chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第138首 ずっとずっと小さいころから

千早は太一に見入りつつ、かつてイメージした背中を向けて歩いて行く太一の姿を重ねる。

なんで なんで 太一 なんで なんで いつも一人で なんでなんで

太一が畳から身体を起こし、千早に真剣な表情を向けた。

好きなんだ 千早が

ぶわっ……と、まるで水の中にいて水圧で身体が揺れたような感覚。千早は驚いたように太一を見ている。その表情に、太一は千早の答えを覚悟。僅かに顔が曇る。

うそだよ うそだよ うそだよ

そう言って取り消すことも可能だが、太一は真摯に言葉を紡ぐことを選んだ。

「千早 の 伸ばしたことのない 爪が好きだ 指が 髪が バカみたいに大きく開く口が 笑ってる顔が ずっとずっと 小さいころから」

小さいころ。千早が思い浮かべるのは、小学生の自分と太一と新が一緒に歩いて行く姿。小学生の新……。三人でかるたの練習をしている様子……

太一は視線を外し、目を閉じた。

でも 全部じゃねえよ 新のこと 考えてるときの 千早だけは

千早は、新に告白された時のことを思った。

新は? 新は?

新はこう言った。

『気が向いたら 一緒にかるたしよっさ 一緒に』

頭を下げて、こう続けた。

『生きていこっさ』

 

学校のチャイムが鳴る中、千早が振り絞るように口を開いた。

「―― ――」

太一は正座して聴く。

「――」

最後の一言を聞き終え、「うん」とだけ言い、俯く千早を残して立ち上がる。

なにやってんだろ おれ 自分だっていままで だれの気持ちも受け取って来なかった チャイムに消えるような 千早に出せんだ あんな小さな声 ”感じ”悪いから聞こえねーよ

千早の言葉は――

「ごめん」

太一は部室を出て、立ち止まる。降って来たかるたの水たまり。黒く塗りつぶされたかるた。

千早はカーテンを抱え、座り込んだたまま。黒く染まったかるたが降り注ぐ。

 

日は変わって、部の練習試合後に笑顔で皆と接する太一とは対照的に、正座したまま畳に視線を落とす千早。部員皆で下校する時も、新入生部活紹介スピーチの話し合いに笑顔を見せる太一。

太一のクラス担任の新海太一先生が、実力テストの結果票を配る。顔面蒼白となった駒野が「理系総合順位1位」という結果票を西田に見せに行く。駒野が一位ということは、太一は二位以下。

「真島 大丈夫かな? かるた部 お母さんに 辞めさせられないかな?」

勿論、土下座でもストでもして断固反対、と震えていると、太一が肩を組んで来た。

「二人とも いい? 相談」

 

新入生歓迎部活動紹介。出番前なのに、太一が来ない。宮内先生が原稿を訂正しに来た。

「…… 真島くんから退部届をもらいました 受験勉強に専念したいと」

目の前が暗くなる千早。西田達がスピーチを変わると言うが、千早はマイクを取る。しかし、部員数を口にしたところで詰まってしまい、泣きながら退場。スピーチの続きは大江がこなす。

千早は路上で太一を発見。太一の腕を掴んで引き留める。

「太一 太一 いやだ 太一 いやだ 退部なんて いやだ いやだよ 太一っ いやだあっ」

太一の腕を掴んだまま、泣き崩れる千早。太一は千早の身体を引っ張り上げ、もう片手で千早の頭を引き寄せ唇を奪う。離れて両手を肩に置き、目を見て言った。

「千早 おまえはおれが 石でできてるとでも思ってんのか」

涙に濡れた目を向けて来る千早を見て手を離し、自嘲気味に言う。

「やれねーよ かるた いま 百枚全部 真っ黒に見えんだよ」

かるたをする小学生の時の三人、二人で部室に畳を運び入れた時のこと、全国大会で近江神宮に行った時のこと、吉野会大会で二人が対戦した時のこと……

全部 全部 全部

背中を向けて歩いて行く太一を、千早はその場で立ち尽くして見送るだけ。

 

ちはやふる(26) (BE LOVE KC)

ちはやふる(26) (BE LOVE KC)

 

 

memo

新の告白は第119首。「一緒にかるたしよっさ」の後、無声映画のように新の口元が僅かに動いたり顔を隠したりしているので、その場面で「一緒に生きていこっさ」と言っているのだろう。「好きだ」だけで十分動揺しそうな千早だけれど、これならすぐ返事出来ないのも納得。

同じパターンで、千早の最後の台詞部分「――」は「ごめん」のようだ。その前の「―― ――」でも何か言っていることを示唆しているが、「なんでなんで」の答えとして、次回出て来る「私が太一の心を粉々に砕いていた」ことへの謝罪かな。但し、全てをちゃんと聞き取っていない太一は「ごめん」で「振られた」と受け止めた?

「なんでなんで」の太一イメージ元は第133首。千早に降って来た黒い札は殆どがぼやけており、判別出来るのは 「なつのよは」と 「なげきつつ」くらい。要するに月や夜の歌だが、第141首第142首でそれらを背景にした話が登場する。尚、太一に振って来た札に、文字は描かれていない。

担任の新海太一先生の名前が、苗字も新に海(わたのはら)というのも意味深。太一という名については第136首でも触れられていたので、いずれ由来が語られることになるのかも。

太一の「相談」は、第136首で千早がかなちゃん達に「相談」した時と違い、背中側しか描かれていない。最初と最後が背中を向けて歩いて行く太一というのも、対になっている。

第26巻終了。巻末四コマ漫画は、葵は哲学体質、菫は恋愛体質。