読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第141首 かるたを好きじゃないのに

大江は田丸の提案通り、総当たり戦を繰り返して予選メンバーを決める参考にすると宣言。あくまでも参考だ。西田は千早はかるたバカなので戻って来ると楽観している。筑波は千早に加え太一も戻って来ると信じ、自身こそエースになってやろうと張り切る。花野は憂慮していた。

綾瀬先輩の あの ポロポロと崩れ落ちそうな礼…… 待ってれば帰って来るって言える…? どーなるの東京都予選……

そんな部の様子を、西田姉が窓から覗いていた。

部の要の部長と 馬力のあるエースが そろって部を去るなんて ラッキー

 

千早は暗記が得意だからか、日本史の追い上げが凄いようだ。がりがり勉強中。

私が かるたをしてないなんて こんな日がくるなんて

かるた部のメンバーの顔が浮かぶ。

みんな みんな みんな 太一……

 

太一が通う塾で、周防は小論文特別対策講座の講師をしている。

「僕は器用でしたので 予備校に行かずとも東大にはいれましたが 青春ぽい日々はなくて…… まあ 君たちのこともザマァ(笑)と思いますよね」

マイクを使っても聞き取るのに苦労するような小さな声で、泣いてみたり、自慢なのか、愚痴なのかと、混乱する塾生たち。

「でも ある日 気がついたんです 『青春』という文字の中に『月日』があったこと とたんに青春が惜しくなりました 自分の中に青春を探し始めました」

聞き入る太一、塾生たち。

「言葉には 力が確かにあることを 忘れないでいてください」

塾帰り、勉強しながらハンバーガーに噛り付く太一。原田先生の言葉が浮かぶ。

青春全部懸けたって強くなれない? まつげくん 懸けてからいいなさい

周防の授業と照らし合わせる。

”言葉には 力が確かにあることを” ”力”…… 呪いだ

太一に同じ塾の女子生徒が声を掛けて来る。店内が騒がしいだろうからとイヤホンを差し出されるが、それを突然現れた周防が取り上げて女子生徒に返す。かるたを取る者には耳が大切なので、守ってくれたというわけだ。そのまま立ち去った周防を、太一は追い掛ける。

「君は かるた部はやめたの?」

周防の問い掛けに太一が「はい…」と答える。

「ふうん えらいなあって思ってたよ あんな かるたを心底好きな人たちの中にいるのは きつかったよね 君はかるたを好きじゃないのに 好きじゃないのに すごくがんばって えらいなあって 思ってたよ」

その言葉が、真っ黒に染まったかるたのように、太一に降り注ぐ。

好きじゃない 好きじゃない かるたを 好きじゃない 好きじゃない そんなこと認めたら そばにいられない

かるた部のメンバー、筑波弟達、原田先生、坪口、ヒョロ、新、そして笑顔の千早……

「それでも耐えるくらい 好きだったんだね あの人たちが」

周防の言葉に、太一は泣くのを抑えられず口を覆う。周防は尚も続ける。

「いいんじゃない 僕も かるた 好きじゃないよ」

太一は涙が止まらない目で周防を見上げた。月を背負った周防は皇帝のよう。

なのに 畳の上では 無敵

周防は「じゃあね」と去って行く。太一も再び歩き始める。

どうするつもりだ どうするつもりだ こんな天才について行って でも おれをずっと励ましてくれてた あの言葉を あの毎日を 呪いにしたまま生きていくなんてできない

太一は周防の後を追う。

"まつげくん 青春全部 懸けてから言いなさい"

 

ちはやふる(27) (BE LOVE KC)

ちはやふる(27) (BE LOVE KC)

 

 

memo

日本史といえば、太一と新が高松宮杯で対戦する第一三四首の扉絵で新が手にしていたのが「日本史事典」なのだけれど、関係あるのかな? 千早と新の進路が偶然にも同じとか?

太一に振って来る何枚かの黒いかるたのうち、大きく表示されているのは恋の浮き沈みを歌う 「みかきもり」、寒さが身に沁みる 「みよしのの」で、他はちょっと分かり難い文字サイズだが 「しらつゆに」 「みちのくの」 「しのぶれど」 「こころにも」など恋に関連する歌ばかりのようだ。

名人防衛後に「楽しかった」って思ったんだよね、周防さん。太一については第62首で、白波会に入会した菫が「だって かるた 楽しいじゃないですか」と言った時、太一が微妙な顔をしている描写が既にある。ただ、千早がA級昇格戦に臨んだ第7首で、窓に手を当てて見入っている表情は、千早だけじゃなくて、かるたに心を奪われているようにも思える。確かに楽しめてはいなかったかもしれないけど、根っこのところでは好きと言えるのではないのかな。