chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第22首 みんなに取り残されたくない

千早の異変に、太一だけではなく他メンバーも気付く。

千早!?

 

近江神宮へ向かう新は、祖父のことを思い巡らしていた。新が小学生の時に祖父は病に倒れながらも、ベッドの上で新のためにかるたの配置を考えていた。麻痺はあったが、手すりがあれば歩けた。リハビリを手伝いながら、新は東京にいた時の話を何度も繰り返すのだった。

「使ってえん教室で 千早と太一と練習したりして 千早はすごい”感じ”がよくて 僕もっと千早にいろいろ教えたかったなー 太一もいいやつなんやよ 僕に帽子かぶせてくれたりしてのー」

名人戦・クイーン戦のテレビも祖父と一緒に観た。現役大学生の周防久志選手が、名人に初挑戦するという。かつて出場した祖父に、感想を聞いた。

「新 イメージしてみるんや あの場所にいる自分 ライトが煌々と熱くて ぎょうさんの人がこっち見てる 目の前には最強の名人 畳を叩く音だけがする近江勧学館 勝つ自分」

しかし、祖父は物忘れが酷くなりつつあった。新が自宅にいないと、よく騒ぐらしい。急いで帰宅すると、自宅から救急車が出て行った。祖父の心臓が弱り、発作を起こしたのだった。祖父は認知症も起こし、新が誰なのかも、かるたの札が何なのかも、分からなくなってしまった。かるたの大会にも練習にも行けない新のところに、翔二がA級昇級を自慢しに来た。

「綿谷 名人のじいちゃん 自慢やったんやろうけど いまとなっては逆やな えんほうが練習できると思ってるやろー」

殴り合いの喧嘩をして帰宅すると、千早から手紙が届いていた。C級になったという知らせだった。「また試合したいね!」とも書いてある。

新が祖父の介護中、祖父の視線がカレンダーに止まった。

「なんで新は行かんのや 出なあかんやろ 福井大会」

祖父が普通に……戻った。

行きたい みんなに取り残されたくない ほんでもじいちゃんが… 父ちゃんが昼すぎには帰ってくる 行きたい 早よA級になりたい

祖父に追い立てられるように鞄を取る。

「新 イメージや」

「うん!」と返事をして家を出て、それが最後となった。

 

新は試合会場の近江勧学館に到着。畳を叩く音が外まで聞こえて来る。小学生の頃、太一を読手に千早と練習した記憶が蘇る。

 

千早は必死にかるたを取っていた。

苦しい 耳鳴りがする 倒れ込みたい 苦しい でも

新は会場に入り、千早を見つけた。

 

ちはやふる (4) (Be・Loveコミックス)

ちはやふる (4) (Be・Loveコミックス)

 

 

memo

新の回想中心。周防が初の名人戦に挑むテレビ画面が登場する。

試合中に読まれたのは 「あまのはら」 「たごのうらに」。新が祖父に差し出した札は 「せをはやみ」 「おくやまに」。回想で小学生の新と千早がかるたを取っている時に乱舞しているのは、 「わすれじの」 「これやこの」 「ゆらのとを」 「よをこめて」 「よもすがら」。