読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第178首 最高峰という名の荒野

若宮が青ざめているのに気付かぬ母は、次のテレビ企画をどんどん進めて行こうとする。横で愛想笑いをする若宮……

 

九月。千早の成績は上がらないどころか、英語は勉強していたのに下がっている。焦燥感漂う教室でそれぞれ机に齧りつくクラスメイト、パソコンと向き合う駒野、参考書を読みふける大江、西田、廊下でタブレットを見ている太一……

千早は下校中の電車内でも勉強しようと鞄の中を見て、大江が貸してくれた「英語でよむ万葉集」が目に留まった。彼女に言われた通りに34ページ目を開くと、「たご」の原歌と英訳があった。

田子の浦ゆ うち出でて見れば 真白にそ 不尽の高嶺――
white, pure white――

見入っていると突然、「へえおもしろいね」と周防が前に立って覗き込んで来た。

「受験生さん 君の得意な『ちは』はどう訳す? 『唐紅』はred? んー crimsonかな……」

千早は真顔で考える。

「訳せない… ただの 景色を詠う歌になっちゃう」

周防は難しい顔をしつつ、千早の隣に座って話を続ける。

「ぼくは常々 ちはやぶるの一首は大げさなんじゃないかと思ってるんですよ いくら美しくても紅葉は毎年のこと それなのに『神代もきかず』とは」

ケチを付けられた千早は膨れっ面。そこで、周防の電話に着信があった。周防は知らない番号なので、バイブを振動させたまま出ない。留守電に替わり、すぐに再生してみると、「ハァ…」という溜息だけで切れた。耳の良い千早にもそれが聞こえ、二人で慌てて下車。

「詩暢ちゃんだっ」

周防がリダイヤルしても相手は出ない。いつもは若宮に電話しても切られ、電話が掛かって来たのは初めて。そう聞いた千早は財布にあった全財産を周防に差し出す。

「京都に行ってくれませんか だって… 普通のことなんですか? 詩暢ちゃんが周防さんに電話かけてくるのは 普通のことなんですか?」

戸惑っていた周防は冷静になり、若宮家に電話する。お手伝いさんが取り次いでくれなかったが、若宮の在宅は確認。周防は千早にお金を返し、「仕事に遅れるから」と立ち去る。

 

若宮は一人で練習中。近くに詰まれた座布団の下でバイブ音が鳴り続けているが、若宮は見向きしない。

どうかしとるわ 周防さんなんぞに電話して… どうかしとるわ

畳に並ぶ札たちは「次読まれるのはだれかな」「うちや」「まろでござる」など、賑やかに待っている。頭に浮かぶのは、小さい頃の自分が「あきのたの」を取り、天智天皇と嬉しそうにハイタッチし、楽しそうにかるたをしている姿。しかし今、機械から読み上げられた「たきのおとは」も「ひともおし」も空札で、その次の「あきのたの」もまた空札。

伊勢先生が訪ねて来た。以前若宮に渡した彼自身の著作を手にしている。

「この間はすまんかったな せっかく来てくれたのにおらんで これ忘れ物や 読んでくれたんやな たくさん線引いてくれてありがとう」

若宮は内容の意味が分からなかったと零しつつ、明星会にはもう行かない、と言い放つ。

「クイーンを倒したいと思ってやってる子はおらへんかった」

伊勢は厳しくしたら続かない子も多いと言うが。

同年代の友達はおらんほうがええ 詩暢ちゃんは 一人になるほど強くなる子や

昔のそんな考えとは違っているではないか。

「うちには かるた楽しむより 強くなる道しか選ばせてくれへんかったのに」

伊勢は内心驚きつつ、表情を締めて諭す。百人一首は高い山みたいなものだと。

「競技かるたも同じや みんながみんな 登れるわけやない でも 詩暢ちゃんは挑める子やと思うた」

伊勢は著作に目を落とし、話し続ける。

「わしの言葉にわからんところがあるのなら まだ詩暢ちゃんは登り切ってないってことや」

その言葉に、かっとなる若宮。

「また強うなれって話か うちはクイーンやで これ以上の強さが!?」

伊勢は反論。

「綿谷新くんにも負け続けて 周防くんとも戦ったことがないのに 最強のつもりか?」

若宮は言い返せない。伊勢は著作を畳に置き、謝って退室。

「強い言葉使ってすまんかった 帰るわ」

 

暗い顔のままでいる若宮のところに、息を切らした周防が訪ねて来た。

「…… えっと…… あの 電話した? 何かあった?」

若宮は周防を連れて、外に出る。

もう走らん もう走らんて 思うたのに

向かった先は明星会。

「伊勢先生 これから名人とかるた取るわ 勝ったら認めてや うちこそ最強やって」

若宮は強引に周防を座らせ、札を準備。しかし、周防を押し退け、若宮の正面に座ろうとする女の子が現れた。伊勢が注意しても駄々を捏ねる。

「だって チャンスないかもしれんもん クイーンもう来んかもしれんもん クイーン うちとかるた取って 強い人と試合がしたい どんだけ強いんか知りたい」

その子に、昔の自分を見た。札の神様も囁く。

この子 小っちゃいころの あんたみたいやなぁ

若宮は涙を浮かべる。

あのころの自分の前に いまの自分がもし現れたら 会いたかった 会いたかった ひとりでさびしかった どこへ向かっていいか わからへんかった まだまだ先に きれいな山があると 見せてくれる人がおったら

若宮は女の子と取ることにした。

「名人はええわ もう帰って」

唖然とする周防を、伊勢が労う。

「ようわからんけど ご苦労さまやな 周防くん 名人とクイーンの最高峰の一戦も見てみたかったけどな」

周防は伊勢を一瞥。

「無邪気なこと言いますね 詩暢ちゃんになにか呪いをかけてたのは 伊勢先生でしょう?」

伊勢もまた周防を見やる。

最高峰という名の荒野

 

自宅で勉強中の千早に、周防から電話が掛かって来た。番号は須藤から聞いたと言う。

「詩暢ちゃん 元気だったよ」

安堵する千早に、周防が言う。

「東日本予選がんばって 詩暢ちゃんと 不尽の高嶺で待ってるよ」

 

ちはやふる(34) (BE LOVE KC)

ちはやふる(34) (BE LOVE KC)

 

 

memo

千早の「ちは」の解釈は、まだまだな様子――という演出目的なのだろうけれど、周防は何故「ちは」が得意札と知っているのか。千早と周防の接触は先日のかるた会と、第117首での立ち話、第121首の練習試合のみ。単に名前から察したのか、試合前に須藤が入れ知恵でもしてあったのか(第16首の千早対須藤でヒョロが同じことをしていた)。最後に励ましてくれたが、以前「クイーンになれないよ」と言った意味は結局何だったのか。行動や言葉の端々から観察して、そう評価したのか。周防が電話をくれたのが夜で、大会がこれからということもあり、彼の背後の富士山は真っ黒く描かれたままだったし、分からないことだらけ。

参考書やノートでの勉強風景の中、タブレットを手に勉強?している太一はセレブだなw 次のコマの千早は、そんな太一を盗み見しているかのよう。そして、千早が周防に渡そうとした全財産は2,000円弱……

詩暢母は害悪過ぎ。伊勢先生は、私はまだ判定し切れない。正しいのだろうけれど愛情を感じられない、詩暢祖母タイプか。先生に毒を吐く詩暢がホラー。詩暢が周防と戦ったことがないのはしゃーないだろ。周防さん、フツーの大会に出てくんないんだもん。ただ、詩暢が周防と戦ったことがないという事実は、千早が戦略に生かせそうだ。周防が訪ねて来たことも詩暢の心を落ち着かせるのに一役買ったようだし、詩暢の問題はもう要らないし、ママンも止めてあげてー。

詩暢と千早はどちらも一人寂しんぼ状態ながらも、それぞれ違う形と方向性で落ち着きそう。名人がOBにいるのに価値があると第166首で管野先生が言っていたが、詩暢の場合は明星会。目を輝かせてクイーンを待ってる子達がいて、そこが居場所になって行くのかな。

憎し周防で打倒周防な千早と須藤で行くのかと思っていたら、平穏である模様。周防さんは詩暢からの電話直後はあわあわしていたものの、流石終始大人だね。詩暢の元にすぐ駆け付ける決断力と経済力、千早への対応も含め。

冒頭で青ざめる詩暢のコマで散る札は「これやこの」「きりぎりす」など。練習中に並んでいた札は「しのぶれど」などたくさんあるので省略。