chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第191首 絶対絶命を愛せよ

太一母が夫(太一父)との出会いを回想する。入り婿で、旧姓後藤から来る仇名のオリゴ糖のように優しいタイプ、優秀な外科医、学生時代に風紀委員同士だった、など。

「子供に1位を目指させるのは 私の方針なの 鶏口牛後って言うでしょう 1位になれない世界でがんばるなんて愚かだもの」

 

勝戦、太一対原田先生。原田は読みが冴え、順調に取って行く。翠北会の北野先生は腕組みしながら見守る。

あいつのすごいところは 組み立てだ この札が出たらいいなという構成がハマる

ふと目についた組み立てになかった札 それが取れたとき それが原田のかるた力の真骨頂だ

 対する太一は感服しながら、周防の言葉を思い浮かべていた。

すごいよね テンション上がるよね

次の札は太一が取り、札を拾いながら千早を見る。千早は20-19、太一の方は21-19。そんな太一を原田は観察。

ずいぶんかるたが客観的になった 周防くんの影響か 戦う自分のほかに 観ている自分がいるんだろう

 

原田が幼馴染の栗山に誘われてかるたを始めたのは、太一と同じく12歳の頃。ある時、耳が聞こえない男子と居合わせた。彼は読手の口元をずっと見ていなくてはならないので、札の暗記をしっかり出来ない。原田は彼の隣に寄り添い、読手が読み始める時に肩を叩いて合図することで助けた。

あれが かるたをしててうれしかった 誇らしかった最初の大会

 

太一は原田の攻めを交わして守り、良い勝負をしている。

原田先生は強い 強くあってほしい でも

原田は札の取り方をイメージし、読みも当たっているが、太一に「ふ」を攫われる。最盛期のように身体はもう動かない。

だけどな ギャップがあるから楽しいんだろう? 聴こえること 聴こえないこと ギャップを飛び越えたい 越えに行く者の 肩をポンと叩きたい

四枚差で勝利し、挨拶で頭を下げたまま涙を浮かべる太一。その肩を原田が叩き、顔を上げさせる。

「苦しかったな 絶体絶命がたくさんあったな 絶対絶命を愛せよ まつげくん これから先 ずっとだ」

直後、太一の真後ろで大きな音がして振り返ると、千早が白目で引っ繰り返っていた。すぐに正気に戻った千早の目に入ったのは、太一の瑞沢Tシャツ。

 

太一母は大江呉服店にて、大江母と語らっていたのだった。太一から電話が来て、母はその場で袴を注文。

 

東日本予選の結果、太一と千早が挑戦者決定戦への推挙状を受け取る。

「おれにも袴作ってくれるって」

受領式中の拍手に紛れ、太一は千早に報告。微笑む千早。

 

須藤は不機嫌に北央後輩勢に言う。

「てめーらさあ あいつに言うよな? どっかの大会で 『おれが勝ったら須藤様が辞めるって賭けは反故だ!』って 『でも』 『もう一個のほうは生きてるぞ』って」

 

ちはやふる(37) (BE LOVE KC)

ちはやふる(37) (BE LOVE KC)

 

 

memo

太一と原田の師弟対決がみっちり描写されると思っていたら、実力や戦術よりも身体機能の問題だったので、この回だけであっさり終了。

千早と田丸の試合描写に至っては皆無。男子と同時に終わっているようなので、田丸相手にしては苦戦と言える。瞬殺束勝ちを期待していたのに。ただ、周防や太一ほどではなくても、千早も高校予選の第149首のように、仲間にペースを合わせられなくもない? 一緒に戦い抜いた後の同じ瑞沢Tシャツ判明なら感動もひとしおだね。

「鶏口牛後」の意味は、「大きな集団や組織の末端にいるより、小さくてもよいから長となって重んじられるほうがよいということ」。中学生編終盤で触れられるが、これは太一が何故瑞沢に進学したのかにも繋がっている。

そして第183首で菫と行ったカフェで「彼女は自分になっているのに私は」と省みた結果、かるたで一番になろうとしている太一を応援する気持ちになって、呉服店に向かったというわけだ。また、太一母と菫の会話などを突くとしっくり来ないが、太一は勝ち抜いたら袴が必要だと事前に話してあった様子。

回想の中ではあるが、太一父初登場。十歳くらい年上でダンディーな外見を勝手に予想していたら、恐らく同い年で、とっつぁん坊や風w それはともかく、母は闇を抱えていそうだ。彼女が家業を継いでいない後ろめたさから、太一を厳しく教育しているのかな。そのくせ、妹は私立小っぽいのに、期待を掛けた太一は公立小なのも疑問だが。……と諸々考えてみたところで、設定が甘いだけ?

原田と栗山先生も幼馴染。周りの子が方言を話しており、栗山の地元ならば福井となるが、原田は台詞の少なさと目上の人に標準語で話しているせいで福井人っぽさが薄い。原田が転勤族の子供か、他地域から大人になって散り散りになったのか。もし原田が福井出身ならば、新に「同郷だね」の一言くらいはあっただろうし。

試合で読まれた札は「あけぬれば」「あいみての」「いにしえの」、原田回想時に読まれた「いまはただ」、試合に戻って「ふくからに」。

 

 

以下、駄文中の駄文――太一母の経歴は、ずっと気になっていたところ。教育面に煩いので、元教師あたりかと、私は想像していた。作中に頻出するキーワードでもあるし。

しかし今回、父ではなく母が医者家系と判明。ならば、彼氏が家業に上手く合致していただけかもだが、母が医者にならなかったのは何故か、と疑問を持たずにいられない。勿論向き不向きはあるが、彼女自身は十分賢そうだし、学力も足りていただろう。

などなど考えたが、もしかして医大どころか、むしろ大学に通っていない可能性が無きにしも非ず……? 例えば、出来婚とかでw あの母が、しかも風紀委員同士とか、なかなか面白い事態だ。母の外見だけだと年齢不詳だが、父はとても若く見える気もするし。もしそうならば、妹が七つ離れてしまったとか、太一を私立小に行かせられなかったのも説明がつく。思えば、作中にやたら「18歳」表記が出て来るのも引っ掛かっていたのよね。あ、でも太一は四月生まれ。流石に高校は普通に卒業していそうだし、結婚が18で、産んだのは最低でも19歳とか ←いろいろ計算w

てな妄想をしてみますた(・ω・)