読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第124首 名人戦なのに勝つ気がない

名人位・クイーン位決定戦。観戦席を見回しても新の姿が見えない。緊張気味に電話をする千早。電話の相手を察して、目を背ける太一。新は風邪で寝込んでいた。新と話すと「好きや」の言葉を思い出し、顔が赤くなる千早。

好きだって言われた日から 指先とお腹がいつもあったかくて 変なんだよ 新のせいで変なんだよ もし会えたら 全部燃えそう

原田先生は挑戦者なのに十度目の防衛に来たような貫禄。一方、周防は髪も髭も伸び、素浪人のような風情。若宮はスノー丸ガールフレンドの髪型で、他観衆には受けが悪いが、千早だけは若宮の本気を感じる。猪熊は優しい落ち着いた顔。

暗記時間中に千早が廊下に出ると、電話で世間話をしている周防に遭遇した。暗記時間残り二分なのに、原田先生は本気なのに。

いやだ いやだ あんな人が名人なんていやだ 原田先生が勝っても もし負けても 周防さんは引退だ よかった

よかった?

いやだ 近江神宮でこんなこと思うの? 私 いやだ

観客向けに札の配置をボードに貼り出す係、札ボーイと札ガールは同じかるた会の後輩や友人に頼むことが多い。原田先生は坪口、周防には須藤、猪熊には桜沢先生。若宮には昔所属していた会から結川が派遣された。千早はその立場を思い描く。

私… 私が挑戦者になったら だれに頼もう……? かなちゃん? 菫ちゃん? 男の子でもいい? 肉まんくん? 机くん? 筑波くん… 太一…… ああでも 太一は 名人戦に出てるかも

千早は想像する。太一と新、自分と若宮が、それぞれ向かい合って座っている光景を。

夢なの 憧れなの この場所は

序歌が始まった。

ここで見るのは 最高のかるたであってほしい 最高の

一枚目を取ったのは、原田、若宮。太一と須藤が周防を見て感じたのは……

ない… 名人戦なのに 勝つ気がない

 

ちはやふる(24) (BE LOVE KC)

ちはやふる(24) (BE LOVE KC)

 

 

memo

新って風邪っぴき体質? 小学生の時といい。登場した札は、陣決めでの 「あきのたの」と 「なにしおわば」、 「よをこめて」と 「めぐりあいて」、一枚目の読み札 「おぐらやま」。