読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第125首 勝ち星さえコントロール

若宮は着物の袖が邪魔そうだが、いつもの通り。猪熊もブランクを感じさせない取り。動きの速さと正確さの若宮、誰よりも速く聞き分けられる”感じ”の猪熊。クイーン戦は17-17の互角。

周防が妙な体勢で、クイーン戦を覗き込んでいる。観衆は意味が分からなかったが、太一や須藤は知っている。原田先生も気付いて青筋を立てる。

私相手でも 枚数をコントロールする気か この小童がっ

名人戦は15-20で原田リード。周防はクイーン戦のボードを見る。

今回はちょっと 嬉しい… かも?

クイーン戦は一進一退。猪熊が得意札「ちは」を取ってガッツポーズ。

なんや ムカつくわ 「ちは」にムキになる人 多すぎ…

若宮はそう考えながら、観客席に千早を見つける。これで公式戦初の運命戦となってしまったが、自陣の得意札「しのぶれど」を押さえ、一回戦はクイーン若宮勝利。

この札たちが 私を選ばんはず ない

悪質、悪質、悪質ってかバカだろ、バカ!! などと分かる者達が苛立つ通り、名人戦も運命戦となっていた。こちらは挑戦者、原田の勝利。周防名人の連勝を12で止め、初の黒星を付けた。原田は周防に、どういうつもりかと問う。

「べつに これで最後かと思ったら 長く座っていたくなって」

周防の調整がまさかの運命戦で失敗に終わった、と見る向きも多いが、太一と須藤の考えは違う。

ちがう ちがう…… 原田先生 周防さんは 勝ち星さえコントロールして 5戦目までいくつもりだ

 

ちはやふる(24) (BE LOVE KC)

ちはやふる(24) (BE LOVE KC)

 

 

memo

粗筋では触れなかったが、解説役の天然ちゃんがうざい。読まれたのは 「ながらえば」 「ひさかたの」 「あらざらん」 「こころあてに」 「たれをかも」 「しらつゆに」 「これやこの」 「むらさめの」 「ちはやぶる」 「しのぶれど」 「なにしおわば」。他に 「あまのはら」が飛んでいる描写もある。