chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第185首 次に進むのは私だよ

美馬は原田先生に苦戦。その原田は膝が痛み、札を拾うのも一仕事。田丸は観客席を見渡すが兄の姿は無く、他部員達の視線も千早の方。それでも頑張ろうと集中する。

千早と理音はM音の聞き分け勝負。千早は相手の反応を見て、札を移動。「む」と「みち」を分ける。

理音の祖母、山城今日子読手はクイーンを8期務めた永世クイーン。その祖母が握ってくれたおにぎりが栄養になって、全身を温めてくれている。

たとえば矢印が飛んでくる感じの五十嵐さんの読みとちがって 小峰さんは立体的で角のとれたつぶがぽこぽこ向かって来るような

しかし、理音は千早に自陣の「もも」を抜かれる。千早が「む」を送り、理音の陣に「む」と「みよ」、千早の陣に「みち」が残った。

ぐいぐい音がするほど 強い攻め気

大江や筑波が、自陣を動かしたり「む」を早めに送ったりという、千早のかるたの変化を知る。更に、千早が戻り手を見せたことに驚く。但し、取ったのは理音。須藤は千早が派手に失敗したのを見ていた。その視線に気付く太一……

理音が二枚持っていた「つ」のうち「つく」を千早に送る。千早は集中。

精度を上げる 小峰さんの音のつぶつぶを 粒子の響きを 耳じゃない 脳じゃない 手で聴く

須藤が綺麗な戻り手で「みち」を取って札を拾おうとすると、同じ札がもう一枚あった。千早が戻り手で取った札で、須藤は体勢が妙な千早がキモいと言いつつ「上等じゃね」と札を渡す。

M音を取られた理音の顔付きが変わる。千早が狙う場所でもある自陣右下段に「みよ」と「む」をくっつけて置く。続いて読まれた「あ」二枚は理音が連取し、流れを渡さない。

山城読手は理音に話していた。

たぶん私がクイーンになれたのは 8期もクイーンでいられたのはね M音の秘密をつかむことができたから M音だけなのよ M音の札が読まれる前だけ 余韻の消え方が違うのよ

「み」の音で、理音が「みよ」を抑える。千早は周防を思い浮べる。

理音は山城読手の読みが好きだ。理音がクイーンになれば、きっと読手のままでいてくれる、と考える。理音は千早の陣から連取。

欲が流れをつれてくる 次に進むのは私だよ

 

BE・LOVE 2017年16号8月15日号 [2017年8月1日発売] [雑誌]

BE・LOVE 2017年16号8月15日号 [2017年8月1日発売] [雑誌]

 

 

memo

ここに来て理音覚醒。でも、おばあちゃんは理音がクイーンになったら引退を撤回するとも言ってないし、理音が勝手に希望を持っているだけ。

須藤が千早を好きかも、と言われても不思議ではないように思えるのだけれど、太一も二人の仲良さげな様子が気になっている? それとも、千早が須藤の技を使っていることに気付く流れ? 太一は器用だから、そのうち戻り手を真似しそう。

詠まれたのは「やえむぐら」「あさじうの」「かぜそよぐ」「もろともに」「ももしきや」「わすれじの」「みちのくの」「あしびきの」「あらざらん」「みよしのの」「つきみれば」「かくとだに」。