chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第193首 かるたしかないんやけどな

西日本女子代表は結川桃。主に小石川と練習し、調子を上げている。若宮とも取るが、歯が立たない。

若宮はかるたとは関係のないテレビ番組での活動が目立ち、タレント気取りと陰口を叩かれている。若宮はスノー丸柄の着物を作るため、稼ぎたいだけだ。

「そんくらいのお金も自分で稼げんで なにがクイーンや」

結川は反物を作る藤岡屋に交渉するよう提案。しかし、結川主導で企画書まで用意したのに、若宮祖母が日高屋と懇意にしているので、藤岡屋には断られる。

無駄足となった上にスウェット姿で来た若宮に苦言を呈する結川だが、若宮を見ればスウェットもバッグもタイツもスノー丸柄。若宮は深刻そうな表情で零す。

「ええな 結川さんは かるた強くて 頭もよくて お医者さんになるんやろ? ええな うちには かるたしか ないんやけどな」

結川は若宮を心配して見やりつつ、黒い笑みを浮かべる。若宮との練習は自信を無くすだけ、と皆は言うが。

そうか? 勝てるんとちゃうか?って瞬間もあるんやで すくなくともポカ作似の高3女子には負けん

 

その、若宮にポカ作に似たタイプと評されている千早は、猪熊と練習。猪熊は自陣の定位置を動かさないので、相手陣の暗記に集中出来る。千早は相手が取り易いままにしておかないよう、相手陣から取り、送ることを心掛けている。猪熊によれば、新は20枚くらい自陣を逆に配置しても取れるよう練習しているらしい。

「私もやらないと そろそろ”感じ”頼みじゃ勝てないわ」

練習を終え、猪熊がふと玩具の車を手に取る。昔の自分はスーパーカーで、今はファミリー用軽自動車、しかし20年経って振り返ってみれば今の自分さえスーパーカーに見えて、もっと走れば良かったと思うだろう、と言う。

「半音を意識して取り続けるのよ あなたが乗ってるのは まちがいなく 最速の真っ赤なスーパーカーよ」

 

新が上京。まずは、大学の推薦入試。社会科学部志望で、認知症になった祖父の話を交え、面接に挑む。

「競技かるたという定点を足場に ぼくは構造を変えていきたい」

面接官には「かるたの名人……になるの?」と訊かれ、「なります」と答える。

 

東西挑戦者決定戦、当日。千早は身軽に動けるよう、大江作「うそつき半襟」を着用。新は祖父の着物を自分で着る。太一は着付けを済ませて会場入り。短髪になっていて、皆を驚かせる。

 

ちはやふる(37) (BE LOVE KC)

ちはやふる(37) (BE LOVE KC)

 

 

memo

東西挑戦者決定戦までの日々。一カ月もあったのに、千早と太一が白波会で練習したりという場面は無い。太一はまだ周防の元なのか。せっかく紅葉の季節だし、猪熊との「ちは」札談義も期待したかった。

結川は鉢巻無しの恵夢に辛勝した模様。彼女はぽよんとした雰囲気ながらも、なかなか高スペック。医学生という設定は、太一の今後にもヒントがあるのだろうか。

興味深いのは、千早は今年の準クイーン兼過去四連覇の元クイーン、結川は三連覇中のクイーン、太一も五連覇中の永世名人と練習し続けているとして、新の相手は多分村尾ぐらい。第181首で原田先生=今年の準名人の元に来たと触れられているものの、滞在数時間程度だろう。村尾は第40首で元準名人とあるが、残念ながら他三人より現ランクでは落ちる。地理的事情もあって、新はその点不利だね。

新の志望学部での検索結果は、W大一色だねえ。W大ならば、かるた部があって強いらしいし、イメージ通りだ。面接官がポカンとした反応にも取れるのが不安要素。詩暢と同じで新も「かるたしかない」のに、名人になったとしても、かるたでは稼げない。どんな形で役立てるかまで言ってあれば良いのだが。結川の素晴らしいプレゼン振りは、対比として描かれたのかもね。

新の母は「息子との最後の旅」で上京する筈が発熱し、父が代わりに来た。わざわざ母を遠ざけたからには、男親ならではの役割が発生するのか。駄目親父ではない面も見せておきたいところだ。但し、それは新にとって良い展開にはならない予感。

千早は新の定位置の話を聞いても、新という名前に反応せず、定位置のことに関心が行っている。すっかり戦闘モードなのだろうけれど、条件反射的に頬を染めることが減っているような。ただ、真っ赤なスーパーカーの話の背景に久しぶりの紅葉乱舞があり、それに少し被せるように新の面接場面へと続く。

太一は……あんまり格好良くないよねw 小学生時のような短髪に、武者袴がつんつるてんで(こんなものなの?)。短髪は目力を活用するのと、昔を思い起こさせる効果もありそうだ。あれ? 35巻表紙のデコ出し太一って、今回の予告みたいなもん?

登場した札は、結川対小石川戦で飛んでいるのが「ももしきや」。桃ちゃんが得意にしていそうな札だね。千早対猪熊で読まれた「こいすちょう」、千早からの送り札は「みかのはら」で、恋の歌揃え。新の面接時、百人一首を語る場面で描かれているのは「このたびは」「あらしふく」「わがいおは」「やすらわで」など、紅葉や竜田川などが含まれる歌と微妙な内容の歌とが混在。他にぼやけて判別出来ない札が幾つか。

第124首で描かれた千早対若宮と太一対新の構図は、周防が東西戦前に名人戦辞退を表明すれば実現可能だったが、何事もなく東西戦を迎えた。だからと言って、周防がすんなり名人戦に出て来るとも思えず……。病気を隠し通したいからこそ、無敵の名人のまま引退しそうな気がする。例えば、バイクで事故るとか(大袈裟に包帯まいといて軽傷とかやりそう)、予備校講師なので入試一週間前の大事な時期に休み取れませんでしたーとか(前年はバイトだったが正社員になったし)、引退を引き留めた新が勝ち上がらなかった場合は条件から外れたからやっぱり引退するよーとか、変人らしくふざけた理由で。役員はむしろ喜びそうだし、太一や新が怒ったところで介入出来ないし。名人戦で試合する必要が無くなれば、センター試験を控える太一が勝ちあがった場合は特に助かるだろうね。