chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第143首 周回遅れのチーム作り

新は知らされた情報にショックを受ける。

太一と千早がかるた部を辞めた…!? そんなバカな まさか あの二人が辞めた…!? まさか

理音に札を並べるよう促される。試合だ。しかも、相手は強い。日向が仲間に元気良く声を掛けている。面食らっているうち、新は理音にまた取られる。軽いノリで「理音、すげえ、ファイッ」と声を出す日向に気を削がれつつ最終的に勝利するが、試合後も二人のことで頭がいっぱい。

辞めたって… 本当やろか せめて それだけでも確認…… 本当やったら とんでもなく悩んでるってことや 千早と太一が……

二試合目、新は日向と対戦。日向は札に集中している。理音からか細い掛け声が上がった。今の富士崎には、実力とリーダーシップ両方を持つ生徒がいない。実力は理音、リーダーシップは日向と分かれているので、ダブルリーダーの形を目指しているのだ。強い新と対戦する場合、日向は勝負に集中するエゴイストに、もう一人の理音は声出し担当に、とは桜沢先生の指示である。

瑞沢は…… 圧倒的なエゴイストと 圧倒的なリーダーのチームだった 北央のあの子じゃないけど あの二人を欠いて どう戦うの 瑞沢は――

三試合目の相手はまたもや理音。三年生の新に、とことん三年生を当ててくる方針のようだ。藤岡東の三年生は新一人。声を出すのも自分の役目であろう。しかし、理音が強くて集中しなくてはならないし、自分まで負けたら話にならない。

滉が「と、取られたけどぉ、次は取るぞー」と声を出した。独り言にも取れるが、掛け声のつもりらしい。新が覚悟を決める。

「よし 声出すの慣れてないけど 練習させてもらいます 藤岡東 声出していくぞ!」

おっしゃああ、と仲間から声が返って来た。あっ、チームっぽい、と新は感じる。チーム――小学生の時の三人の姿が浮かぶ。

 

富士崎高校からの帰り道。新は頭の中でポイントを整理する。

瑞沢も 最初はこんなんやったんかな そんで富士崎に勝ったんやろう? 信じられん どんな練習したんや? 太一 千早 すごいことやが

しかし、桜沢先生からもたらされた情報。二人の姿を思い浮かべる。

なにがあった? なにがあった? なにがあった? なんでいつもおれは 遠い……

外は綺麗な夕日。部員が気付いて撮影し、メールを送るなどと賑やかになる。

周回遅れのチーム作り 千早と太一にもらったものを返すんや 二人とまた 同じ景色を見るんや――

 

千早にメールが届く。

弾かれるように 1年のころ 太一が言ってくれた言葉を思い出した 『新はかならず戻ってくるから 強くなって あいつを待とう』

メールの差出人は新、宛先は太一と千早。件名は「かるた部作ったよ」。近江神宮で会おう、と部員達の画像が添付されている。

太一も新からのメールを見る。周防から声を掛けられる。

千早はメールを見て、泣きながら決心。

太一はかならず戻ってくるから 強くなって あいつを待とう

 

ちはやふる(27) (BE LOVE KC)

ちはやふる(27) (BE LOVE KC)

 

 

memo

主要三人と、読手さんと苗字が被る理音や松林兄弟、特殊枠でヒョロだけを下の名前で表記するようにしているが、日向も誰だか分からんレベルだよな……。線引きが難しいが、やっぱヨロシコ部長も日向にしておくことにする。登場した札は 「はなのいろは」 「きりぎりす」 「むらさめの」 「やえむぐら」 「あらざらん」。

第27巻終了。巻末四コマ漫画は、葵は人気、菫は普通。