chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第206首 勝つ自信あります

新の勝利を喜ぶ南雲陣営、太一の健闘を涙しつつ称える彼の応援者達。しかし、顔を覆って泣いていた千早は、歯を食いしばっており――

大江が、続いて新が、そして他の皆も窓の外に気付き、一斉に見る。周防が真っ直ぐ新に指をさし、立ち去って行った。戸惑う面々。千早は太一に目を移す。

 

帰り道の周防は、厳しい表情。第三試合の前に会った太一を思い浮べていた。

あの礼はきっと ”ありがとう”と”さよなら”だ ”ありがとう” ”さよなら” ありがとう さよなら だけど――

 

太一は新に声を掛ける。

「新 周防さんは強ぇーーぞ でも 取りにいけよ 日本一」

太一は観客席にいる千早にも声を掛ける。

「千早 千早は 世界一な」

その晴れやかな顔に、目を見張る千早。

 

表彰式でも千早に笑顔は無い。一方、千早母は千歳に電話を掛けていた。その千歳は会館の目の前まで来ていたが、引き返すことに。

 

新父は村尾に声を掛けられ、慌てて新母にメールを送りながら話す。

「でも 信じられんです 新が挑戦者になるやなんて―― じいちゃん生きとったら 喜んだろうなぁ――」

その声が、新の耳にも届く。

 

決定戦後、各会代表者会議が開かれた。若宮は千早と共に、クイーン戦の五番勝負を前倒しで来年から実施するよう訴える。幹事達はクイーン戦の経験がまだない千早の方の意見を求める。

「クイーン戦に出たことはないですが 私は高校の部活で何度も あの浦安の間で真剣勝負をしてきました 若宮さんが望むなら 五戦でも十戦でも」

千早は若宮に勝つためにやって来たが、若宮に五番勝負を提示された時、彼女が荒野にいるように感じていた。

私は 一人でいる詩暢ちゃんを 助けにきたんだ

千早は幹事達を前に言い切る。

「五番勝負にしてもらえたら 若宮さんに勝つ自信あります」

千早は頭を下げる。

太一と新のように 周防さんと太一のように 力の限りぶるかることでしか 助けられない

そんな千早を睨み付ける若宮だが、千早と並んで幹事達に頭を下げる。

 

福井の自宅で寝込んでいる新母は、夜なのに仏間の電気が点き、仏壇の前に座る新を見る。が、幻覚らしい。

由宇が訪ねて来て、新母に届いていたメールを一緒に見る。新が由宇が作った弁当を食べている様子を映した動画であった。新は弁当のバランスが無茶苦茶だと喋りつつ、新父に促され、由宇に向けてのメッセージを語り始める。

「あ―― うん― …… 2試合目落としてもうた 情けないわ 太一が強かった でも―― 由宇の弁当 先に食っとけば負けんかった じいちゃんの介護 一緒にしてくれた由宇の弁当は じいちゃん担げるくらいのカロリーはいっとんのや バランス変でも ありがとうな 由宇」

そこまでは顔を背けていた新が、正面を向く。

「3試合目は 全部出して勝ってくるからな」

由宇は涙を浮かべる。メールはその動画のみで、肝心の試合結果報告は無かったが、新母は幻覚の意味から悟った。

「――もう バカやなあ 新 心だけ先に帰して 勝った報告 じいちゃんにだけして ずるいわ ほんま」

新は帰宅の車中、眠っている。

 

ちはやふる(40) (BE LOVE KC)

ちはやふる(40) (BE LOVE KC)

 

 

 

memo

挑戦者決定戦終了後の千早決意編。千早は「周防さんと太一」の繋がりをどこまで掴んでいるのだろう。しかし、ついに本気になったらしき周防が楽しみである。

太一が千早に向けて言った「世界一」は、第10首より。名人になっても世界一ですがな。何故、差をつけたw

動画を見終わった後の由宇と共に、紅葉が描かれている。新も罪なことをするなあ……

 

表紙の太一と新が抱き合っている場面の背景に描かれているのは、「これやこの(しるも~)」「「はなさそふ(ふりゆくものは~)」「このたびは(もみちの~)」「なつのよは(くものいつこに~)」「いまこんと(ありあけの~)」「はるすぎて(~あまのかくやま)」「わすらるる(ひとのいのちを~)」「はるのよの(かひなくたたむ~)」など。なかなか意味深な歌揃え。