chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第148首 かるた強豪校にする

冨原西高校は強い選手が一人いるだけなのに、北央を相手に競っている。その唯一の子がヒョロを20枚差で負かした。瑞沢も朋鳴を相手に一勝し、やはり他は競っている。駒野は分析。

綾瀬が強くて一人で先に勝つなんて昔からのことだ その強さを孤立させないようにしてたんだ 真島は 自分自身の強さと声かけで…

西田も、駒野と同じように考える。

真島がいないんなら だれがやる? おれだろ

上手い取りを見せた田丸に、駒野が声を掛ける。

「田丸さん よく取った ナイス! 田丸さんなら連取いけるよ!」

しかし、先に駒野の「このくらいの褒め言葉、嘘でも言える」という言葉があったので、逆効果。田丸は動揺して、次の得意札を取り逃す。西田も相手ともめ、札を取れない。

坪口は自分の生徒達の戦いぶりを感慨深く見守っていた。部活をさぼってアイドルの握手会に行くのも青春だと許したし、文化祭には模擬店を、海近くの民宿で合宿もした。

わざと「青春」を多用した ”こんな日々はいまだけ” ”全力を傾けるべき時間は いま” みんな地味な練習にも よく耐えた

朋鳴チームの団結ぶりに、萎縮する瑞沢チーム。須藤は高みの見物。

去年 全国大会優勝校がずいぶんナメられてんじゃねーか っていうか あいつら優勝しちゃったから もう夢は叶えちゃったから ”全国大会優勝校”ってボール持って どこ行くの?って顔してるよな

千早は懸命に仲間に声掛けするが。

届かない 早く勝つ そういう強さが大事だと思ってた でも 届かない

西田、田丸、筑波が次々敗戦。駒野が最後に勝ったものの、瑞沢の一試合目は二勝三敗。

終了後、千早は走って部屋から出て行く。観客席が噂をする。全国優勝はまぐれ、ポッと出の高校は選手層が薄い、Tシャツの子だけ強かった、などなど。部員達は無言で立ち尽くす。波田が水を持って来る。それを奪って飲み始めたのは、袴に着替え終えた千早。

”真島の抜けた穴”

千早は皆を集め、力強く宣言する。

「みんな 一緒に部を作ってくれた真島太一は かるた部を辞めたけど 私はいつか戻ってくると思ってる 何年後か 何十年後か それまでに私はクイーンになる そして それまでに瑞沢を 北央学園みたいな かるた強豪校にする」

須藤には見えた。千早が”全国大会優勝校”ボールを――

あ 投げた すっげーー遠くに

千早の号令は続く。

「まずは 全国大会団体戦連覇! 個人戦1年も2年も3年も各階級優勝」

二試合目に向かう瑞沢チーム。その様子を見て、太一宛にメールを送るヒョロ。

東京予選決勝リーグ、瑞沢一敗。来いよ。 木梨

そして、会場内を覗き、肩を落とす太一母の姿が……

 

ちはやふる(28) (BE LOVE KC)

ちはやふる(28) (BE LOVE KC)

 

 

memo

読まれたのは 「よもすがら」 「たまのおよ」 「さびしさに」 「すみのえの」 「かくとだに」 「おおけなく」 「あわじしま」。第28巻終了で巻末四コマ漫画は、田丸の眼鏡、藤岡東と掛け声、新と翔二。