読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第171首 応援できないのがこんなに辛いなんて

6枚差で新をリードしている若宮。

新とうちに差があるとすれば 流れを呼び込む力―― そのくらいしか思いつかん 流れ… みんな簡単に言うけど 一人で練習しとるうちにはようわからん

千早は新を見守ることしか出来ない。

新… かるたは野球やサッカーとちがう 応援なんかできない そんなことわかってるのに 応援できないのがこんなに辛いなんて

 

駒野相手に連取するヒョロ。

取りたい あげたい 優華璃さんに おれの優勝のメダルを…!

ヒョロは集中しているが、リードは出来ていない。駒野は分析。

プレースタイルは必死で珍妙 ――に見えて ――慎重 初めての人は取りにくくても僕には効かないよ 僕だって今日は負けられない

 

新はいつものリラックスとは違うが反応は悪くない、と若宮は思っている。

でも 流れなんていう不確かなものに うちは振り回されんで 5枚差を永遠の差にしてやるわ

札を取られた新を見て、千早はぎゅっと目を瞑ってしまう。

新 なにもできない どんなに思っても 応援の声は出せない なんにもできない

苦戦している滉の背中を、新が叩いた。

「次は取るぞ」

更に声を張り上げる。

「藤岡東 行くぞ!!」

滉と観客席に座る藤岡東一同は、驚きながらもそれに応える。

「お おっしゃあああ」

これには千早も瞠目。マナー違反なので村尾に注意されながらも、新は瞳を閉じて考える。

イメージや あの部屋ではもう取らん たとえばいまは 団体戦の土壇場 1勝2敗の場面 滉とおれとで勝つんや おれら二人にチームの勝利がかかってる

次の「おおことの」は攻めにくい札だったが、新が鋭く取る。滉も取った。新は擦れ違いざまに滉の髪を撫で、千早に目をやる。

千早… あの部屋のイメージにい続けたら いま以上の強さは身につかん 離れたくない ずっとここにいたい 千早と太一とかるたした部屋でまたずっと でも 好きな子にかるたで負けて これまでの自分でいいなんて思えんのや

新は考える。

強くなりたい 強くなりたい 千早にも 周防さんにも

太一が置いて行った菓子折りの「次は試合で。」を思い浮かべる。

負けたくない

 

ちはやふる(33) (BE LOVE KC)

ちはやふる(33) (BE LOVE KC)

 

 

memo

扉絵に添えられた「その部屋は、今日までの道のりを約束した場所」という煽り文句のアパートで、前話同様に一人きりで畳の上のかるたに目を落とす新。様子がおかしいのは、告白にノーリアクションな上に、太一に神経が行ってる自分のせいだって分からんもんかね、千早さん。そして、ヒョロの好きな食べ物は春菊w いや、私も好きだけど、ピンポイントで挙げるかwww

読まれた札は 「やすらわで」 「あらざらん」 「なげきつつ」 「あまのはら」 「ほととぎす」 「なつのよは」 「ふくからに」 「かくとだに」 「あいみての」 「こいすちょう」 「しらつゆに」、冷たくなった相手への執着を詠う 「おおことの」。