読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第26首 この一枚がいつかのクイーンに

千早は攻めがるた。若宮は守りがるた。自陣の札が多くなってしまっている千早に、現在の状況は不利。太一が見守る中、千早は動けなくなってしまう。

どうした!? なんで攻めない!?

若宮は千早に冷たい視線を送った。

ああ またや 最初はみんな威勢ようぶつかってくる でも そのうち一人でかるたしてるみたいになる まあ べつにかまへん 早いとこ終わらせよ

アクシデントで部屋の電気が消えた。再び点灯した時、千早は太一と宮内先生の存在に気付く。

太一 先生 でも――… どうしていいか わからないんだよ 私がやってきたかるたじゃ一枚も取れないんだよ こんなの初めて――…

小学生の時の新を思い出す。千早は新の速さに全く歯が立たず、せめて「せをはやみ」の札一枚だけでも取ろうと飛びついたのだった。

千早は流れを変えようと立ち上がり、腕を組んで相手を見下ろす、という須藤の真似事をしてみる。そこで初めて、若宮が左利きであることに気付いたという体たらく。

うっわ~~ いまごろ気付くなんて 私どんだけテンパってんの~~~ 12歳の私に 気持ちで負けてどうする

若宮は千早に気力が戻って来たのを感じ取る。千早はまた攻め始めた。原田先生の教え通りだ。

守りに自身のある人が 自陣のいちばん深くを抜かれる それがどれだけショックなことか 流れはそうやって引き寄せるんだ

二人の手がぶつかった。若宮が譲って札を渡そうとするが、千早は同時だと言って断る。

ここは近江勧学館 名人戦もクイーン戦も この同じ畳の上 まぐれはいやだ この子から取る最初の一枚が 一月のこの席につながってる

思い切り息を吸って吐く千早を、若宮が見る。

…… 変な子……

そして千早はついに、敵陣利き手側にあった得意札「ふくからに」でやっと一枚目を取った。若宮が一字決まりを抜かれるをの初めて見た、と観衆が囁く。千早は「ちは」札を送り、敵陣を攻めてそれも抜いた。

この一枚が いつかの クイーンにつながってる

 

ちはやふる(5) (BE LOVE KC)

ちはやふる(5) (BE LOVE KC)

 

 

memo

太一に気付いたら変わるという、太一スイッチ発動。読まれた札は 「おおけなく」 「かぜをいたみ」 「ふくからに」 「ちはやぶる」。