読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第166首 あんたの敵討ったるわ

運営委員達が前日の団体戦で負けた新のことを話している。

団体戦向いてなかったってことじゃないですか?」

新は宿舎で爆睡する部員達に囲まれ、目を開けたまま仰向けになっていた。女子部員が起こしに来て、慌てて出発。部員達は夢に出て来た話をするくらいには元気そう。

「夢の中でずっと全部が『せをはやみ』の札で試合してました」
「まずメガネを払うって禁じ手に出てました…」
「ぼくなんか勝敗のかかった最後の運命戦で勝つ夢見ましたー」

新は先生に申し出る。

「おれ 個人戦出んと みんなの応援しようかと思うんです…」

 

藤岡東チームが会場に到着。滉と舜はB級会場へ急ぐ。二人は新の発言に驚いていた。

おれがみんなを部に誘ったのに なんの力にもなれんかった 団体戦は後悔することばっかりや せめて個人戦はみんなが実力出せるように 近くで応援したい…

そんな新を、先生が「応援など役に立たない」とばっさり斬ったのだった。

藤岡東は昨日のあれが実力や かるた以外はとことん不器用なおまえに たった3カ月でキャプテンシーが身につくか うちのことを思うなら おまえが狙うのは名人の座や! ”OBに名人がいる” 部にとってそれがどれだけ価値があるか

新は太一が書き残して行った「次は試合で」という言葉を思い浮かべた。

 

試合会場で千早が新を見つける。

私… 昨日 本当に新に勝ったのかな 神様みたいに思ってた男の子に どうやって勝ったのかな よく覚えてないんだ 新は覚えてる?

新と目が合った。千早は左手で自分を指しながら、右手人差し指を立てる。

だから 新 やろうね 今日 もう一回

黙って千早を見ている新の背後に、若宮がいた。新が負けたことは取材記者から聞いてある。

「『高校ナンバーワンは自分や』? よくもまあ そないなうぬぼれ 新 あんたのせいやで 潰したるわ」

 

C級会場にいる大江は袴姿。暑過ぎるだろう、レンタルか、コスプレ気分などなど、一人注目を浴びている。それも恥ずかしいが、千早に着物を着るよう頼んだことも恥じていた。千早は近江神宮では母に買って貰った着物を着たいからと断った。対戦相手がドンと音を立てて無作法に座るが、大江は流れるような所作で腰を下ろして一礼。その美しさに皆が息を呑む。

かるたは千早ちゃん 着物の世界に仲間を増やすのは 私の役目よ

B級会場には駒野と筑波。駒野の頭には西田から言われたことがこだましている。

全国大会終わったら つきあってって かなちゃんに言わねーの? 言わねーの? 言わねーの?

D級会場には花野や一年生部員達。宮内先生は三年生を気にしつつ、こちらの付き添い。

ああ 最後だなんて思っちゃだめ 永遠に続く今日のように 楽しむのよ のびのびと

 

A級会場では田丸が若宮と対戦するも、21枚差であっさり敗戦。ベスト8が出揃った。西田は北央の美馬、富士崎の理音と筑豊女の長谷川朱音、新と富士崎の日向、そして千早の対戦相手が若宮となった。若宮は不気味に笑う。

「ああ 怖い怖い 一番当たりたない人に当たってしまいましたわぁ 綿谷新を負かした女子選手やなんて」

千早と田丸は戦慄を覚えるが、千早は太一の「次は試合で」を思い、気を強く持つ。

太一が「次」を語る 目の前にはばあっと かるたの道が続いてる

若宮は千早を見据える。

潰す どんだけ無様な試合したか知らんけど 新 あんたの敵討ったるわ

 

ちはやふる(32) (BE LOVE KC)

ちはやふる(32) (BE LOVE KC)

 

 

memo

「OBに名人がいる」は太一にも当て嵌まるね。今後堂々とOB面するため、それで挽回して前回太一母曰くの「間に合った」と言いたいところ。尚、部員達のほっこりぶりも侮れない……というのが数話後に分かって来る。

千早と新の交流がもどかし過ぎる。数メートル歩いて直接話せば良かったものをジェスチャーなんかで済ませるから、詩暢が大誤解して燃えてしまったではないか。それよりも新の気持ちが気になる。千早のメッセージが正しく届いていない可能性があるどころか、千早に思うところがあるような表情。

千早にとって新は「神様みたいに思ってた男の子」で、太一のことは第104首で「ずっと一緒にがんばってきてくれた男の子」。神様みたいに「思ってた」と過去形なのは、第10首にて福井訪問時の手紙に「神様じゃなくて友達でいたいよ」とある通り、再会する迄の間だけを指すのかな。

筑波昇級は「じつはいつの間にかB級」の手書き補足文字だけで初出。第160首で「格上」に勝利したと褒められて微妙な顔をしていたのは、実は同等だったからか。