chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第186首 それがおまえの弱点だ

千早は理音に、一字決まりとなった「しら」を送られ、上段中央に一枚だけぽつんと置く。奇策に驚く周囲。

原田先生は痛む膝を抑えながら飛ばした札を探すが、見つからない。対戦相手の美馬が拾ってあげようとしないので、坪口が拾いに行き、美馬を睨む。美馬としては、ルール違反を犯しているわけではないし、須藤に勝って欲しくて原田の体力を削ろうとしているだけ。しかし、それに気付いた須藤が注意する。

「美馬 おまえ だれと試合してると思ってんだ もったいないぞ」

そんな須藤に太一が「余裕ですね」と言い、須藤も返す。

「当然だろ 真島の手の内なんて わかってっしな あ おまえからは見えねーだろうけど 綾瀬も苦戦してるぜ」

太一は「関係ないっス」と答える。

須藤さんの手の内だってわかってる 攪乱だ

須藤から見て、太一の取り方はやり難い。分かれ札に追い着いて来る、同じような動き、手の下に滑り込んで来る、短い札をお手付きせずきっちり守る、ミスが全く期待出来ない、息がつけない。須藤の呼吸が浅いのを見た太一が深く息を吸うと、それに気付いた須藤も深く吸う。呼吸を奪われる。そして動きを引っ張られ、須藤は空札をお手付き。間を取る須藤。

手の内はわかってるって言ったろ 周防さん仕込みのこのやり方 引きずらねーよ お手つきなんかで こんなおもしろい勝負壊さねぇよ

太一が自陣の「しらつゆに」を払い、須藤は悔しがる。

こいつ 敵陣攻めてこないくせに 「自陣を攻撃する」って感じなんだよな どんだけどMだ

太一が札を拾いに行くと「しら」が二枚あり、一枚を理音が受け取って行った。顔を強張らせ畳を見ている千早が、太一の視界に入る。

千早は「せ」を攻めて「しら」に戻れるよう配置しておいたのに、先に「しら」に行った理音が有利な出札となってしまった。

ついてない 山ちゃん相手についてないなんてことが続いたら

そんな千早を見てしまった太一は、次の自陣の札を取れなかった。須藤は「ちは」を太一に戻すが、太一は真後ろの千早を気にしている。

……変なの 綾瀬あぶないって言ったじゃん おもしろいな もう一緒に練習もしてなくて プレイスタイルも全然ちがうのに どこかで繋がってる それがおまえの弱点だ

 

西日本予選、女子決勝は実力が拮抗。逢坂恵夢が勝てば、三回目の決定戦進出。結川は極端な左寄せ配列を止め、丁寧さと正確さが増している。

新は盤石。小石川はお手付きを三回もしている。但し、差はまだ三枚。

小石川はかるたを作る会社で、取り札の製作担当。出荷可能だったが裏紙を上下逆にしてしまったりと、失敗続き。しかし、手元の札をふと見て、自分が作った札がその試合で使われていることに気付く。

これはおれの おれのマシンが作った札 おれの

 周囲も驚くような鋭い取りを見せる小石川。

バカでうかつで ミスばっかりのおれが 競技かるたなんて繊細なものにハマるなんて それ自体おかしいんだ A級なんて奇跡みたいなもんだ 名人戦予選の決勝にまで出て かるたを作る職人にまでなって わりと起こるんだ 奇跡は

新が札を取ったかのように見えたが、小石川が自分の取りだと主張する。新はいつも通りモメず、引き下がる。更に連取される。

白波会に来た新に、原田が話したことは――

新くん "自信のある人間"と"ポジティブな人間"では どっちが勝つと思う? 個人戦での君に弱点があるとすれば 「ミスしなければ自分が勝つ」という自信の持ち方をしている点――… ポジティブな人間は「自分が勝つ」とだけ思ってる

 

原田は美馬に15枚差で勝利。一息ついて周りを見ると、理音と千早は5-10、須藤と太一が4-9。

それぞれの試合で苦境に陥っている、千早、太一、新。

青春全部かけてきた――末の これが 絶対絶命――

 

BE・LOVE 2017年17号9月1日号 [2017年8月12日発売] [雑誌]

BE・LOVE 2017年17号9月1日号 [2017年8月12日発売] [雑誌]

 

 

memo

試合を経るごとに、太一が千早を見る頻度が増している。内容でも上手さでも太一優勢のようだったが、千早の異変に気付いてから急に崩れたということか。千早を見る太一の表情は深刻だ。そろそろパーカーの脱ぎどころかなw

というわけで、千早と太一のギアはここで入れ直されるのだろうけれど、新はどうやって勝ちに持って行けるのやら、運命戦でぎりぎりの辛勝というような展開しか想像出来ない。

恵夢たんは眼鏡を外し、パーマをかけ、化粧も上手くなり、分かり易く大学デビューしたらしい。カメラ小僧三人は、何と同じ大学のかるた部に入っちゃった。

読まれた札は「みかのはら」「おぐらやま」「なにわえの」「きりぎりす」「たかさごの」「しらつゆに」「ありあけの」、西日本で「よをこめて」。

ところで、この話が掲載されている本誌2017年17号に描かれているのは、第35巻表紙の太一と同じ絵の別カット版。添えられた煽り文句が「戦い続ける 覚悟を秘めて――」で、「覚悟」のみが赤字となっている。第34巻千早表紙で帯にあった「見ていて――、私の覚悟。」と揃ってるね。