読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第130首 数えてあげてください札を

周防が10、原田先生は9と、周防の凄まじい追い上げで五分となった。原田は厳しい局面だからこそ、基本に忠実に。作戦も頭の中で組み立てて。出札を百万回出ろと念じて。

気づいてないのか 周防くん クイーン戦のほうの残り枚数を 気にしなくなったこと やっかいだったミスを誘う動きより 取りを優先していること そして 押さえ手ではなく 払い手で取るように――…

周防に疲れが見え始めた。名人戦で初の四試合目だからだ。原田は日頃から連戦で鍛えてある。原田が札を送る。

運命戦を見据えての ”読まれない札”の可能性

しかし、集中したいのに膝が痛む。気付いた北野先生が、原田に座布団を投げて来た。

 

クイーン戦は若宮が残り二枚でリード。猪熊も食い下がっている。

札が… 猪熊さんのことも好きで そわそわしとる 気まぐれやからな 味方してくれるとは限らん 運命戦までいったらあかん せやのに楽しいな 2試合目とは大ちがいや 軽い 肩も

千早が締めてくれた襷に、祖母がくれた着物。祖母が畳に引いた線。そのラインの通り、素晴らしい取りで若宮のクイーン三連覇が決まった。

「猪熊さん 数えてあげてください 札を みんな あなたが好きで取られた子や」

 

周防は敵陣を抜こうとするが、守りが堅い。苦手な札ばかり送ってあった。名人戦は運命戦となってしまう。太一が頭の中で確認する。

まだ読まれていない札は5枚… 「しの」「こい」「なにし」「なにわえ」「なにわが」

場に残ったのは、周防側の「なにわえ」、原田側に「なにし」。

 

ちはやふる(25) (BE LOVE KC)

ちはやふる(25) (BE LOVE KC)

 

 

memo

読まれた札は 「もろともに」 「しらつゆに」 「こころあてに」 「あさぼらけ・あ」 「みせばやな」 「おおことの」 「ちぎりおきし」。試合展開は面白いが、そろそろ瑞沢メンバーのあれこれが見たい……