chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第181首 先に負けたほうが競技かるたを辞める

千早の対戦相手、速水節奈は焦りを覚える。

一枚一枚積み重ねてきたのに 一枚で5枚分の取りをされた 

 

須藤と練習した日々を思い返す千早。

「若宮と丸かぶりの技だけで戦うのか? バカなのか?」

須藤にそう言われ、戻り手を教えて貰った。千早からは、須藤に速さの特訓。その後対戦形式での練習中、千早の目に「ひさかたの」が浮いて見えた。ただ、驚いているうち、須藤に取られる。そのことを須藤に話すと、激しく馬鹿にされるかと思いきや、須藤は穏やかな表情で肯定してくれたのだった。

「…… へえ いいな 聞いたことある 渡会永世クイーンは当たり札が『光って見えた』とか いいな それが綾瀬の”聴こえる”なんだろうな」

 

千早は速水と対戦しながら考える。

1対1でも いつもの場所でも 須藤さんと練習する時はいつも 2勝2敗で迎える 団体戦の勝敗のかかった最後の一戦

速水が「たまのおよ」をお手つきをして、千早の逆転勝ちで終わった。気を失いかけたところで、速水が絆創膏を差し出して来た。理音が千早の足に気付き、集中出来なかった理由かと問われるが。

「足のせいじゃない 私のせい… 集中って 途中から上げようとしたら こんなに疲れる こんなんじゃ 最後まで勝ち切れない」

千早の「最後」という言葉に理音も気を引き締め、千早のチョコを一欠け奪って、次の試合へ向かう。

 

速水は泣きながら、山本に気持ちを吐き出す。

「あのとき バンソーコーあげればよかった あのときまちがった 書道では一回でもまちがったらもうダメです」

山本はその場で容赦なく駄目出し。クイーン戦で負けた後で北野先生に「もう一度来たい」と頭を下げた時のことを思い出し、速水に言った。

「またここに来たい? 来れるよ 書道だって何枚も何枚も書くでしょう? もっといろいろ指導できるよ私 翠北会に入ってくれれば」

 

2回戦の組み合わせは、理音と山本、千早は桜沢先生。

「生徒気分になっちゃいそうで」

千早が原田先生にそんなことを話している時、太一の姿を見つけた。

「あ 太一 1回戦どうだった? 勝った?」

 太一はそっけなく背中を向ける。

「悪い 集中したいから」

千早が対戦票を確認すると、太一は田丸兄に12枚差で勝利していた。原田先生が話し始める。

「そういえば この間 メガネ君が府中に練習しに来たよ」

その言葉に、千早も、そして太一も振り向いた。新は「白波会のかるたに負けんかるたを取りたい」と言ったという。

「生意気なんだよ メガネ君 そう言って本陣に乗り込んでくる あの子もまだ生徒気分だ」

千早と太一は揃って驚きの表情でいたが、千早が、

「そ それで練習は 試合形式で? 先生――…」 

 と訊きかけたところで、太一は逃げるように立ち去る。

 

2回戦は男女とも同じフロア。桜沢を前に、緊張する千早。後方で須藤が太一に話し掛けている。

「よお 原田先生がせっかく話しかけてるのに 意識しすぎなんじゃねぇ あ そっか おまえ もう東大かるた会なんだっけ」

須藤に口撃されても、太一は落ち着き払っている。

「なに 言ってんですか 白波会ですよ おれ 白波会だったら 原田先生と広史さんに当たらないですむし メリットでかいです」

太一の方を見やる千早、坪口、原田。須藤は太一を軽くどつく。

「おい 真島 それはおれと当たるほうがマシってことか」

 

一方、田丸兄は顔面蒼白で、妹に零す。

「真島太一って おまえの先輩か? 大丈夫か? …… 周防名人と試合をした人は かるたをやりたくなくなるって知ってるか? なんかそういう――… あいつからもそういう感じがする」

 

薄ら笑いの太一が、須藤に提案。

「須藤さん またしましょうよ 賭け こういうのどうですか? ”先に負けたほうが 競技かるたを辞める”」

 太一を見詰める須藤。弾かれたように驚く原田、坪口、西田、千早――

 

ちはやふる(35) (BE LOVE KC)

ちはやふる(35) (BE LOVE KC)

 

 

memo

追い込まれた時の考え方。団体戦に置き換えたのは、第171首の新と同じ。太一は全国大会決勝戦第80首で、子供時代に原田先生に五枚ハンデを貰っていたのを思い浮べていたね。

新はせっかく府中に来たのに、返事保留中の千早はともかく、太一にはお友達としてメールくらいしようよ。会う会わないは別として。相変わらず行動が不自然。周防との繋がりを知ったのが影響しているのか、やはり恋愛面で警戒対象なのか。第68首で新自身が「試合のときしか二人に会えん運命なんかな」と言った通りにしてしまっている。

生徒気分では駄目という考え方。前年の原田対新の挑戦者戦、第116首で千早は新に「原田先生はどこまでいっても『先生』なんだよ 新のままじゃ勝てない」と忠告している。その時の新は祖父に成り代わって乗り切った(とはいえ負けた)が、忘れられてしまった模様?

死神みたいな言われようの太一。第98首の武村も名人戦後は半年取れなかったと言っており、田丸兄もそうなるのか……合掌。にしても、全国大会後の第165首で「同じ決意を返すから」と独白していたホワイト太一とはすっかり別人。

須藤は過去の所業で自分の首を絞めた。太一と須藤は僅差で勝敗を分け合っているから、今大会で当たったら太一が勝っちゃうかもね。あの須藤が泣きを入れる場面が見られちゃったりする?