chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第180首 読まれる札が浮いて見える

千早は西高の速水相手に苦戦。

きれいな渡り手を見ると 思い出しちゃうな

と新のことを頭に浮かべつつ、足の爪の割れが更に酷くなり、集中を欠いている。

 

速水は祖父が持っていた豪華な百人一首を真似て描く程好きだった。競技かるたをを始めたのは高校入学時。

書道は筆を置いた瞬間に その先の字が決まる 私の腕は 一画目から札とつながる

対戦中の千早、観戦している理音も、速水の戦いぶりに危機感を持つ。

センスがいいだけじゃない 狙いが明確

そんな速水が四位入賞した試合で声を掛けて来たのが、元クイーンの山本由美。

もっと配列を工夫するといいよ 漠然と取るだけじゃなくて

自陣右下段と自陣左上段。山本の教えがあった。

一般的には狙わない箇所よ 二・三字に対する速水さんの独特な反応と 特殊な狙いの設定があれば どんな相手に対しても 主導権が握れる

千早は髪ゴムを解き、割れた爪にティッシュを巻いてゴムで止め、応急処置。立ち上がって一息つく。

10枚差… 怖いなあ かるた あんなに練習してても 足元がふらふらしてたら 主導権を握られる

若宮と「次はクイーン戦で」と約束したのに、負けたら終わりだ。千早は息を吸い込み、落ち着かせて再び座る。

かるたは怖い

次の札「あきかぜに」は千早が取った。速水は「あきの」に釣られてお手付き。

「あまつ」も「あけ」もまだあるのに 「あ」で「あきの」にまっすぐいく 勘のよさ

千早は息を吸いながら、冷静に考える。

かるたは怖い でも おもしろい かるたとこんな 変なつながり方してる人

次の札「おとにきく」も千早が取った。速水は千早の気合につられるミス。

速水さんは どんなふうに 札を聞いてるの? 私 私はね 

後半になって一字決まりも増え、連取して行く千早。集中している千早の目には、「たごのうらに」が浮き上がって見えている。速水が戸惑っているうちに、千早がそれを取り、札を拾いに立つ。次の「ふくからに」も。

速水さんは どんなふうに 札を感じてるの? 私はね だれも信じないだろうけど ときどき 読まれる札が浮いて見える ほら 数学でいう x軸y軸 ふつうのかるたがそれで―― そこに ときどき見えるの z軸が――

  

 

memo

理音の小ネタ的描写はあるが、ほぼ千早の試合のみ。速水はかなちゃんと良い勝負をしていたレベルなので千早の敵ではないと思っていたら、千早のアクシデントに加え、ユーミンの指導で力をつけ、一回戦から厳しい試合となってしまった。千早の練習の成果を明らかにして行くのも兼ねて、予選の尺を長く取りそうな気配。

呼吸のことは以前から何度も描写されているが、離れていても太一とシンクロしまくり。読まれる札が浮いてる、ってのもオカルトだなあw  と笑っていたが、この後で読み返してやっと気付いたことに、第128首によれば原田先生が白波会で「完璧な暗記によって場にある札が浮き上がってこなければならない」と教えていたらしい。同時に、そして過去に何度も、右下段への攻めについての言及もある。あと、千早の言うz軸で思い出されるのは、第123首で詩暢祖母が畳に描いた斜線だな。

読まれた札は「うかりける」「なにわえの」「わたのはら・や」「あきかぜに」「おとにきく」「せをはやみ」「あきのたの」「さびしさに」「たごのうらに」「ふくからに」。