chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第28首 泣いていいほど懸けてない

B級決勝戦に挑んでいる太一は、この日六試合目。前の試合の暗記が抜けきれず、ミスも出る。並んでいる札全てにそれぞれの作戦を組み立てているが、反応が遅れる。

速く 速くと思うのに 腕につながらない もっと動けよ! 頭は動いてんだよ!! もっと……

太一は負けてしまった。対戦相手の戸田は、強豪校富士崎の三年生。

3枚差までよくやった 準優勝だ 十分だ

どうにか納得して観客席を見れば、部員達の絵に描いたような落胆ぶり。

「……く 悔しい 悔しいよな じゅ… 準優勝がいちばん悔しい…… ぐ……」

自分のことのように悔しがる西田に、涙を流す千早達。太一の目にも涙が溢れ、零れ落ちそうになる。が、何とか堪えた。

泣くな おれはまだ 泣いていいほど懸けてない ”悔しい”だけでいい

表彰式。宮内先生は拍手を送る。

負けと向き合うのは 大人になっても難しい でも…… あの子たち だれも慰め合わない

 

滋賀から戻り、かるた部は走り込みで体力作り。疲れて来ても集中力の切れない、優勝をかけて十時間戦える体力をつけるため。西田としては、もっと楽をして強くなりたい。だが、それが自身の駄目なところだと分かっている。

真島…… 真島に 実力で抜かれたとは思ってねえ でも 離されるな ついていけ ライバルだ ライバルなんだ

千早は最近、若宮が夢に出て来ると言う。全国大会で新にも会えたのに、新は夢に出て来ない。それを太一は背中で聞く。

すみのえの きしによるなみ よるさへや ゆめのかよひぢ ひとめよくらむ

大江曰く、夢と言えばこの歌。「住の江に打ち寄せる波のように、昼も夜もお逢いしたいのに、夢の中でさえ人目を避けておられるのか」というロマンチックな解釈に、千早は新を連想する。

逢いたい 夢じゃない場所で

 

新は菓子折りを持って、ある家を訪れる。新をずっと待っていた主が笑顔で迎えてくれた。

「栗山先生 僕を福井南雲会に入れてください」

 

ちはやふる(5) (BE LOVE KC)

ちはやふる(5) (BE LOVE KC)

 

 

memo

思えば、太一が涙を流す場面はまだないね。試合中に読まれた札で描写があったのは「なにわがた」のみ。