chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第183首 笑ってない好きな人のお母さん

花野が太一の邪魔はさせまいと太一母の前方を阻む。むっとする太一母。

「あなた 私の連絡先知ってたわよね 相変わらず長くて見てられないわ この試合終わったら連絡して かるたどころじゃないのよ 連れて帰るわ」 

太一母は近辺で店を探そうとするが見当たらない。花野が案内を申し出て、二人はタクシーでカフェへ向かう。

 

太一は守りがるたと見せかけ、忘れた頃を狙って敵陣から取る。

周防さんから教わったものを試そう それ以外はどうでもいい 名人を目指す人たち相手に できるかやってみよう

千早と桜沢先生は、八枚対七枚。桜沢の教え通り、千早が途中で姿勢を正している。

取ってるとわかる 抑制がきいている 高音が4オクターブ出る歌手が 2オクターブで歌うような

千早が飛ばした札を、原田先生が拾ってくれる。原田には以前、「速く取るのをやめなさい」と注意された。

どうしていいかわからなかったけど 今は 力が溜まっていくのがわかる 一枚一枚 札に合った取りをすること

桜沢は集中して、作戦を立てる。

よく聞いて丁寧に私の取りを 綾瀬さんが絶好調でも 私の取りを

桜沢が姿勢を正し、千早も同じように正す。

たくさんのものをもらったけど 先生じゃない 私は生徒じゃない 1枚を1ミリをともに追う 挑戦者だ

 

一方、セレブなカフェに連れて来られた花野。

……私これまで この世で一番怖いのは パンダ目に気づかないことだったけど いまならわかる 一番怖いのは「笑ってない好きな人のお母さん」 好きな人の……

花野は緊迫した空気を変えるべく、太一母に話し掛ける。

「お…お母様も 学生時代はおモテになられたんでございますでしょうか……?」

は? と冷たく返す母だったが、疑問をぶつける。

「…… 太一ってモテるの?」

花野は自身のスマホに撮り溜めた画像を嬉々として見せる。

「そりゃあもう! 見てください これ バレンタインのときの写真 これですよ あと なぜかホワイトデーも! 誕生日は『太一杯』が催されるくらいで クリスマスもすごくて」

太一母は「真島先輩」フォルダがあること自体に驚愕しつつ、次に花野が零した言葉で彼女を見詰める。

「私もうフラれちゃったんですけど このフォルダは消せなくて」

テーブルにアフタヌーンティセットが並べられ、花野に倣い母も撮る。

「どうせ太一の写真も このケーキの写真みたいなもんでしょ」

花野は太一母に断り、ふと母の顔写真も撮る。

「ケーキの写真は自慢したら消しちゃうけど 先輩のフォルダは もし間違って消しても 消えない… 私にとってたぶん この恋が人生で一番 きれいな恋になるんです」

太一母はそれを静かに聞きながら、花野に以前「先輩は自分になりたくてがんばってるんです」と言われたことを思い出していた。

「あなたはちゃんと あなたになってるのね…… 太一は…」

そして太一母は心の内で「私は」と反芻。席を立つ。焦る花野。

「待ってください まだです 先輩 まだ勝つから まだです ケーキももったいない お母さん 邪魔しないで……」

花野が止めるが、太一母はそのまま立ち去ってしまう。

「知らないわよ ゆっくり食べれば 私は私の好きにするわ」 

 

ケーキを食べ終えた花野が会館に戻るが、太一母の姿は見えない。太一は七枚差で既に勝利を決めており、千早も二枚差で勝った。猪熊と桜沢は勝負師の顔になり、今後の練習を約束。三回戦に勝ち進んだ西田は、太一を見て決意。

勝つ できるだけ 真剣勝負をしてる あいつのそばにいる

太一は北央の瀬田百太との対戦。身体の動きも耳も良いようだ。”感じ”について、周防は「生まれつきと環境」と言っていた。

環境はおれだって悪くなかったはずなのに なんで 耳悪くなったのかな

子供の頃、台所仕事をする母に背を向け、リビングでイヤホンをつけて本を読んでいた自分――そんな光景を思い出しながら、太一は相手にスピード攻撃。

どうでもいいと思いながら 息の根を止めてやる とも思う 

 

模試を終えた駒野と大江が到着。理音が忘れたおにぎりも静岡から届けられた。千早は立川梨理華に勝ち、準決勝は山本との運命戦を制した理音との対戦。太一は須藤戦。原田先生に負けた西田は、駒野と一緒に観戦する。

真島が苦しかった日を いまを いつか笑って話せるとしたら おれと机くんだけなんだ

 

BE・LOVE 2017年13号7月1日号 [2017年6月15日発売] [雑誌]

BE・LOVE 2017年13号7月1日号 [2017年6月15日発売] [雑誌]

 

 

memo

太一母と菫の行き先は桜山荘とあるが、検索すると桜ではなく椿なら実在するね。当然奢られたのであろうセットのお値段は4-5千円か。一人で全部食べ切ったのかな、あれw

第149首の大江母に続き、太一画像コレクターに出会った太一母。高校一年秋まで彼女が居たことや、家に来たかるた部員以外の友達の存在にも、興味を向けたことがなさそう。太一も母も、互いを知らないという象徴か。

ただ、太一の方は、子供時分に目を向けてもいなかった母の所作を、第179首では気付いており、歩み寄りがみられる。第161首で周防に「持ってるものを無視しすぎだ」と注意された反省もありそうだ。

その太一母も近江神宮に来るなど太一をちゃんと見ているという描写を経て、かるたを許す方向なのかと思いきや、連れ戻し宣言。結局どうしたいのか。そもそも、医者である太一父もどう考えているのか、登場を待ちたい。祖父が総合病院経営ってことは、例えば太一父の兄弟や親戚も医者で、太一が継ぐと限らない可能性もある。母としては優秀な子を育てておかないと、というプレッシャーで必死なだけかも。小学生千早が付けた渾名「ミセス・プレッシャー」、実はそんな裏設定もあったりして。

肉まんくんの「勝つ できるだけ~あいつのそばにいる」は、第149首で千早が考えていた「そばで戦い続ける だってきっと太一ならそうする」に通じるものがある。なるほど、今回「勝ちに来たんじゃない」と言う太一の答えが曖昧になっているが、パーカーの中に密かに着込んでいるらしき瑞沢Tシャツがそれなのかもしれないね。

女子準決勝に進んだ一人は後ろ姿だけ描かれているが、新キャラらしい。男子のもう一組、原田先生の対戦相手は、須藤と同じ上下を着ているのと髪型で、北央の美馬と推察可能。ここまで来たら太一と先生の決勝を見せて欲しい。女子決勝は田丸妹でいいよ。顔に縦線入って瞬殺されるのが目に浮かぶw で、男子決勝をゆっくり見れるという利点が生まれると。

描写があった札は、千早と桜沢戦で「みちのくの」、太一と瀬田戦で「おもいわび」「しらつゆに」くらい。