読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chiha memo

漫画「ちはやふる」の粗筋と伏線と名言と感想の個人的メモ

第31首 私にないものがある

対戦相手の金井に軽い嫌味を言われ、空札も続くわで、焦りのあまりお手付きを連発する千早。敵陣に手を伸ばし、自陣を取られてしまうミスも出る。

「つまらないわね 綾瀬さん 札とだけ戦ってるみたい」

気付けば、嫌な札ばかり送られている。配置を確認してみた。

私がやりにくいように運んでる…… …… そういえば…… 私が「狙いたおして敵陣で取りたい札」を送ってきて いつの間にか敵陣右を薄くしてる スピード勝負には乗らない構え

駒野は千早の苦手な配置で作戦を立ててくる人もいるだろうと言っていた。

きちんと名前で呼んで 私のかるたを見てる――…

千早は少し後方に下がってみた。全部の札に一字決まりのスピードで飛び出してしまう癖をコントロールするためだ。スタートラインを下げたことで、飛び出しても空札に対処出来た。金井は札を動かして応戦。千早は気を取られ、自陣を連取される。

見ろ 見ろ 見ろ この人のかるたを 私にないものがある

千早は六枚差負け。金井はかるた歴35年。

「大きなタイトルなんかもらったことないし 一生懸命やったって若い子にはどんどん抜かれちゃうけど かるたが好きなのよ いまでも夢は クイーンよ」

金井は「東日本予選でね」と言って去って行く。

新 私たちが見つけた夢は こんなに

千早はA級一回戦で敗退したが、その後のB級決定戦は太一対西田、D級決定戦は大江対駒野という、どちらを何処を応援すれば良いのか分からない試合が待っていた。

 

ちはやふる(6) (BE LOVE KC)

ちはやふる(6) (BE LOVE KC)

 

 

memo

まさに千早フル。千早ばかりで、部員達の登場は最後にちょこっと。読まれた札は 「ももしきや」 「しのぶれど」 「ちぎりきな」 「ほととぎす」 「みちのくの」 「たかさごの」 「はなのいろは」 「おおえやま」 「よをこめて」 「みかのはら」 「あいみての」 「わすらるる」。