chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第202首 3試合目は譲らん

四枚差で敗退となった結川が泣いているが、審判の今田は驚異の勘を持っている。

「せ」を送られたときに 大きく勝負は傾いた おそらくあれは「最後まで読まれない札」 

名人位予選は、新があと一枚の1-3。太一が徹底して守りがるただったため、「ちは」はずっと新の陣。太一は自陣にある「ちぎりき」を突破口にする考え。

太一の頭に、周防の「読まれる札が消えて見えるんだ」という言葉が浮かんでいる。

そんな悲しいかるたがあるか?

心持ち前のめりになっていた太一の肩を、原田が背後から抑える。が、試合中なので、当然錯覚である。我に返って顔を上げ、観客席の原田を見る。

どんなときも おれの先生は 原田先生だけ

太一が畳に集中、その意識が新陣の「ちは」に向いているのを、新が見て取る。瑞沢一同や原田達も、息を呑んで見守っている。

読手に「この札を読ませる」くらいの気迫で 来い

読まれたのは、空札の「つき」。太一は敵陣を攻めて交わす。汗を拭いたところで、ふと「ちは」だけが目に入った。太一が手を伸ばす。

苦しいときの 右下段

太一が「ちは」を飛ばす 。観客席で熱くなる太一応援組。そして、扉の小窓から、千早もそれを見ていた。

いま 畳の上に「ちは」しかなかった なかった 「ちは」しかなかった

太一は「せ」と「ふ」を自陣に残し、新に「ちぎりき」を送る。畳に視線を落すと、今度は「ふ」を残し、他の札が消える。太一が自陣右側から「ふ」を払う。

「ふ」になるまえの音 周防さんみたいには取れない できない あんな天才の真似 おれのあこがれはずっと あのとき(小学生千早)の 千早の取りなんだ

扉越しに見ていた千早の目から涙が溢れる。

1-1から、「ちぎりき」が読まれた。新が自陣のそれを守ったように見えた。が、新は囲っていただけで触れておらず、手を浮かせる。

「取れや 太一が取らんと 2試合目が終わらん 3試合目は譲らん」

運命戦になったら譲る、という約束を新が実行したのだった。第二試合の勝者が太一であることを告げる中、千早は涙を流しながら、若宮の膝枕で失神中……

 

 

memo

名人位予選二戦目が終了。新が一勝していたから出来たことだが、こんな譲り方はアリなのか。運命戦うんぬんの約束はしたものの関係無く決着して欲しかった。新側の応援団からすれば、ありえねー、なに余裕かましてんだよ、てなもんだよね。

「ちは」と「ふ」と言えば、前年の挑戦者決定戦を描いた第119首にて、新が拘って最後まで自陣に残してしまった札。「せ」は新にも太一にも因縁がある札。そして、最後の「ちぎりき」は、悲しい終わりの恋の歌……

太一が憧れていると言う千早の「ふ」の取りは、第三首で小学生千早が初めて白波会に行った時、原田先生のおでこにびたんと飛ばした場面。え、そうだったの、と驚いて読み返したが、小学生太一の表情は全く描かれていない。ただ、太一は第32首での対西田とのB級決勝戦で「ふ」を取ってドヤ顔していたり、第191首の対原田戦でも綺麗に攫っていたし、F音が太一にとっても特別であるような描写は何度かあった。

読まれる札だけが見える現象は、第189首にて千早の対理音戦でも描かれている。読まれない札については第109首で原田先生が太一に言っているが、太一はまだその域には達していないようだ。

 

千早は太一が「ちは」と「ふ」を取ったのは見届けているが、「ちぎりき」でどうしていたのかの描写はない。読まれた瞬間に太一が負けたと思って気を失った、と私は想像している。

ただ、そう仮定すると、試合結果を耳でしか聴いていない詩暢は、新が負けたので千早が失神した、と思っているかもしれない。詩暢は第173首近江神宮楼門での二人のやり取りも聞いているので、千早はそんなに新のことが好きなのね、とも考えるであろう。

あと、太一が「ふ」を取った様子に目を見張る千早から、太一の回想を挟んでページが変わり、千早が涙を溢れさせ、その次に蒼白の新、というコマ割りが、「ふ」を逃した新を心配する千早、ようにも受け取れる構図で。

尚、作者ツイッターによれば、今回は特に力が入っているとのこと。