chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第156首 顧問引退はしないけど結婚はします

藤岡東は勝ち進んでいるが、直前に新に告白して「ごめん、好きな子がいる」と振られた山本だけは不調。即答する新が悪いと後輩に責められるが、仕方ない。

がんばってるやろか 千早…

瑞沢は千葉情報国際を相手に、四勝一敗で勝利。前年に続いて「来年も会おう」と言われたものの、千早はもう三年生。

「でも 瑞沢高校は来年もここに来ます よろしくお願いします」

きっぱり言う千早を見る仲間達。ちなみに、花野は団体戦で初勝利。

偵察に行っていた駒野が、桜沢先生結婚の噂を聞きつけて帰って来る。ちょうど富士崎メンバーが通り掛かるが、確かに元気がない。千早は田丸に、桜沢に挨拶に行こうと誘うが、田丸は断る。東京都予選で一回も勝てず、予選ブロックも出して貰えないのに、おこがましい。

しかし、決勝トーナメントで田丸はスタメンを宣告される。エースは温存、のパターンか? 自分がエース? と自意識過剰になりかけるが、三年生の背中を見て思い直す。

いいんだ だれがエースでも いいんだ

桜沢はロビーで電話をチェック。猪熊が陣痛、破水、と報告して来ているのだった。難産になっているらしい。祈っているところに、電話が掛かって来た。

「産まれたよー 桜沢さん やっと産まれたーー 桜沢さん 女の子よ 待望の 私の夢だったの この子に 桜沢さんの名前をもらうわ 翠よ 翠ちゃん 桜沢さんみたいな 強くてきれいな子になるわ」

祝いの言葉を淡々と述べて通話を切ったところで、千早が田丸を連れて来る。

「すみません 私 瑞沢の 田丸翠って言います うちの親が先生のかるたを大好きで 名前もらって――」

そこで桜沢が涙を流し始めた。ちょうど勝利を報告しに来た富士崎メンバーも皆驚く。

「なんなのよ… みんなして アラフォーを泣かせにかかって…」

桜沢は涙を拭きつつ、いつもの調子に戻る。

「富士崎は 準々決勝は勝ち抜いて当たりまえ 嬉々として報告しにこない 瑞沢のあなたも いまそんなこと言いにこない 次当たるんでしょ」

千早はストレートに質問。

「先生 引退&結婚の噂は本当ですか」

桜沢は毅然と答える。

「顧問引退はしないけど 結婚はします」

皆の悲鳴が上がったところで、次は準決勝。

 

ちはやふる(30) (BE LOVE KC)

ちはやふる(30) (BE LOVE KC)

 

 

memo

読まれたのは 「たれをかも」 「みちのくの」。起伏の少ない回。