chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第14首 二人のもの

六月、全国高等学校かるた選手権大会東京都予選。本選は七月に滋賀の近江神宮で行われる。瑞沢かるた部は皆、袴姿で参戦。千早はかるた選手ばかりが集まる会場を見渡し、新に知らせようとメールを打ち始める。ただ、千早は新のメールアドレスを知ってから頻繁にメールを送っているものの、返信が来たことはない。そもそも千早のアドレスも教えた筈なのに、太一の携帯に誕生日メールが届いたのが疑問だ。太一の胸の内はこうだ。

おれはわかる なんとなく おれたちはどこかで 千早のことを 「二人のもの」だと思ってる

他行生徒が袴姿の千早を撮影するのを、太一が遮る。千早はそんな太一の背中を見て思う。

最近 太一がなんか変だ なんか変だ いつの間にか

千早はヒョロと再会。ヒョロは五年連続で全国大会に出場している北央学園かるた部で、1年生ながら8人の登録メンバーに入っている。幸いにして瑞沢は北央とは別の予選リーグだが、全国大会に行けるのは一校だけ。

一回戦。千早、太一、西田が早々に勝ったのを見て、駒野は焦る。相手チームで一番強い選手と当たったので運が悪かったと、太一は慰める。西田は太一と北央戦オーダーについて、三勝するための議論。その間、千早はまたメール。西田が大江に説明する。

「あれだろ? 綿谷新だろ? 綾瀬にかるた教えたやつだよ 超強ーの そいつ いま福井なんだけど 綾瀬 全国大会でそいつに会いたくて かるた部作ったんじゃねーのかなあ」

大江は千早が置かれている状況を想像して「せをはやみ」の歌を詠む。太一は二試合目へ向かおうと歩き出す。その背中を見て、感じるところがある大江。それとは別に静かに考え込んでいる駒野だが、配列表を見て気合を入れ直す。

しかし、駒野にとって、試合は散々。千早の払った札が顔に飛んで来るし、大江は初勝利を挙げ、自分一人だけが負け。

三戦目も三勝二敗で乗り切って予選リーグ突破で、次は決勝トーナメント。盛り上がる皆を前に、駒野は試合を放棄して帰りたいと言い出す。

「だって… 僕がいなくても勝ち星は足りてるし 1勝もできないし…」

大江は気にしないようにと宥めるが、駒野はその大江にも調子に乗るなと放言。

「楽しそうにやってるけど 大江さんだって 全国大会に出るための数合わせなんだよ だれでもよかったんだ 大江さんじゃなくても 僕じゃなくても」

千早がそれは違うと否定するが、駒野は指摘。

「違わないよ 全国大会出たいんだろ? 全国大会で会いたいやつがいるんだろ!? そのことばっか考えてるじゃん」

帰ろうと立ち上がった駒野に、太一は冷静に厳しく言い渡す。

「…駒野 一試合だけ休んでいい 決勝戦には出てもらう 部長命令だ」

千早は反対するが、太一は抵抗する千早の手を引いて会場に向かう。

「駒野が悪いんじゃない おれたちは かるたをしてるときはまだ”個人戦”の気持ちでいる まだチームになれてないんだよ とにかく勝って 決勝に進む 4人で絶対3勝以上だ 駒野とまた戦うために」

太一は千早の肩を叩く。

「千早 おまえだけは 絶対に負けるなよ」

その言葉が千早にズシンと圧し掛かった。

 

ちはやふる (3) (Be・Loveコミックス)

ちはやふる (3) (Be・Loveコミックス)

 

 

memo

リーダーらしく部長命令を出す太一が見所。試合中に読まれたのは 「あまつかぜ」 「たきのおとは」 「わすれじの」。