

ふと千早に目を移せば、27対13という大差で負けている。お手つきが多くないとならない数字。太一は周防の横顔を見る。

そういう 魔法……

読手の女性も、千早を見ていた。

見てて気の毒なくらい翻弄されてる 元々速い子なんだろうけど ”感じ”がいいぶん よけいフェイントにひっかかってお手つき……

千早は、名人戦で周防と対戦した武村の様子を思い出し、一旦立ち上がった。

周防さんになりきろうとしたとき なにを感じてた? 小さな声は相手に近くに寄ってもらうため 小さな音と生きるため 正確な位置の把握 押さえ手…… 耳だけの人間になるため

途中ラッキーな取りに違和感を覚えながらも挑み続けるが、14枚差負け。周防が急に大きな声で「ははっ」と笑った。一転、いつもの小さな声で千早に言う。

「君 おもしろいね かわいくて 前向きでへこたれなくて 友達も彼氏もいて クイーンにもなりたいの? なれないよ」

周防が立ち去る。その腕を、太一が掴んだ。ちなみに、太一と須藤は、須藤の二枚差勝ち。ギリギリで須藤が悔しがっている。

「次は おれと取ってください 名人」

太一の申し込みを、周防は断る。

「やだよ やる義理ない ていうか 君は憎い」

太一は周防にとらやの羊羹を差し出す。周囲は感銘を受ける。出世を予感させる男……!

 

太一は周防に、千早に言った理由を問う。周防は口を歪めて答えた。

「まっすぐな子って 曲げたくなる」

目の色を変えて怒る太一。

「試合で曲がらなかったやつを 言葉で曲げないでくれ」

 

千早はB級選手に負け。太一の対戦も終了。部の女性が状況を見ていた。

0-14で 周防さんの勝ち これは狙った数字 でも あの子 お手つきは一度もしなかった そんなのいつ以来? 周防さんがきっちり25枚取らされた

 

千早と太一は帰途に就くが、太一が忘れ物をしたからと一人で戻り、周防に感想戦を願い出る。

「やだよ やる義理ない そもそも 君は憎い 彼女と帰れ」

太一はちょっと頭を下げる。

「…… ほんとは彼女じゃないんです 虚勢はりました すみません」

周防は太一の肩をがしっと掴んだ。出世する……!

 

千早は帰宅途中、原田先生の自宅に寄った。

「原田先生 私―― わかった気がするんです 周防さんの 弱点」

 

ちはやふる(23) (BE LOVE KC)

ちはやふる(23) (BE LOVE KC)

 

 

memo

繰り返される「出世する」www 周防が千早に「クイーンになれない」と言った理由は、単なる意地悪と捉えて良いのだろうか。読まれた札は 「こぬひとを」 「ゆうされば」。