chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第187首 あの子だけがヒーローだから

小学生の時、眼鏡を失くした新は、千早に「目が悪いってどんな感じ」と訊かれた。

「虫メガネで遠くを見るような感じやよ 綾瀬さん」

ぼやけた視界のまま、教室で一人、かるた取りのイメージを浮かべて練習を始める。そこに千早と太一が現れ、千早が「眼鏡を探しに行く」と走って行ってしまう。太一が眼鏡を差し出して来る。

「とったんだ おれが 千早には言わないで」

受け取った眼鏡を掛けようとする先に見える、ぼやけた太一の姿。

 

若宮は苦戦している新を観察。

新は―― 自分に流れを呼び込む力があるけど プレースタイルはどこまで行っても自然なもんや ”強ければ自分が勝つ” 流れは――道は決まってる 学んでないんか? 千早との試合で 強くても負けることがある それが 流れさえもせき止めて変えはるゆう なんてゆーた? 白波会?とかいうとこのかるた

小石川は自分のかるたしか見えていない状態。新は落ち着いて進めようとする。取る札、取らせる札、そして取る札――で取った筈が小石川が拾いに立つ。新は驚いて自分の取りを申し出ると、小石川に「は?」と威嚇された。その表情は彼のTシャツに描かれた天狗の顔のよう。新は原田先生に言われていた。

いつもきみは負けたあと 鬼の形相で悔しがる 遅いよ

蒼白になる新。

負ける? 

汗が畳に眼鏡に落ちた。間を取り、眼鏡を拭く。その眼鏡を掛けようとする先に、高校生になった太一がいる。眼鏡を掛けると、まだぼやけているが表情が分かる。微笑んでいる太一。しかし勿論、実際に目の前に居てはっきり見えているのは小石川。

読手にこの札を読ませるくらいの気迫で 自分の流れにもってくる白波会のかるた それはおれのかるたとちがう 悔しさを先取りして鬼になっては じいちゃんが笑う

新の表情が少し緩む。

――ああ メガネ じつはすごく汚れてたんだ さっきよりずっとクリアだ

二字決まりになっていた「わたのはら・こ」を新が、小石川の手にぶつかりながらの物凄い勢いで取る。新は「すみません」と謝罪。

すみません ぶつからないですむ速さで取れなくて

新の厳しい表情を見て、小石川はそう意図を受け取る。

 

新は前年予選で太一が負けてホッとしてしまったが、今回は違った。

うれしかった 名前があるのがうれしかった うれしいと思う自分がうれしかった

小学生の太一が「千早にはきらわれたくない」と言い、「ちょっとわかるわ」と答えた。

卑怯なやつ 卑怯さを見せてくれたやつ 気持ちがわかる わかるんだ 太一

新がまた鋭く札を取る。

太一が行こうとしてる場所に おれがえんかったら 話にならんやろ?

小石川は汗しつつ、こんな時こそ力を出すのが自分と考えるが、お手つき。送り札の「ちは」を見て、危機感を覚える。

あ どうしよう ビリビリと感じる この札は送り返さないと危ない

新は「必ず取ると勝負に出るの」と言っていた千早を思い浮べている。

取りたい でも おれのかるたは 流れるかるたや 運命を変えようというようなイメージはない あの部屋のイメージを手ばなしても 単純やな 心は向かっていくんや いつか3人で そんな未来へ

新が想像しているのは、同じTシャツを着ている大人になった三人。

読まれた「ちぎりおきし」で、小石川が「ちは」に手を出し終了。三枚差で新が勝利し、西代表となる。微動だにしない新に、驚愕する小石川。栗山先生も新に祖父の姿を見る。

この若さで この卓越 かるたの中にある膨大な過去を 未来に持って行く男。

小石川が新の指の負傷に気付き、声を掛ける。

「大丈夫です 人にケガさせなくてよかった」

そんな新の返答に、小石川が突っ込む。

「なんだそれ ヒーローか!! 東にはいなかったヒーローキャラか」

指を見詰め、考える新。

ヒーローじゃない おれは おれたちは どんなにがんばったって あのとき走っていったあの子だけが ヒーローだから

思い浮べているのは、小学生の千早が眼鏡を探すため、廊下を走って去る姿。

 

千早を気にしている太一と、対戦中の須藤。

チラチラ見て どこまでも綾瀬ありきのかるたか 上等だよ

須藤が太一から取る。千早も6-2ときつくなって来た。

 

千早には いるか? ヒーローが

 

 

memo

最後に記した独白は、特に大きなコマではない。「千早には」のコマは千早の方を見ている太一、「いるか? ヒーローが」のコマは新で、太一と新による独白というより、読者に向けた状況説明というか問題提起のような感じ? 流れ、運命、そして新たに登場したヒーローというキーワード。全体的に話はまだぼやけたままだなあ。

微笑む太一は第134首高松宮杯で対戦した際、太一が「かるたしよっさ」と声を掛けた時のイメージか。千早が好きという新だが、今回は太一への思いが前面に出て来ている。

新のかるたは固まって来たようだ。不安定と評していた村尾が、新が「ちは」を送った時、原因に気付いた? その「ちは」は、新も太一もいらないコ、まるで危険分子ような扱いだ。二人が対戦したら、壮絶な「ちは」の押し付け合いになったりしてw

新が想像した「同じTシャツ姿の三人」だが、背中にある一部見えている文字は縦に「チ」「ち」とあるので、多分「チームちはやふる」。この作品では描かれた未来図が実現しているケースが幾つかあるが、好きな者同士三人でチームを作って参戦出来るような大会って、そうそうあるものなのかな。よく分からん。

詩暢ちゃんは千早と新の試合を観ていないのに、流れがどうのと語っていることに違和感。あと、世話になっている会に属するポカ作が負けたけど、新が勝って安堵した様子。まだ接点が少ないだろうし、仕方ないか。って、女子の結川さんはどうした。

読まれた札は西予選の描写のみで「はるのよの」「みかのはら」「みせばやな」「わたのはら・こ」「やまざとは」「なにわがた」「ちぎりおきし」。