読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第133首 勝たなければいけない理由がおれにはある

太一が一人で高松宮杯に参戦すると聞き、驚く千早。皆が癇癪を起すと予想していたが、千早はがっくり項垂れ、顔を覆う。

「い…… 言えないのが 太一 なんだよね…」

修学旅行の時以来、二度目の「抜け駆け」。大江がきっぱり言う。

「そうです 言えないのが 部長です でも そう思ってしまったら 考えることも止まっちゃうから 千早ちゃんは考え続けてあげてください なんで なんで って――…」

千早の頭に浮かぶ、太一の背中。

なんでなんで なんでなんで

涙を浮かべながら、太一のことを考える。背中を向けて歩いて行く姿。

なんで太一 いつも一人で

新が現れる。太一の正面に立っている新―― 千早は思い至った答えに顔色を変えた。

 

太一はホテルの部屋でコンビニ飯。テレビでは若宮のインタビューが流れている。

どう戦う? どう戦う? 来年のことなんか考えられない ”おれが倒しにここに来るんだよっ” 原田先生はおれの師匠なのに あれを言うのはおれでもよかったのに

荷物からかるたを取り出し、床に並べて練習する。

新と当たって 気負わずにいる 自信がねえ どう戦う? 新と 自分と

 

翌日の東京、新春かるた大会。大江は本気モードで着物姿。筑波も着物姿。

「D級の花野なんか敵じゃないけど 瑞沢かるた部の新部長の座を確実なものにするために 今日優勝してB級になってやるんだぜー」

千早も着物姿。

なんで なんで太一 なんで なんで なんでなんで

そう考えながらも、決心する。

太一は 太一の戦いをしてるんだ 片付けないままで やろう 私は 私の戦いを

 

同日、滋賀県近江神宮の近江勧学館にて高松宮杯。新は周防名人に宣言したことで注目の的。人混みの中に、新は太一を見つけた。その周りを見回す。

「おれだけだよ 残ったの」

太一は擦れ違いざまに、もう一言。

「よろしく」

目を合わせなかった。高ぶらせながら互いに思う。

勝たなければいけない理由が おれにはある

 

ヒョロの対戦相手はもやっとする女の子。取りでもめた。

「あ いまの私の取りですよね こう 私が この角度で触れたのが早くってー… あーまずそっからですか あーわかんないですか そっかそっか あー じゃー まーいいですよ アハハ」

千早の対戦相手は、その女の子の兄、田丸。千早が取った札を拾いに行く。

「あっ え あー いや…… んー まあいいや あとでまとめて指摘するから 続けよ?」

観戦者にも田丸兄妹のウザさは有名らしい。千早は「変わったタイプの人」と不思議に思って見ているだけ。落ち着き払った様子の千早を見て、田丸兄は焦りを覚える。

なんだ こんな細い子なのに 軸が おれより 太い…?

千早が札を軽く取る。

詩暢ちゃんの 崩れる姿 立ち直る姿 原田先生の情熱と 周防さんの強さ 新の決意 太一の挑戦 ぶつかって変わってく 私も 始めることができるかな 新しい一年を 一日を

D級の試合はないので、花野は見学のみ。

真島先輩だけがいない なんでだろう 一年が始まったのに 終わりの方が 気になるなんて

 

近江勧学館にトロフィーの発送手続きのため訪れた周防。ベスト8まで出揃ったメンバーの中に、新を見つける。太一や村尾の姿もある。

猶予は一年

太一と新の対戦が決まった。

1年 364日後 笑っているのは だれだ

 

ちはやふる(25) (BE LOVE KC)

ちはやふる(25) (BE LOVE KC)

 

 

memo

ホテルで一人練習中の太一の手元の札で 「ちはやぶる」と 「ありあけの」が描写されている。何気にそれって、振られ男の歌なんですが。試合当日に太一を見つけて辺りを見回す新は、やはり千早を探していたのかな。そんな新に冷静な太一。

今回限りで退場を願いたいところだが残念ながら、田丸妹は第139首にて再び出現。第25巻終了で四コマ漫画は、部員達のきょうだい。菫の弟、葵登場。