読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第172首 自分一人では越えられん壁

新は若宮に「うか」札を送る。「うら」札と渡り手で取る作戦だ。若宮は警戒するが、新が狙い通りに「うらみわび(相模)」を取った。

「うか」「うら」を持たされたら 決まり字前に飛び出さなあかん そうなったら詩暢ちゃんはどっちの札に行く? なんとなく相模の方や そっちを先に潰す

若宮は「うか」は必ず取ろうと内心燃えているが、村尾は自分ならば捨てる考え。新に以前、渡り手で狙った札を片方取った後に何故もう片方も取れるのか、と訊いた。新はこう答えた。

なんでかわからんけど 片方になった瞬間 決まり字「う」になった瞬間 強く光る まったく新しい別の札が現れたようなイメージ

そして、新が「うか」を超加速で取った。新は払った札を拾いつつ、滉に「三連取」と小声で言う。若宮は着物の袖で札が乱れて苛々しながらも、次の一字決まり「す」を敵陣から抜く。若宮が札を拾いに行く間にも、新は滉に視線を向けており、また苛々。桜沢先生は分析。

捨て札を基本的に作らないクイーンは 取られたときのダメージもモロに受ける

村尾は見守っている。

新は違うんや ‘‘君が取る番や‘‘っていうときを作る

自分が取る番、君が取る番、自分が取る番――で新が「せをはやみ」を「せ」の半音で敵陣から払う。千早は衝撃を受ける。

半音…! さっき私も感じられた五十嵐さんの半音 S音

新は拾いに立ち、「せ」札を手にする。

この札は "自分が取る番"

伊勢先生は若宮を見詰める。

全部取ろうと思ったらかるたは負ける 相手のあることなんや "自分の番"をいかに増やすか

皆が試合に集中している中、若宮だけは札を乱す袖に苛ついている。新がチームを作ろうとしたことについて、管野先生は再度考えていた。

綿谷… おまえは強いのに 努力も才能も持って こんなに強いのに いつか当たると思ったんやろか 自分一人では越えられん壁に

 

B級では駒野が1対3で王手を掛けていた。

かなちゃん がんばってるかな 絶対がんばってるな 勝って言うんだ かなちゃんに 必ず

駒野が自陣の「たごのうらに」を払う。しかし、読まれたのは「たきのおとは」で、ヒョロが取った。まさかのダブで、2対1に引っ繰り返される。

一方の試合で、滉が勝利を決めた。

「ふ 藤岡東1勝!!」

新の表情がふわっと緩む。

その後読まれた「たごのうらに」をヒョロが敵陣から取って勝利。沸く北央応援団。俯いてタオルで顔を抑える駒野を見守る、千早と西田……

 

新と若宮の試合は運命戦となった。新の陣に「めぐりあいて」、若宮の陣には「はなのいろは」。若宮は札を見詰める。

中盤までの差が…… きっちり追いつかれた べつにいい 勝てばいい 強いのはうちや うちのところへきて

しかし、敵陣の「紫式部」だけではなく、自陣の「小野小町」までもが――

えー でもお この殿方もスキ…

札が二枚とも新の方を向いているように見え、若宮は蒼白。

うちには チームもない 味方もおらん 唯一の友達も 敵や 最悪の

最後に読まれたのは新の陣にある「めぐりあいて」だった。

 

ちはやふる(33) (BE LOVE KC)

ちはやふる(33) (BE LOVE KC)

 

 

memo

千早は新に勝ち、新は詩暢に勝ち、詩暢は千早に勝つ、という三竦み。机くんはかなちゃんが好きな札で優勝を決める筈が、結局それを自陣から取られて負けちゃった。特定の札への拘りは凶ってことだ。ところで、最後の札の配置は作画ミスかな。

伊勢先生の考えは、第121首で千早が周防と練習した際の「試合全体を見て、全部の札を取らなくても25枚先に取ればいい」と同じだね。前日から気力が低下していた新が覚醒して勝ったわけだが、第166首で後輩くんが「最後の運命戦で勝つ」と予言していたよ。

登場したのは「みちのくの」「よのなかよ」「うらみわび」、読みの描写はないが新が超加速で取った「うかりける」、「すみのえの」「せをはやみ」「いまこんと」「たきのおとは」「たごのうらに」で、運命戦の札は幼友達を詠う「めぐりあいて」。詩暢の手元に残ったのは、若い頃が花と嘆く「はなのいろは」。

途中、ここは「うか」を描く流れだろうと思ったところでフォーカスされていた札が、祈ってもかいのない嘆きの「うかりける」ではなく、不本意な恋の行方を嘆く「うらみわび」。新が微妙な意味を含む「せをはやみ」に拘り始めたり、恋の決着はまだまだ引っ張りますよ的な暗示が……