chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第173首 強くなる道を行きたい

個人戦A級は新が優勝。喜ぶ藤岡東一同、称賛する役員達。だが、村尾は違う感想を持った。

安定? いつもどおりの自力? ちがう もう一段強くなろうとしたんや 自分以外の力を借りる 不安定で貪欲なかるた

新はアパートの光景を思い浮かべる。千早の「手に入れたいものほど手放す」が前提だった。

手放した あのイメージを

若宮は顔を強張らせ、札を片付ける。祖母に「かるたのプロになりなさい」と言われたのに。

滑稽や 昨日は鳥人間コンテストも見に行かんと 周防さんのTV特集しゃしゃり出て 今日は着物まで着て個人戦出とんのに また新に負けて… 調子に乗ってバカみたいや うちは変われん 一人や

 

大江はC級、花野もD級で優勝。千早は二人を抱き締めるが、花野に抗議される。

「なんですか~~ もう暑い ぎゅーってされるなら真島先輩がよかった~~」

笑い溢れる女子部員達の後方で、準優勝の賞状を見詰める駒野。西田が大江に声を掛けた。

「ず ずっと好きだったんだ ずっと好きだったんだ かなちゃん おれと つ」

言葉の途中で西田の口を、駒野が手で塞ぎ、代わって駒野が告白。

「かなちゃん おれも好きだった だったっていうか好きだ ずっと好きだ」

大江は目を潤ませる。西田は駒野ににやっと笑う。

「やっと言った 遅えよ おれの言ったことなんかウソだよ」

西田は退室。大江は顔を覆って泣き出す。

「遅いです… 遅いですよ 机くん… 私 もう 藻塩みたいになっちゃってますよ~~~ バカ~~~~~」

藻塩――恋焦がれて干上がりそうだったと言われ、駒野はオロオロ。

来ぬ人を まつほの浦の 夕なぎに やくや藻塩の 身もこがれつつ

その様子を温かく見守っていた瑞沢一同だが、千早と筑波はただただ驚愕。千早は「藻塩…」と繰り返し呟き、部屋を飛び出して行く。一方、西田は外で涙を流していた。

 

富士崎の下級生達を前に、理音がクイーン戦に出ると宣言。日向も名人戦に出ると追随。いつも表情を変えない桜沢先生が彼等の言葉に吹き出し、部員達が驚く中、更に涙を零す。

「ごめんなさ… ふふっ …… あなたたちがかわいくて… …… か… かるたをずっと続けてね それが難しくても 心の中でかるたを続けてね 富士崎での日々が あのきつい練習が 永遠にあなたたちのエンジンになることを願ってます」

部員達は声を揃え「はい」と応える。

 

若宮を心配した伊勢先生が声を掛けて来たところに、若宮母が割って入る。

「失礼ですが 詩暢は一人でも強いですし そもそも一人やありませんから」

若宮母は娘が負けたことで、自らの態度に後悔している様子。

 

帰路に就く若宮母娘の横を、千早が駆け抜けて行った。千早は新の腕を掴んで引き留める。

「わ…私 言ってなかったと思って 新 藻塩になってるかもと思って 好きって言ってくれたのの 返事…… 返事っていうか気持ち い…いまの…」

驚いて赤面する新に、千早はきっぱりと宣言する。

「私… 全国大会でたくさん試合して思ったの もっとかるた強くなりたい 強くなる道を行きたい 詩暢ちゃんにも勝ちたい 日本一… 世界一になりたい」

新は唖然としながらも、同じく千早に宣言。

「…… …… …… うん わかるわ おれも千早に勝ちたい かるたをしてれば おれらの道はいつか重なる 『いま』じゃなくていいから もっと近づいたら おれのことどう思ってんのか 聞かせて 近くに行くから」

千早の肩に触れ、新は再び顔を赤らめ去って行く。

「次来るときは 名人戦 クイーン戦やの またの」

 

そんな恋愛情緒の欠片もない高三男女の会話を呆れて見ていた若宮母娘だが、若宮は一人で会場へ引き返して伊勢と話す。

「伊勢先生 明星会 寄らせてもらいます まだまだ未熟者で 変わっていかな 下から来るかるたバカが怖いですから」

 

千早は階段下から楼門に向かって一礼。

全員で闘った夏が終わる 近江神宮に 感謝

 

ちはやふる(33) (BE LOVE KC)

ちはやふる(33) (BE LOVE KC)

 

 

memo

最終的に「千早と新」で落ち着きそうだ、と匂わせるような回。藻塩になっていたら困る=新を好きだからそうなっていたら困る、と普通は捉えるよね。第153首の当欄で記したが、千早が新の肩や腕を掴んだり、新が千早の肩に手を置いたりと、過去にない接触ぶりも描かれている。

但し、同時に千早は、第145首で机くん達に注目していたにも関わらず、結局あんぽんたんなままだった、という前振り付き。何より物凄い唐突感。高松宮杯以降は新に告白されたのもすっぽり抜け落ちたかのように思い出しもせず、24時間程前迄「太一太一」と泣いていた千早は一体何だったのか。千早が言う「強くなる道を行きたい」はむしろ、この日の朝の独白、第166首の「太一が次を語る 目の前にはばあっと かるたの道が続いてる」で太一に繋がるのだが。それを踏まえると、新を見送る千早の表情が微妙にも見えて来る。

新は第170首の「さよならが近いだけや」で千早への思いを断ち切るのかと思いきや、会話してはっきりさせるわけでもなく帰ろうとしていたし、ひとまず保留にしておいて名人戦を目指す方向らしい。最終的に「千早と新」ならまだしも「千早と太一」で終わるのなら、ここで諦めさせておけば区切り良く、かるたの話に集中出来そうなのに……というのは単に素人考えか。

村尾さんの見立てでは「不安定で貪欲なかるた」、第90首で千早が見た新は「なにが触れても弾き返される安定した世界 千速振る」。あれ? 新が全力で逆走して行っている……?

全国大会に関する話の始まりと終わりが「一人」描写。第154首で部室に一人、第163首の団体三位決定戦では「一人でも大丈夫」的な「おおえやま」札、そして今回は楼門に一人向かって一礼。小学生時の第5首では卒業後に「一人になるの?」と悲観し、第36首では単独で大会に臨む太一を「一人だったらどうしよう」と心配したりと、「一人」を嫌う千早の今後が気掛かり。

肉まんくんが告白を「ウソだよ」と言っているが、第138首で太一がそう心の中で連呼しつつ声に出さなかったのと、これは対比になるのだろうか。

紹介された札は「こぬひとを」のみ。部内カップルは筑波と菫、肉まんくんと田丸にまでフラグが立っているが、そこまで救済しなくてもという勢いだな。第154首で肉まんくんが机くんに「つきあってってかなちゃんに言わねーの」と煽っている場面で、筑波もそれを聞いて驚いているのに初めて聞いたような反応。

第33巻終了。巻末四コマ漫画は、須藤による少女漫画的な壁ドン、顎クイ、髪くしゃ、あすなろ抱き。最後に西田姉と肩ズン。